doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ジーコ日本代表のドイツW杯での対戦相手が決定! かなり早いグループリーグ展望&ジーコのスタイル!?

<<   作成日時 : 2005/12/12 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

■日本代表のドイツでの対戦相手が決定! 個人的にはなかなかいい抽選結果であったと思う理由

日本代表の対戦相手は、ブラジルとオーストラリアとクロアチアに決まりました。

ちょっと遅くなりましたが、そのドイツW杯抽選会の結果につきましてちょいと。
個人的にはなかなかいい抽選結果であったと思ってまいすその理由は、ある程度「手ごわい相手」と同じグループになれたと思っているからです。えっ? ブラジル以外は大した事ない相手? グループリーグ突破は楽勝だって? イヤイヤ、私はそうは思ってません。ブラジルは言うまでもなく強敵ですが、オーストラリアとクロアチアも日本代表にとってけっして楽な相手ではないと思ってますから。えっ? ならば「悪い抽選結果」じゃないかって? イヤイヤ、そうとも思ってなかったりします。考え方にもよるとは思いますが、どうせW杯で戦うなら「手ごわい強豪国が相手」のほうがおもしろいではありませんか? もちろん結果も重要ですが、それよりもどうせW杯で戦うならばそれにふさわしい「強国」との真剣勝負を見たいというのが、私の個人的な希望であったので、比較的それに近い「グループ」に入れたかなという感じです。

■日本代表のグループリーグ突破の展望!? って気が早いですけど、現時点で思うこと

というわけでその「グループF」の展望について書こうかと思ったのですが、まぁまだ半年も先の話ですし、これから何度も書くことになると思うのですが、「現時点」で私が思うことをちょいと。

はじめに確認しておきたいのは、ブラジル、オーストラリア、クロアチア、日本のドイツW杯での目標について。ジーコ的な目標は「優勝」かもしれませんが、日本代表の現実的な目標はグループリーグ突破だと思うんです。で、それはたぶんオーストラリアもクロアチアも同じ。ただ唯一違うのは「王者・ブラジル」。ブラジルにとってグループリーグはあくまで通過点の1つ。あくまでも照準は決勝トーナメントで、目標はもちろん優勝なわけです。なので当然、コンディションの作り方やピークの作り方が、他の3チームとは違ってくると予想されます。つまりブラジルがグループリーグでは「本調子」でない可能性もあるというわけです。となるとグループリーグの早い段階で当たるチーム=クロアチア、オーストラリアにも勝機が出てくる可能性もあるのではということです。

■ブラジルが磐石ではない理由!? まぁ所詮は「紙の上の理論」ですが

さらに今売りのワールドサッカーダイジェスト(WSD)の分析によれば、ブラジルが比較的苦手としているスタイルのチームが「堅守速攻カウンター」。でさらにWSDによれば、オーストラリアとクロアチアはまさにそういうスタイル「堅守速攻」のチームであるとも分析しています。まぁ所詮は単なるサッカー雑誌の分析ですので、当てにならないところもありますが、攻撃的スタイルのブラジルがどちらかと言うと「カウンターのチーム」に苦戦しているのは確かのような気もします。

もしもブラジルがクロアチアかオーストラリア相手に、グループリーグで不覚を取ることになったら?
それは日本代表にとって、よい結果となるのか悪い結果となるのかわかりませんが、「波乱」が起こる可能性が出てくると思う次第です。

もちろんそんな「コンディションの影響」や「相性の良し悪し」なんて抜きにして、ブラジルが圧倒的な強さでクロアチア&オーストラリアを破る可能性もこれまた高いわけです。そう考えるのが「ふつう」なのかもしれませんし、それを想定してグループリーグを戦うのが「ふつう」なのかもしれませんが、まぁ結局、グループリーグがどうなるかなんて誰にも判らないというのが正しい見解なような気もします。なので、ある意味ジーコが言うこのスタンスは正しいようにも感じる次第です。

■ジーコの「初戦のオーストラリア戦に集中」が正しいと思う理由

「状況として考えるなら、決勝トーナメントで(ブラジルと)当たって、どちらかが勝つ、負けるというよりも、1次リーグで対戦して、両チームとも素晴らしい成績で突破できるのが一番素晴らしい。(中略)この前のコンフェデのような素晴らしいサッカーをもう一度再現してほしいとも思うし、とにかく目の前の相手に全力で当たっていくのみ、というふうに考えている」
 その上で指揮官は、こういい切る。
「明日からは、まず(初戦の)オーストラリアに集中する」――この言葉に、私は強く同意する一方で、どうしてもひそやかな不安を払しょくすることができない。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/column/200512/at00006981.html

宇都宮氏は「ひそやかな不安」を感じていらっしゃるみたいですが、私的には「オーストラリアに集中」というのは理に適っているようにも思うのです。もちろんクロアチアやブラジルについて半年間まったく考えないというのはありえないとは思いますが、「3試合トータルでの戦略」なんて考えるのはそれこそ無理というか無意味だと思うのですよね。だってブラジルがグループリーグでどうなるかわからないわけですし、日本が初戦のオーストラリアに敗れたら、それこそ「計算もクソもなくなる」と思うのです。もうそなれば後はヤブレカブレ? 相手がどこであろうと勝つしかなくなるわけで。

ということで私が思うに、日本代表にとってこのグループルーグの戦いは、ある意味、負けたら終了の「トーナメントの戦い」という気持ち&体制で戦うのがベストではないかと。で、極端な話トーナメントでの戦いでは「次の対戦相手」のことよりも「目先の相手」を破ることが第一であるのではないかと。
もちろんグループリーグの勝ち抜くための考え方は、いろいろあると思いますし、それをああでもないこうでもないと考えるのが楽しかったりするわけですがね(笑)。

■ジーコに期待するW杯での戦い方!? 2つの顔のうち、あなたはどちらを希望しますか?

最後にジーコについて。私はジーコには2つの顔があると思っています。1つは「黄金中盤」や「サントスをSBにコンバートした4−4−2」や「ポゼッションサッカー」を掲げる「理想のサッカーを目指す」顔。もう1つは「主審のジャッジに怒り」「Jで馴染んだ3−5−2」を駆使して「W杯予選やアジアカップを勝ち抜いた」、何よりも「負けず嫌いの」「勝利にこだわる現実的なサッカー」をする顔。
その2つの顔を、ジーコ的は「手持ちの駒=選手」から判断して確信犯的に使い分けているのかもしれません。もしくは無意識のうちに行った結果、たまたま私に「2つの顔」となって見えるだけなのかもしれません。

で、もし2つの顔がジーコにあるとするなら、私はドイツW杯でのジーコに「勝利にこだわる」「負けず嫌い」の顔になってもらうことを期待しています。

そして、もしジーコが「その負けず嫌いな顔」でドイツW杯に臨むならば、例えばジーコ日本代表は「チェコやイングランド」との親善試合で勝利したようなスタイルで戦って結果を残してくれると期待するわけです。もちろん、そのために必要な選手がどんな状態であるのかがポイントではありますが、必要な2人のうち1人は大丈夫ということでしょうか?

 日本代表のジーコ監督(52)は10日夜(日本時間11日早朝)、休暇のため家族とともに当地からブラジルに帰国。出発の間際に、度重なる故障で代表を離れているFW久保竜彦(29)=横浜M=を来年1月下旬から開始予定の国内合宿に招集する意向を示した。また、ジーコ監督は同合宿の招集メンバーが23人になることも明言。12月中にも発表される予定だ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20051212-00000020-spnavi_ot-spo.html

というわけで「負けず嫌い」のジーコのほうが「グループリーグ突破」できると思っている私ですが、一方でジーコの「理想のサッカー」スタイルでW杯での激闘する姿を見てみたい自分がいるのも確かなわけです。ドイツで行われたコンフェデ杯での戦い、特にブラジルとの一戦は、まさにそんな感じでしたが、同じような戦い方で真っ向勝負するというのも、それはそれでありかと思うわけです。

「理想」か「現実」か? それとも、その両方か?

気が早い話ですがドイツW杯でジーコが行うサッカーはどんなスタイルか?
まぁ要はどちらの顔でも楽しめるってことです。

人気blogランキングへ
週刊ブログランキング
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いわれるとおり、トータルで考えるのは泥沼にはまるおそれが大ですね。一戦必勝態勢がベストでしょう。シドニーの試合見た限り強敵であることは間違えないので、直前合宿での煮詰めが重要になりますね。
まあ、今のブラジルがグループで落ちたらまさにこれがサッカーだ、とでも叫びますか(笑)
理想と現実……両方追い求めていくでしょうねー。個人的にはそれを望む。目指すは理想、見据えるは現実。こんな感じで。そのためにも、けが人無くいってくれよーー。
RR
2005/12/12 21:43
初めまして
ドイツ杯の組み合わせ決まりました
お互いわくわくしますよね
ブラジルは、別にしてクロアチアが
こわいですよね
しかし今回活躍してくれますよね
いっしょに応援しましょうね
ところで、キングカズ出場のトヨタカップが開催されていますが、
大変おしかったですね
よく頑張ったと思います
トヨタカップの優勝チームとワールドカップの優勝チームがもし対戦したら
どっちが勝つと思いますか
すいませんつまらない質問で
年末寒さも増してきますが
体に気をつけて過ごしてくださいね
ぜひ遊びに来てくださいね

http://blog.goo.ne.jp/genki1182/
なお
2005/12/12 21:49
>RRさんへ
「直前合宿での煮詰め」は確かにそうですね。あと「ぼかして」書きましたが小野と中田英をどうするか&それと合わせてシステムをどうするかがポイントでしょうか?
>なおさんへ
初めまして。「トヨタカップの優勝チームとワールドカップの優勝チーム」の対戦はどちらが強いのでしょうねぇ? 私はワールドカップのほうだと思いますが、どうなんでしょう? 
doroguba
2005/12/12 23:03
はじめまして。

宇都宮氏の言っていることは朝日新聞みたいで、
なんか代表監督に文句つけるためだけにやってるように感じます。
初戦を落とすデメリットを考えれば、オーストラリア戦に
リソースを多く裂くのはあたりまえの話だと思うのですが…。
sim
2005/12/14 12:18
はじめまして、いつも感心して読ませていただいてます。

個人的にはコンフェデで見せたようなパスサッカーでW杯に挑んでほしいと思ってます。

>simさん
僕も宇都宮氏の記事は疑問に思うことが多いですね。
アジアカップの前後など、ジーコ監督への評価が手の平返しをし過ぎですし……

この人が言う「前提がもろくも〜」というのも、クロアチアやブラジル相手に前提通りに戦えたら凄いと思うんですけどね。
皆さんが言うように一戦必勝の考えでいいと思います。毎試合勝っていけばW杯優勝まで繋がりますし(笑

そういえば、宇都宮氏は記事中で
>ユーロ2000では、オランダに1−6のスコアで虐殺されている。
という表現をされてますが、普通は大敗や惨敗だと思いますが……一部では、この表現から彼は2ちゃんねらーだと言われてます(笑

寒い季節となりましたが、お体に気をつけてこれからも頑張ってください。
アリエル
2005/12/14 13:36
>simさんへ
こちらこそ初めまして。これからもよろしくです。初戦を落とすデメリットはほんと大きいですよね。もちろんそれがすべてではないですが。
>アリエルさんへ
こちらこそよろしくです。コンフェデのサッカーは確かに見たいです。ただ個人的には小野のことをまだ忘れたわけではないんで、小野と中田英をジーコがどうするかってのがやっぱ興味あるんですよね。
doroguba
2005/12/15 06:22
ジーコ日本代表のドイツW杯での対戦相手が決定! かなり早いグループリーグ展望&ジーコのスタイル!? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる