doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS カンナバーロのバロンドール受賞に意義でなくて異議有り! 八百長クラブからの選出はおかしいでしょ

<<   作成日時 : 2006/11/28 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 20

■1年間を通じてのプレイについて評価する以前の問題として

最後に今年のバロンドール(欧州最優秀選手)にカンナバーロが決定したニュースについて。カンナバーロが受賞したことについて、海外から批判的な感想が聞かれるが、イタリア国内でもわずかながら、彼の受賞に首を傾げる声を耳にする。
 イタリア人の多くは、ブッフォンこそがバロンドールにふさわしいと考えているようだ。ここで個人的な意見を言わせてもらうと、ワールドカップ(W杯)があった年の受賞者は、大会で活躍した選手が獲得するケースが多いし、評価の基準として何よりもW杯の活躍が重要視されることは正しいと考える。
 もし、1年間を通じてのプレイについて評価するなら、カンナバーロよりブッフォンやアンリの方が、バロンドールに値するプレイを見せていただろう。ただしカンナバーロの場合、このW杯期間のプレイが、アンリやブッフォンよりも突出して良かった。そして、最も評価を得やすいアタッカーやファンタジスタが、W杯では目立った活躍しなかったことも大きかった。唯一、ジダンが活躍したのだが、あの決勝での頭突きが致命傷となった。もし、あの行為がなくて、フランスがPK戦を制していたなら、バロンドールはジダンの手に渡っていただろう。いや、フランスが2位で終わっても、ジダンが受賞していたと思う。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0607/italy/column/200611/at00011422.html

バロンドールについて。今回のカンナバーロの受賞は、正直、納得してない。それは彼がDFだからだとか、プレイがよくなかったからだとかブッフォンのほうがふさわしいと思うからとか、そういう理由ではない。納得してない理由は、単純に彼が昨年、セリエAのユベントスでプレイしていたからだ。昨年のユベントスと言えば、モッジシステムが発覚しスクデット剥奪されたわけですが、そんな八百長したクラブの選手がどうして欧州最優秀選手として受賞するのだろうか。意外というか、ちょっと理解に苦しみます。八百長クラブでプレイしていた本人も、どうしてそんなたいそうな賞を自ら辞退しないのだろうか。罪の意識はこれっぽっちもないのだろうか。

■八百長クラブでプレイしていたことと、受賞は別物か?

もちろん、僕に再び高いレベルでプレイするチャンスを与えてくれたユーベ(ユベントス)や、素晴らしい2年間を一緒に過ごして2度のスクデット(セルエA優勝)を獲得したユーベのチームメイトのみんなにも感謝しなければならない。残念ながら、そのあとはく奪されてしまったけどね。それから、一緒にイタリアサッカー界の歴史の1ページを刻んだ、イタリア代表のチームメイトにも感謝している。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20061128-00000010-spnavi-spo.html

「2度のスクデット(セルエA優勝)を獲得したユーベのチームメイトのみんなにも感謝しなければならない。残念ながら、そのあと剥奪されてしまったけどね」ってのは、紛れもないカンナバーロの本心でしょう。彼はイタリア代表での活躍のみならず「八百長したユベントス」で活躍しそのチームメイトに助けられたから受賞できたという考えは正しいと思うし、感謝してしかるべきだと思いますし、そのチームメイトを含め所属していたユベントスの八百長が発覚し地取る剥奪されて2部に落ちてしまったのは、「残念ながら、剥奪されてしまった」という被害者の一員という意識なんだろう。この「残念ながら、剥奪されてしまった」という言葉に、カンナバーロの罪の意識のなさを感じてしまいます。悪いのはモッジであり、ユベントスの選手や監督はその八百長に振り回された被害者であって、まったく悪くないという考えとでも言いますか。もしかしたらモッジも被害者であるという認識なのかもしれませんが。こういう考えはカンナバーロのみならず、ユベントスの選手や元監督も同じだと思いますし、もしかしたらイタリア国民の中にも同じような考えを持っている人がいるのかもしれません。ですが大半のイタリア国民は八百長の罪を重く考えていると思ってましたし、イタリア以外の国では、もっと今回の八百長事件を重く深く考えているものばかり思っていました。そう思っていた矢先の、今回のカンナバーロのバロンドール受賞。どうやら欧州のサッカー界は、それほど今回の八百長事件を深刻には考えてなかったみたいですね。そういう気がしてきました。確かにユベントスの八百長とカンナバーロのプレイはまったく関係ないのかもしれません。まったく別物なのかもしれません。それにカンナバーロが八百長を仕組んだわけではないですし、そういう意味では罪はないんでしょう。

■本人が八百長に直接関与してなければ、それでOKなのか?

ただ本人が直接関与してなくても、「周りがお膳立てした八百長」というものだってあると思うんです。たとえばボクシング。戦う本人は八百長してなく何も知らずに一生懸命戦っているけど、その裏で「八百長のシナリオ」を書いている人がいて、その通りに八百長が行われてしまう場合があったとします。誰がどう見ても負けているはずなのに、判定ではなぜか八百長を仕組んだ方が判定勝利。八百長のシナリオどおりに優勝しますが、何かおかしいってことで調べられ、後日、その八百長が発覚しタイトル剥奪する事件に発展したとします。八百長の事実が認められ、罰せられ、世間にそれがあらわになるわけですが、そういう事件に発展したのにもしタイトル剥奪されたボクシング選手が「年間最優秀賞」を受賞したとしたら、どう思いますか? ちょっとおかしいと思いませんか? 

■八百長ユベントス」のメンバーでありそのチームでプレイしていたことは事実

もちろんボクシングとサッカーでは違うと思いますし、八百長にだっていろいろあるとは思います。カンナバーロは某ボクシング選手とは違って、受賞に値するすばらしいプレイをしていたと思いますし、八百長ユベントスでのプレイよりもドイツW杯でのイタリア代表での活躍ぶりが評価されとところが大きいのでしょう。そういった意味でカンナバーロは、バロンドール受賞にふさわしいプレイヤーなのかもしれませんが、ただ「八百長ユベントス」のメンバーでありそのチームでプレイしていたことは事実です。で、その八百長ユベントスの選手をバロンドールに選ぶことは、私的にはまったく納得できないし、選ぶのはおかしいと思うわけです。

私は今シーズン、セリエAの試合は1試合も見ていません。セリエAが八百長したことに対してまだ許せてないところもがありますし、セリエAにその罪の意識があまり感じられないからです。もしCLでチェルシーとセリエAのチームが対戦することになったら仕方なく見ることになんるのでしょうが、そうならなかったら今シーズンは1試合も見ないでしょう。私が八百長に対して深く重く考えすぎなんでしょうか? 八百長は横において、カンナバーロおめでとうと言えばそれでOKなんでしょうか? 八百長に対する考え方は人それぞれなのでしょうが、私は非常に「深刻なもの」として捉えてます。サッカーが好きですし、いつまでも好きでいたいから。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。プロ野球黒書―八百長を演出するのは誰か! (1970年)

プロ野球黒書―八百長を演出するのは誰か! (1970年)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
FIFAクラブワールドカップジャパン2006
FIFAクラブワールドカップジャパン2006情報満載です! ...続きを見る
http://free7.livedoo...
2006/11/29 12:52
Ballon d'Or(バロンドール)決定!
 名古屋(元鹿島,元日本代表)のDF秋田選手とクラブは,来季契約を更新しないことを発表しました。クラブは指導者としての契約を打診したそうですが,秋田選手は現役続行を希望しているそうです。 ...続きを見る
よろずな独り言
2006/11/29 22:55
サッカー動画
とても良いブログですね♪良かったら私のブログも見てくださいね♪ ...続きを見る
サッカー動画
2006/11/30 00:43

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
カンナバーロが八百長していたわけではないので、選出自体に問題はないでしょう。それに、バロンドールは個人の賞ですからね。
いまる
2006/11/29 07:57
死ねやカス、てめぇの不細工な顔に意義があるんだよはげ。お前がここで異議唱えてもいみねえよ。ユベントスの方が亜圧倒的にチェルシーより格上なんだよ。ゴミ屑サポーターめwww負け惜しみは醜いぜwwww
ユーべ
2006/11/29 10:26
明るみになってないだけで審判は欧州全土で行われてるって証言してんだよ。脂マネーをお持ちナTッいぇルシーはCLで明らかに有利判定もらってるがねww他のクラブ批判する前にプレミアのレイプや暴力を見直せヤ、この記事はセリエファンを不快にさせるものだし消せ
ユーべ
2006/11/29 10:30
これはいわゆる文化的な差異じゃないですかねぇ。

欧米諸国では責任は責任できっちりと追及されますが
逆に自分に非が無い場合は徹底的に自分は悪くないと主張します。
これがあるから常に責任の所在がはっきりとし、
それを修正していけるというメリットもあります。

それに比べて日本の場合は例え自分に非が無くとも、
その結果として良くない事態になった場合に自重・謝罪するという文化があります。
ただしその結果、責任の所在が曖昧になってしまい、
本当の原因が隠蔽されがちになってしまう面もあります。

文化の差であってどちらの対応が良いとは言い切れないんじゃないでしょうか。
サッカー界においても同じだと思います。
shanc
2006/11/29 11:44
趣旨に賛同します。たとえ選手個人が不正に関与していなくとも、そのチームに所属する以上こういった賞は与えてはならないと思います。チームの不正のせいで受賞を逃した場合、その不満や怒りはユベントスに向けられるべきです。そういったものを含めてユベントスに責任を取らせることが本当の公正さだと思います。
naka10
2006/11/29 12:21
八百長は選手の意思で仕組まれたものではないですし、
そのクラブに「所属していた」と理由だけで個人賞すら剥奪されるのならば、カンナバーロはこれ以上とない被害者となっていたでしょうね。
そもそもW杯のMVPも頭突きの1件があろうがなかろうがジダンはふさわしくなかった。ただでさえ過小評価されたカンナバーロがこれ以上の泥をかぶる必要はないでしょう。
選考基準にW杯の結果が重視されるのは2002のロナウドの受賞から分かりきっていた事ですしね。
CYAN
2006/11/29 13:01
スキャンダルから時間が経って、注目度が下がった途端に懲罰を軽くし始めるカルチョ界。無反省・無自覚なヤオベントスの選手達。
そんな元ヤオベントスの選手達が2得点を挙げてパレルモを下して首位独走のインテル。今まで通りPKくれよ!と憤るミランの豚監督。
セリエAってなんだかなぁ・・・(苦笑) セリエファンって、何が楽しくてあんなの見てるんだろうと本気で不思議です^^;
田中
2006/11/29 19:14
チームが八百長していたからといって、カンナバーロが活躍していたことには変わりはない。プレー内容で判断すべきこと。カンナバーロにまでけちをつける必要はないやろう。インテル、ローマ、パレルモは見ていておもしろいぞ。特にインテルはモウリーニョお墨付きのチームだよ。
ポルト
2006/11/29 21:26
八百長クラブでプレイしていたことと、受賞は別物です。だいたい個人賞やろう。
細谷
2006/11/29 22:48
Dorogubaさん、大変よく分かります。
私が気になったのは、では誰がふさわしいのか?ということです。
もちろん、カンナバーロが所属していたユベントスは実際に八百長をしていました。
そしてW杯。
イタリアでプレーしてるイタリア人+他国の選手のために、カルチョのレベルが低いわけではなく、マフィアがらみの喧騒のなかで生まれたシステムの弊害を受けたのだ、と示したく、選手はW杯を戦い、そして優勝しました。
そのキャプテンであり、ましてや、最も八百長に関与したユーべの選手であった彼の気持ち、そしてそれを見事にあの(小さな)体で見せてくれたシーンは良かったと思います。
選手は八百長をしてるわけではありません。いい選手はたくさんいます。チェルシーも八百長に関与したミランからシェフチェンコを買いました。それはミランが可哀想とかではなく、彼の能力を買ったものだと思います。
W杯があった年は、W杯の影響をかなり受けるのは当然だと思います。選考する記者達の基準は十人十色ですが、選手の能力、およびその背景をいい方に見た、近年まれに見る、いい選考だったと思いました。
 長文失礼しました。
Emirates
2006/11/29 23:44
サッカーしたことないくせに評論家気取るなよ
こいつら
2006/11/30 03:29
ドロクバさんの論理からすると、ユベントスの選手を代表に呼ぶのもだめなのかなあ?
ドイ
2006/11/30 07:52
文章に否定的な皆さん何か感情論に走りすぎな気もしますが・・
これはバロンドールという由緒ある賞の権威にもかかわるので慎重にならないといけないと思います。
荷担したかどうかは関係なく、ユーヴェ所属の選手は誰もが疑惑をもたれるでしょう。
私個人も今回は避けるべきだったと思いますね。
ヒロ
2006/11/30 09:16
選ばれちゃったんだからしょうがないじゃないですか(笑)カンナバーロが賞を辞退する理由もどこにもないと思いますよ。
ジラ
2006/11/30 13:05
頭突きで退場になったジダンがW杯MVP。
八百長ユベントスに所属していたカンナバーロがバロンドール。
サッカーは実力が全てということですかね。
モッテ
2006/11/30 14:52
CYANさんの言われる文化的差異というのはなんとなく納得できます。
カンナの意識の中では被害者なのでしょうね。
でもクラブのボードの行ったことなので、選手も含めてある種の責任を感じるべきだと思います。今回のカルチョスキャンダルは欧州の中でもイタリアの特異性を改めて感じさせてくれました。ああ・・痛いぞ。イタリア人。
でこ
2006/11/30 19:38
カンナというより、ユベントスの選手はみんな被害者と思っているでしょうよ。自分たちは知らなかったわけですかね。
ジン
2006/11/30 21:27
カンナバーロの活躍がユベントスだけだったら、問題になるかもしれんが
イタリア代表でも活躍しとるからいいでしょう。
モッタ
2006/12/01 08:05
みなさまコメントありがとうです。
これに関しては人それぞれ思うところがあると思うし、解釈はいろいろあると思うので。ただ気になるのは、カンナバーロがユベントスのままでも受賞したのかってところですかね。
doroguba
2006/12/06 23:44
ユベントスのままでも受賞したと思います。というより、別にユベントスだから問題だという見解ではないですので。
zyu
2006/12/07 21:13
カンナバーロのバロンドール受賞に意義でなくて異議有り! 八百長クラブからの選出はおかしいでしょ doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる