doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「メンタリティーとツキ」 byジーコ、モウリーニョ、マンチーニ?

<<   作成日時 : 2005/02/10 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

> 内容的には、メンタリティーこそがツキを呼び込む・・何度も、最後の5分でも絶対に逆転できる
>と選手たちに意識させた・・そのことを選手に分かってもらう努力をした・・この感覚が大事・・この
>確信が大事・・そして冷静に、その確信を実現していくことが大事・・等などといったところでした
>が、そ>なかでもっともインプレッシブだったのが、「ツキを主体的に呼び込めることに対する感覚
>的な確信を選手たちに与えられたことが嬉しい・・」というものでした。そのテーマについては、浦
>和レッズのギド・ブッフヴァルトともこんなふうに語り合ったことがあります。

> 「最後の10センチ先まで足が伸びるかどうかというギリギリの勝負シーンとか、いつかは冷や汗
>が出るような決定的場面と向き合わなければならない瞬間がくるはず。そのとき、世界でのギリ
>ギリの勝負を体感しているギド・ブッフヴァルトの経験からにじみ出てくるエネルギーによって、
>選手たちの足を、もう10センチ先へ突き動かすことができるだろうか?」。そんな私の質問に対し
>てギドが、「そうできることを心から願っているよ」と応えたものでした。               
                     (湯浅健二のサッカーホームページ「ジーコジャパン53」より)
        http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_2.folder/05_japan_2.9.html

 おなじみ湯浅氏のレビューからの抜粋で、「ツキに恵まれているのでは?」という質問に対するジーコの答えです。「メンタリティがツキを呼び込む」とジーコが言っていたみたいですが、まさにジーコジャパンの数々の逆転劇は、この「勝負を最後まであきらめないメンタリティ」によるものであるのではないかと思う次第です。昨日の北朝鮮戦も、まさにこのメンタリティの発動よる逆転劇だったと思うし、それが今のジーコジャパンの強さの秘訣であるような気もします。
ですが、一方でもどかしく思うところもあるわけです。

「このメンタリティの発動って、窮地に追い込まれないと出せないの?」

 湯浅氏がブッフバルトへの質問のくだりに出てくる「10センチ先へ動かす」という表現。まぁたぶんW杯でのベルギー戦の鈴木のゴールことを言っていると思うんですが、これも「メンタルが呼び込んだツキ」だったとすると、昨日の北朝鮮との試合にもあったんです「10センチの勝負シーン」が。ゴール前ではなく中盤で! 日本が先制してから、同点に追いつかれるまでの間、たぶん北朝鮮の選手に「負けたくないメンタリティー」が発動したんでしょう。ギリギリのルーズボールの競り合いなどで、ほんのちょっとなんですが北朝鮮の選手の足が日本選手よりも早くボールに当たったりしていたんですよね。もちろん運動量も多かったのですが、北朝鮮が中盤でがんばって「10センチの勝負」に持ち込んで、勝っていたのはやはり「メンタリティ」によるところが大きかったと思うんですよね。 逆に日本は、同点にされるまで「メンタリティ」の部分では負けていた。まぁ日本が1点勝っていて北朝鮮がガムシャラに追う状態だったので、まぁ「火事場のクソ力」というか「窮地に追い込まれた人間ならではのメンテリティ」と言ってしまえばそれまでなのですが。
 
 状況はちょっと違うのですが、同じく「メンタル」について。

「サッカーではメンタルが大事です。昨日の試合ではハーフタイムに戦術やポジションなどの話はいっさいしないで気持ちで負けないようにと伝えました。」
 これは昨日のチェルシーTVでのモウリーニョの言葉。「サッカーというよりも喧嘩だった」とモウリーニョが評したブックバーン戦後のインタビューだったのですが、この試合はチェルシーが1−0で勝っており、ハーフタイムの言葉は「1−0でチェルシーが勝っている状態」でのもの。

 サッカーの試合には「メンタル」も大事というのは、ジーコとモウリーニョも同じ。ただ、それをどういう状況で選手が感じて、行動に起こせるのか? 要はジーコジャパンは確かに「勝負をあきらめない強いメンタリティ」は付いたしそれは非常にすばらしいことだけど、そのメンタリティを窮地に追い込まれる前に、もうちょっと発動できるようにならないのかってことが言いたいわけです。 
 
 まぁ私はチェルシーファンなので、都合の良いところだけ切り貼りしているのですがね(笑)
 ちなみに、このジーコジャパンの逆転劇ってイタリアのどこかのチームに似てません? そうです、マンチーニの「負けない」インテル。もしかしたら「メンタル」的に、今の日本代表とインテルって共通するところあるのかも?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「メンタリティーとツキ」 byジーコ、モウリーニョ、マンチーニ? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる