doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 東アジア選手権「ジーコ日本代表VS韓国戦」雑感  若手起用はドイツのため?それともドイツ以降のため?

<<   作成日時 : 2005/08/08 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

ワールドカップへの課題!? というかジーコが思う日本代表の課題を検証!

――3試合を通して、ワールドカップへの課題は この3試合に限らないが、高さのある相手に対して競る時のジャンプ力などが課題。それについては、フィジカル的なものだが。あと、攻撃に関しては遠めからのシュート。今日は相手のチームは打っていたが、日本もシュート力はあると思うが、打つ気持ちが課題といえば課題

東アジア選手権「ジーコ日本代表VS韓国」戦を見ました。日本がよく守ったと言いますか、韓国の攻めがダメだったと言いますか…。正直、見ててあまりおもしろくない試合だと思いましたが、日本が勝利できたことが何よりであったのは間違いないところ。というわけで、この韓国戦について個人的に思ったところを書こうと思ったのですが、韓国戦後のジーコが「日本代表の課題」について語っていたので、その点を中心に考えてみたいと思います。

課題@高さ!?:高さのある相手に対して競る時のジャンプ力

これはたぶん、守備時に関しての課題ということで上げていると思うのですが、韓国戦というよりも中国戦の2失点のことを指していると思われます。韓国戦ではそのような「高さでやられる」シーンはほとんどなかったと思いますが、今後、例えばW杯本番において「高さ対策できるかどうか」はポイントになることは間違いないでしょう。ただこれは、単純にフィジカルや身長を鍛えるって意味ではなく、たとえフィジカルや身長で負けていても「競り方」「体の入れ方」をうまくやり、少しでも相手FWにプレッシャーをかけて「万全の状態でシュートを打たせない守備」をすることの必要性をジーコは言っていると思うんですよね。もちろん実際にフィジカル&高さに強い選手も重要だと思う次第です。例えば、韓国戦の得点シーン。CKから中澤が決めたわけですが、小笠原のボールがよかった&韓国の守備が軽率だったというところも確かにあったと思いますが、ゴール前で「高さに強い」選手が中澤オンリーでなく「巻」と合わせて2人を張らせることができたことが、結果的に得点につながった気がするんですよね。まぁ、このシーンだけたまたま「高さで勝てた」だけの気もしますし、巻が「高さを生かして得点した」わけでもなく「ゴールニアサイドで囮的に潰れ役として機能した」だけだったわけですがね。ちなみに、この東アジア選手権で抜擢された巻ですが、ゴールという結果が出なかったのは残念ですし、その点では個人的に合格点は与えられませんが「ポスト久保」の一番手としてその存在がクローズアップされたことは間違いないと思います。この東アジア選手権に出た経験をJリーグでいかしてもらって、ぜひ日本代表でも「結果」を出してもらいたいです。

課題Aミドルシュート:技術の問題!? それとも気持ちの問題!?

「攻撃に関しては遠めからのシュート。日本もシュート力はあると思うが、打つ気持ちが課題といえば課題(byジーコ)」。ミドルシュートはほんと少なかった気がしました。韓国戦では本山が打ったシュートは記憶しているのですが、それ以外は??? やっぱ個人的には中盤の阿部とか今野にもっとシュート打ってほしいんですよね。守備は確かによかったと思いますが、それだけではジーコジャパンでレギュラーの座を掴むのは厳しいと思う次第です。もちろんミドルシュートを打つためには、まわりの選手のお膳立てというのも必要だと思いますが、阿部と今野がもっと積極的にまわりの選手に働きかけて、そういうシーンを演出すべきだと思うんですよね。ミドルシュートを打つことのみならず、もっと組み立てやフィニッシュで攻撃に絡むべきと言いますか。って、実は韓国戦でそのように「中盤がうまく攻撃に絡んだシーン」がないわけではなかったです。特に印象に残っているシーンを2つばかりピックアップしてみますと…。まず前半32分。中盤でこぼれ玉を阿部が拾って引いていた玉田へクサビのパス。玉田→今野とボールが渡り、左サイドの村井へ! 村井が個で勝負し1人抜いてシュート。もう一つは後半20分。DFラインでボールを回しながらWB村井が左サイドで基点となり、ボランチの今野がパスをもらいにポジションを前方へ移動し村井からパスを受けて、ワンツーで村井をDF裏へ走らせてサイド突破。そのまま村井がえぐってシュ−ト。どちらも村井のシュートで攻撃を終えておりますが、特に後半のシーンでは阿部がゴール前に見事なオフザボールの動きを見せてあがっていてフリーだったので、村井がパスを出して阿部がミドルを打つ展開も見たかったと思う次第ですが、…まぁシュートを打ちにいった村井の選択は間違ってないと思いますし、よかったわけですがね。こういう中盤の阿部&今野が攻撃に絡むシーンはチャンスとなっていたわけですが、もっともっと多くあってもいいと思うんですよね。というか少なすぎ。中盤でボールをつなげず、苦し紛れに巻にロングボールを放り込むってシーンが何回かあったわけですが、結果的にそういう攻撃はあまり機能してなかったと思うんですよね。もちろん、そういう「放り込み」攻撃もオプションとして必要だとは思いますし、それが有効な時は多用すべきだとは思いますが……。
阿部「今日はディフェンシブな意識が強くて、前に行く回数が減ってしまった。もっと前に出ないといけない。(大会を振り返って)ハイプレッシャーのなかでのボール回しとか、できた部分もあったのでそれはいい経験になった」
http://sports.yahoo.co.jp/soccer/wld/headlines/ism/20050808/spo/01030400_ism_00000027.html

「前に出る」ってことは確かに必要かもしれませんが、一番、重要なのは自分が前にいけるようにまわりを動かしたり、使ったりする「ゲームメイクする意識」を持つってことだと思う次第です。阿部ならそういうプレイができると思うので、ぜひ今後のJリーグでもそういう意識をもってプレイしてほしいですね。って、こればっかっりですね(笑)。あっ、阿部だけでなく今野も同様ですよっ。

東アジア選手権:総括:「若手起用」はドイツW杯のため、それともドイツ以降のため?

「総取り替え」というコペルニクス的発想で、チームを一度リセットし、本大会までの残り300日を健全なチーム内競争に転化させたその手腕は、本当にお見事としか言いようがない。もちろん私は器の小さい人間なので、ジーコという大人物を理解するには、まだまだ時間と努力を要することだろう。それでも、これまで心の片隅にあった「指導者としての経験が少ないから」とか「ブラジル人だから」とか「頑固な人だから」といったフィルターは可能な限り排除しつつ、このチームを行く末を見極めていくことにしたい。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200508/at00005694.html

おなじみスポナビのコラムで宇都宮氏がこう閉めてます。が、個人的には「本大会までの残り300日を健全なチーム内競争に転化させたその手腕」って考え方には、あまり賛同してなかったりします。この東アジア選手権の第2戦以降の「若手総とっかえ」という手法は、ドイツW杯のメンバー選考のためというよりも、ドイツW杯以降の「将来の日本代表のための人材育成」のためというものだった気がしてならないんですよね。KET-SEEさんが言うように、ドイツのためだったら「総入れ替え」でなく、主力をある程度残して「若手を起用」するほうがいいと思うし、実際そういう方法を取ったと思うのですよ。もちろん、2戦以降のすべてが「ドイツ以降」のために若手に経験を積ませる目的だったとは思わないですし、目についた選手の中にはドイツへの道がつながっている選手もあるのかもしれませんが…。単純にドイツに向けての「競争&選手選考」って考えはないと思う次第です。とりあえず、今後のジーコの選手選考に注目してみたいですが、たとえドイツW杯間近になってこれらの若手が選ばれず、いつもの「ファミリー」にメンバーが戻っても何の不思議もないし、驚きもないって思うのは私だけでしょうか?
人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
↑読んでおもしろかった人は、クリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
男子は韓国に勝って2位(東アジア)
7日に東アジア選手権男子の最終戦である韓国戦が行われ1−0で 日本が韓国に勝ち順位も1勝1分け1敗だが中国の次の2位だった しかし韓国戦は日本は攻められっぱなしでディフェンス陣の活躍で 勝利したものと言っても過言ではない事は言うまでも無い(*^o^*) 今大会は... ...続きを見る
芸能&スポーツ瓦版
2005/08/08 19:41
イラン戦は、同じメンバー
 ポルトガルサッカーを標榜しておきながら、最近は日本代表ばかり書いている管理人です。  8月17日に行われるワールドカップ予選イラン戦の代表メンバーが発表になりました。  東アジア選手権と同じメンバーになったわけですが、今回のポイントは、腰痛で試合には出場できないであろうはずの田中達を召集したことです。  これは、他の選手たちは田中達は試合に出れないと思っていたはずから、その選手を召集するというのは、特にこれまで試合に出場していたレギュラー組に大きな緊張感を与えることになるでしょう。  ... ...続きを見る
ポルトガルサッカーのすすめ
2005/08/09 23:01

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。
ただ親善試合では得られない本気の相手にB代表を試すって言うのは
多分今回が最後だと思うんですよね。
だから今回力を出し切れなかった選手は後で大きく後悔することに
なるような気がしているのですが
FAZZ
2005/08/08 18:51
>FAZZさんへ
コメントありがとうございます。B代表試しはイラン戦もみたいですね。これが最後のチャンスということでがんばってもらいたいですね。
doroguba
2005/08/10 21:47
TBありがとうございます。
どうやら「スポーツナビ」の記事によれば、総入れ替えは初めから考えていたことのようです。
これまでの選手起用を考えたら、今回の総入れ替えは、ドイツのためだと思います。
人材発掘よりも、実はスタメンに喝を入れる意味合いのほうが強かったのでは?などと勝手に想像しています。
ですから、結局、元のメンバーに戻るというのは、私もその可能性が十分あると思っています。
しかし、消化試合であったはずのイラン戦が、これほど待ち遠しいのは、くやしいですがジーコのおかげです。
どんなスタメンになるのか楽しみです。
なべ
2005/08/11 21:22
>なべさんへ
コメントどうもです。ジーコ本人が言っているのならその通りなんでしょうが、一方でそれ以前のインタビューでは東アジアは「結果重視」、親善試合では「テスト」みたいなことを言っていたので、それが本心なのかなって思って書いた次第です。イラン戦よりも個人的にはウクライナ戦のが楽しみだったんですが、オールスターの影響でどういうメンバーになるんでしょうねぇ? 
doroguba
2005/08/12 04:10
東アジア選手権「ジーコ日本代表VS韓国戦」雑感  若手起用はドイツのため?それともドイツ以降のため? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる