doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 親善試合「日本代表対ペルー」戦 オシム監督&中村俊輔選手の前日コメントを読んで

<<   作成日時 : 2007/03/24 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

■ペルー戦前日 オシム監督会見

ここでお話することはできない。こういうことをしてほしいという希望と、選手たちが現実にすることに違いがあるだろうから。ここで希望を話すことはできるが、試合でそうなるかは別の問題だ。そしてここで何か言えば、それをやろうと余計な力を入れるかもしれない。そんなところだ。まずペルーに、どういう出方で来るか聞いてから話をするのなら別だが、向こうの監督はなかなか手の内を明かさない。
 そろそろ選手はミックスゾーン(取材エリア)に入ってくるころだ。皆さん、そっちに急ぎたいのでは? 皆さんが何を期待しているのは分かっているつもりだが、聞きたい答えが出るとはあまり期待しないでほしい。「ペルー戦前日 オシム監督会見」よりhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200703/at00012683.html

このインタビューを読む限り、思った以上にオシム監督がナーバスになっているように感じましたが、そうでもないのかな。引用させていただいた部分はその通りだと思いましたが、それ以外のインタビューはあまり意味なかったですね。というか、ナーバスになっているのは伝わってきましたが、内容はおもしろいとは思えませんでした。まぁ、読む人によるんでしょうけど。ついでに言っておくと、よくオシムのインタビューで「インタビューする内容が悪い&聞き方が悪い」って指摘する人がいます。確かにそれに問題はあるんでしょうけど、問題はそれだけじゃないと思っています。一番の問題は、答えるほうに答える気があまりないっていうことだと思うんです。何か言いたいことがあれば、質問が多少まずくてもそれはあまり関係ないと思うんですよ。ワイドショーのレポーターの質問みたいに「まったく関係ないプライベートの質問」されたのなら話は別ですが、そうでもないと思うし。まぁ、質問に対して叱責するのも「メッセージ」ですし、答えをはぐらかすのも「メッセージ」なんでしょうし、答えないことも「メッセージ」だと思うので、インタビューにどう返答しようがその人の自由だと思いますが、個人的には話をしたくない人の話を聞くのは苦痛ですね。まぁ本来なら会見拒否したいところを、それじゃマズイってんで出てきたってことなら、それはそれですばらしいとは思いますが、問題は何で「会見拒否したい」と思ったのかってことなわけで。要はトルシエの「日韓W杯での最終メンバー発表」時の逃亡は残念でしたけど「その気持ち」はわかるし、岡ちゃんの「フランスW杯でのカズ落選時のコメント」も残念でしたけど、それをちゃんと伝えたこと自体はすばらしかったなぁということです。

■ペルー戦前日 中村俊輔コメント

右が俺で、左がヤット(遠藤)でしょ。だからどっちかというとボールをしっかり回して、サイドバックがオーバーラップするというイメージだと思う。だから、できるだけダイレクトとか2タッチ。ためるとこはためて、どっちを重視するか。例えば1対1になって加地が上がってきて、ためて待っているのか、1対1を抜いて早くセンタリングしたら、中が2対2のままということもあるし。それのどっちをとるかという話。監督はどっちを好むのか。その辺はグラウンドに入ったら自分の判断。やって失敗しても次につながるから。まだ1試合目だから。時間がなくて結果を残さないといけなくて大変だけど。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20070323-00000045-spnavi-socc.html

非常に普通にサッカーの話をしていると思うんですが、これがオシム日本代表だと特殊に聞こえるのはいいことなのか、悪いことなのか。「監督はどっちを好むのか」って迷われているみたいですが、これについて素人の私から提案差し上げます。好まれるのはたぶんそのどちらでもないです。好まれるのは、たぶん「ボールを自分でためないですぐに遠藤にはたく。そして、自ら逆サイドのスペースへフリーランニングし、その先のスペースでボールを受ける」ことだと思うんですが、いかがでしょう。ぜひ、機会があれば一度お試しください。なーんて。

■クラブワールドカップ開催国枠の設置が承認

【チューリヒ(スイス)22日共同】国際サッカー連盟(FIFA)は22日、当地で開いた理事会で、クラブワールドカップ(W杯)の開催国枠の設置を承認する方向で意見をまとめた。23日に引き続き協議し、正式決定する見通し。FIFAの鄭夢準副会長が「日本は次回は開催国として出場することになるだろう」と話した。
 FIFAのクラブW杯組織委員会は昨年12月、日本で行うことし12月の大会から開催国枠を新設する案を今回の理事会に諮ることを決めていた。昨年6月には同組織委のまとめた設置案を理事会が却下したが、鄭副会長は「もう問題はない」と明言した。
 同大会の出場チームは、6大陸連盟の各王者に開催国が加わり7チームとなる。FIFAの小倉純二理事は開催国枠導入について「どういう形ならできるのかをこれから話し合う」と述べ、大会方式の再考が必要との認識を示した。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/club_wcup/headlines/20070323-00000004-kyodo_sp-spo.html
「2007年のJリーグチャンピオンチームが開催国チームとして出場できることが決まり、大変嬉しく思っている。この結果にあたっては、コロスコフ組織委員会委員長とオセアニア連盟のテマリ会長、小倉理事が事前にしっかり調整したうえで決まった事で、何ら問題なく決定された。FIFAのブラッター会長、UEFAのプラティニ新会長もご理解のもと、開催国の出場が認められたことは、日本のファンはもちろん、今後、他の国で開催される場合も非常に喜ばしいことだと思う。Jリーグのチャンピオンチームが世界トップのクラブチームとどう伍して戦うのか―ファンはもちろん、国民の関心もこれまで以上に高まると思う。もちろん我々としては、アジアのチャンピオンとなって本大会に出ることが一番の望みではあるが、開催国の出場が認められたことで大会の認知度が上がり、これまで以上の盛り上がりとなるだろう。現在、AFCチャンピオンズリーグを戦っている浦和レッズ、川崎フロンターレもアジア王者を目指し、最大の努力をしてほしい。今回の決定は、最終的にはオセアニアサッカー連盟の理解があってのものであり、開催国として心から感謝の意を表したい。今後の細かい決め事は大会組織委員会にて決定されるだろう。」http://www.jsgoal.jp/news/00046000/00046037.html

どうやら開催国枠の設置が決定したみたいですね。本年12月からってのが少し驚きですが、この開催国枠の決定は「今後、日本以外での開催となること」を示唆するものなのでしょうか。まぁ開催国枠がある方が開催地では確実に盛り上がるんでしょうけど、開催国枠と大陸王者枠が「ダブル」ことになるがどう作用するのか注目ですかね。って、まだ日本での開催が続く可能性もあるんですよね。で、万が一“日本開催固定”となるなら、この大会は世界的にどういうふうに映ることになるんでしょうか。たとえば逆に、これが日本でなく韓国で開催されていたものとして、その韓国に開催国枠が常設されることになったと仮定するとみなさんどう感じます? 何も感じない? 現実的に日本で開催されているから、そんなこと考えるだけでバカバカしい? まぁ川淵チェマンが「今後、他の国で開催される場合も非常に喜ばしい」と言っているわけで、たぶんそうなるんでしょうけど。まぁ何にせよ、今期はJリーグから2チームが参加できるようにがんばってもらいたいということですかねぇー。あと今回の決定には、やっぱUEFA会長にプラティニが就任した影響はあるんですかね。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。
なぜ「オシム語」は人を惹きつけるのか?―人を唸らせ、人を黙らせる発想法と話術

なぜ「オシム語」は人を惹きつけるのか?―人を唸らせ、人を黙らせる発想法と話術

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
俊輔の左足がリーグ2連覇導いた
日本のファンタジスタが劇的V弾だぁーッ! スコットランドプレミアリーグ・セルティックの日本代表MF中村俊輔(28)が22日、キルマーノック戦(アウエー)の後半ロスタイムにFKで決勝点をマーク、2−1勝利。セルティックは勝ち点... ...続きを見る
サンケイスポーツ情報
2007/04/23 11:15

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
オシム監督は、解釈の余地が少ない質問を求めているのではないでしょうか?究極的には回答者が○×の二択で済むような。
質問する側がもっと頑張って練りましょう、ということでは。
チャン
2007/03/24 00:36
オシム監督は、解釈の余地が少ない質問を求めているのではないでしょうか?究極的には回答者が○×の二択で済むような。
その為に質問する側がもっと頑張って練りましょう、ということでは。
チャン
2007/03/24 00:36
オシム監督は、解釈の余地が少ない質問を求めているのではないでしょうか?究極的には回答者が○×の二択で済むような。
その為に質問する側がもっと頑張って練りましょう、ということでは。

割とそういうのは日本的ではないかな、と思います。文化や民族性の話になってしまいますが・・・。
チャン
2007/03/24 00:38
間違って連投してしまいました・・・。
ご迷惑かけて申し訳ございません。
チャン
2007/03/24 00:39
こんばんは。
クラブワールドカップで開催国枠が出来た場合、現在のACLの位置付け(ステータス)みたいなのが、一般的には低くなるだろうし・・・
まぁ、そもそもクラブワールドカップ自体がって感じるんですけどね(苦笑)
コージ
URL
2007/03/24 00:45
中村のコメントはすごく具体的ですね。しかし、サイドの対処の仕方で監督の好みを優先させるのか(言葉を選んだということもあるだろうけど)。佐藤寿人の意識が非常に高く高原に刺激を受けているようで期待大です。
開催枠は良いんじゃないですかね?世界規模でマイナー発掘のために行ったほうが絶対向いている大会なワケだし。
RR
2007/03/24 08:58
オシムの言っていることは訳しにくいと、通訳が本音を言っていましたね。
オシムの好きな「走る選手」だけではなく、中村みたいなファンタジスタがいてもいいような気がしますね。
CWCの開催枠はアジアやアフリカなどのサッカー発展途上国などに使った方がいいと思います。
kento
2007/03/24 13:13
 俊輔のピンボケぶりは「おとぼけ」ですかね?。で、もうひとつ提案。
 ボールを受けた瞬間キープするふりから急に内側へ切り込むドリブルをして、BKを二人ひきつけてパスフェイントからシュート。ブロックされたボールにすぐさま俊輔自身がプレスをかけてコースを切って、クリアを拾った啓太からオープンサイドに開いて、駒野からニアの巻へのクロスのこぼれだまに飛び込む! 俊輔君はこれをやらなくてはいかんのよ 今日はがんばってくださいね・・・
Mario
2007/03/24 17:32
以下、RRさんのところで書かせてもらったコピーで申し訳ない。俊輔もインタビュみると問題意識はあるようだし、遠藤なんかもわかってはいるようです。

典型的な4222のサッカーで、良かれ悪しかれですが絶頂期の(鹿島)のようなサッカーでした(笑)。
 俊輔は、「これくらいは当たり前」でしょう。前記の「仕掛け」は、1,2回しかやらなかったし、サイドでの数的有利云々はどこ吹く風だし、「ああ俊輔が来ると「遅・横」のみになるな」という感です。
 あのサッカーを進化させるなら、1)Pエリア廻りで縦に仕掛けられる面子(高原が再三トライしてましたがもう1人)、2)低い位置でボールを奪った時、間髪いれずロングパスが出せる面子(走りこむやつはいる)がほしいです。
 1)は実績からいえば松井、家永・水野・藤本に期待。2)はやっぱり中田浩ですね、遠藤も出来る。阿部に期待してますがやはり遠くが見えない様子。又、啓太はここまで来ると展開力の質の低さが目立つます、トルコでこのポジをやってる稲本を見たいですね、長い距離も走れるし。
mario
2007/03/25 16:53
つづきです・・・
 でもオシムのチーム作りは、1)国内組みで大枠「(やるべきこと=MUST)」・「質のベンチマーク=WANT」を作る。2)海外組そのハードルをすりこみ、かつ海外組の「質」を国内組にしらさせる。3)競争と成長を促す。という、ある意味「まっとう」なやり方ですね。
mario
2007/03/25 16:54
俊輔選手のファンなので、オシムは選手を褒めて育てるより、怒って育てるタイプかなと思いつつも、一筋縄ではいかない渋柿オシムだと思いますが、若手の育成に熱心で、Jリーグの視察もそうですが、情報を集めて緻密に計画している監督だと思います。
昨年からの俊輔選手へメッセージを流し続けるオシムですが、他の選手への場合よりも、一番量的にも多く、しかも詳細にわたっています。 今回の試合前、試合後も一番批判的に聞こえるメッセージも量・質ともの俊輔選手への多いということは、理想的MFでできればFW(ダイレクトに点を取ってほしい)の機能ももっと上げてくれというオシムのメッセージであろうと思います。(続く)
kufu
2007/03/26 02:31
続き
オシム監督の目指す日本的(?)サッカーがペルー戦の最後10分ぐらいに見せたものであるとしたら、逆に俊輔選手にこうやって欲しいというサンプルを見せたということでしょう。 ペルーがすっかりやる気を失った時点で、攻撃が多彩であったという自己評価はすこしコソバユイですし、俊輔選手もいっているように自分がA代表になったのは19歳だから、もっと若手は頑張れフル代表でレギュラーとれと発破かけていましたから、オシムも若手は褒めて育てる(巻は若手か?笑い)ということ。
俊輔選手は昨年からオシムのメッセージを理解して、自己改革していますからフィニッシュももう少し精度上げられると思います。
オシムと俊輔選手のアウェーとホームの試合は続いていると私は思っています。
kufu
2007/03/26 02:34
親善試合「日本代表対ペルー」戦 オシム監督&中村俊輔選手の前日コメントを読んで doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる