doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ジーコ日本代表にまつわるニュースついて  エクアドル戦のガンバ勢招集&柳沢の怪我

<<   作成日時 : 2006/03/27 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

■今更ながら、日本代表のエクアドル戦のガンバ勢の招集について

G大阪勢の招集はクラブ側が譲歩し、Jリーグ最優先の原則が覆される形となった。日本協会の川淵三郎会長は「ジーコ監督は強要はしていない。選手を出していただけたらありがたい、という立場。西野監督の決断に敬意を表したい」と歓迎した。
 一方、Jリーグ側にとっては苦渋の選択で、鈴木昌チェアマンは「これで良かったのか迷っている。今の時点ではこんな解決策しかない」と割り切れない様子だった。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20060322-00000041-kyodo_sp-spo.html
ワールドカップ(W杯)登録メンバー23人の決定まで、残された強化試合は3試合。ジーコ監督は、Jリーグ日程の関係で招集できない予定だった3人のG大阪勢もメンバーに加えた。
 最終的には日本協会の協力要請を、G大阪が選手の気持ちに配慮して受け入れた。クラブとの協調路線を貫いてきたジーコ監督も、今回については「W杯イヤーなのだから、国のために(招集問題の)話し合いが必要だ」とG大阪の譲歩を求めていた。近づくW杯への意気込みがにじみ出た選考となった。
 欧州組がそろった2月28日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦では、雨やぬかるんだピッチという悪条件下で守備の不安を露呈した。ここを修正し自信を回復する意味でも、宮本と加地の両DFを招集できる意味は大きい。
 負傷で代表を離れていたGK楢崎、FW玉田の再招集は、実績重視のジーコ監督にとっては既定の路線。玉田を含めて5人が招集されたFW陣は生き残りを懸けた激しい競争となる。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20060322-00000040-kyodo_sp-spo.html

今更ですが、この問題について。難しい問題であると思いますが、ぶっちゃけガンバが召集拒否すればよかったと思ってます。先日チェルシーが同様の問題がありました。アメリカ戦のためにドイツ代表にフートが召集されたんですが、同じ日にFA杯の試合があったチェルシーがそれを拒否しフートはイングランドに残りました。で召集拒否したにも関わらず、結局、試合に出ずにベンチを温めていたわけです(笑)。使わないなら代表によこせっていう意見もあると思いますが、まぁそれは結果論。出番はありませんでしたが、モウリーニョはフートが必要であると思ったから代表に貸さなかったわけですし、状況次第では試合に出ていた可能性もあるわけです。

代表とクラブチームの関係は難しいところがあるとは思いますが、その折り合いをつけるために「国際Aマッチデー」というものがあります。もちろんそのような「決まり」がすべてではないと思いますし臨機応変な対応が求められることもあると思いますが、代表とクラブが軋轢を起こさないための「最低限の決まり」は必要であると思ってます。ですが、どうもJリーグと代表の関係を見ていると、そのあたりの「あいまいさ」とか「いい加減さ」が目につくわけです。昨年のオールスター戦でも「日程が被って揉めた」わけですが、結局、今回もそれと同じようなことをしている気がします。スケジュールリングが難しいのはどこの国でも一緒だと思います。
「今の時点ではこんな解決策しかない」と鈴木昌チェアマンが言っているみたいですが、本当にそうなのでしょうか? 先日のドイツ代表対アメリカ代表戦ではアメリカ代表は2軍で戦ってましたが、それが「いい解決策」かどうかは別として、そういう選択をする国だってあるわけです。確かに今年は「W杯イヤー」ですが、それを盾にするのがこの「エクアドル戦」なのかってのが正直な感想だったりします(笑)。もちろん大切な試合であると思いますし、勝ってほしいですが。

■柳沢の怪我について! 残念なニュースですが、がんばってほしい!

不幸中の幸いだった。松葉づえで病院に現れた柳沢はX線、CTスキャンで精密検査を受け、「右第5中足骨骨折」と診断された。負傷直後の触診では、全治「3カ月以上」の可能性もあったが、実際は「全治2カ月」で、わずかながらW杯出場が見えてきた。
 検査に立ち会った関純ドクターによると、復帰に約6カ月を要したMF小野(浦和)は疲労性の骨折で、柳沢は外傷性。外傷性の方が治りやすく、過去に最短で1カ月半で試合復帰したケースがあり、柳沢も6週間での復帰を目指すという。
 通例、検査翌日の手術が多いが、柳沢は「1日でも早く治したい」と即日の執刀を希望。約15分間の手術が行われた。関ドクターは「6週間で治せるように努力する。日本の宝をW杯に出したい」と話した。柳沢も前向きだ。手術前に取材に応じ「W杯に間に合うように希望を持ってやっていきたい。ジンジン痛いわけではない。(ケガした)場所も悪くはない。何とか間に合わせたい」と力説した。今後は、最長で1週間入院。その後、鹿島に戻り、理学療法士の下歩行トレーニングを始める予定だ。小魚などカルシウムを多く含んだ特別食の準備もあるという。W杯選手登録期限の5月15日まで、あと49日。「頑張ります」。柳沢は最後まであきらめない。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20060327-00000029-spnavi_ot-spo.html

柳沢の離脱は、ほんと残念なニュースです。間に合うかどうか微妙な感じですが、現実的に考えて厳しい気がしてます。2002年の時も高原が離脱してしまったり、西沢が万全でなかったりと問題があったわけですが、W杯で一番怖いのは「怪我」であると改めて思った次第です。サッカーにはさまざまな「運」が必要であると思ってますが、中でも「大舞台に無事に試合に出れる運」を持っているかどうかというのは重要であると思うんですよね。個人的にはそういう「運命」を信じる人間ではないのですが、まぁ兎も角、怪我には気をつけてもらいたいってことです。W杯選手登録期限の5月15日ですか。この日にジーコがどういう「選択」をするのか注目なわけですが、柳沢には兎も角がんばって怪我を直してもらいたいですね。
人気blogランキングへ

ジーコイズム

ジーコイズム (週刊ポストBOOKS)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヤナギ骨折! 代表FWはどうなる?
ヤナギが骨折してしまったようです。 以下NikkanSports.com掲載記事です。 ----------------------------------------------------------- 25日行われたJ1の千葉戦で右足甲の外側を痛めた鹿島FWの柳沢敦(28)は26日、さいたま市内の病院で精密検査を受け「右第5中足骨骨折」で全治2カ月の診断を受けた。 ...続きを見る
3?歳のつぶやき....
2006/03/27 22:27
頑張れ! 柳沢!
「柳沢敦 骨折!」のニュースは日本代表にとって悲報です。 ...続きを見る
スポーツ新聞よりDEEPなスポーツブログ
2006/03/27 23:16
エクアドルな品々
試合の日はどんどん近づくのに,なかなか見つからないエクアドル料理に困っていますが,今回はエクアドルに関連する食材を色々さがしてみました. エクアドルはコーヒーの産地のようで,エクアドル産のコーヒーならわりと手軽に手に入りそうです. これはいいかも. コーヒ.. ...続きを見る
敵国を食らう
2006/03/28 11:27

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
柳沢ーーーー(汗)

召集問題はついて回ることなのですが、どっかの赤いチームみたいにウチはウチで勝手にやるみたいなスタンスでも困るわけで。というのは、Jはまだ経営は苦しいです。WBCをみてもわかるとおり世界へのアピールの場である代表で良い結果を残せばわかりやすい客引きになる。まあ、最大の難点は日程決める上で存在価値の薄くなった(タイトルとして認めないとかいうのではなく)ナビスコ杯と、「力を入れる気になれない」ACLを何とかすることです。そこをしっかり整理できればより自然な日程も組めるでしょう。
まあ、ガンバの場合はなぁ……交渉役に問題多々の気もする。召集した時点で見えない圧力は感じるだろうし(ジーコ監督はそういうタイプだとは思わんが)。ちょっと難しいところではありますよね。対立する必要もないのだから、がしがしした報道が流れるとJのサポとしては嫌です。
RR
2006/03/27 22:30
今、選手の過密スケジュールがかなり問題化していますね。これによって選手のプレーの質が落ちているのはたしかだとおもいます。たしかリヨンが怪我をした選手の保障金名目でFIFAを訴えました。近年,膨大に膨らむ選手の移籍金や年俸を払っているのはクラブ側なのに、オフシーズンに行われる、大会に主力選手をださなければならないのはクラブ側から見れば、リスクが大きいことは確かだと思います。それでFIFAに対抗してビッククラブ14チームで作ったG-14が今サッカー界でその力を増しつつあったりするのが現状です。
ドス・サントス
2006/03/28 11:13
>RRさんへ
Jだけに限らず「代表の箔」はクラブにとってもちろん重要だと思いますが、だからといって「すべて代表を優先」ってことにはならないと思ってます。
>ドスサントスさんへ
まぁG-14の弊害もあるので、何とも言えませんが「クラブだけが選手に金払う」システムは変わるかもしれませんね。まぁそうなると今度は貧乏な国がブーブー言うと思いますが。そういえば、ブラッターじいさんの「チェルシーには金払わなくてよい」発言とかありましたねぇ。
doroguba
2006/03/29 20:41
ブラッター爺さんは母国のスイスがプレーオフでトルコを下して調子に乗ってますね。あの古い人間から見るとチェルシーの最先端のスタイルが気にいらないんでしょうね。
ドス・サントス
2006/03/30 12:35
ジーコ日本代表にまつわるニュースついて  エクアドル戦のガンバ勢招集&柳沢の怪我 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる