doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS アジアカップ決勝トーナメントプレビューAオーストラリア戦「オシム日本代表」の守備戦術は?

<<   作成日時 : 2007/07/19 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ファーサイドに要注意!

■オーストラリア戦のGKは楢崎?それとも川口?

「そうそう・・そのファクターを考えれば、次のオーストラリア戦じゃ、やっぱり高さに対する強さとか安定性が非常に大事になってくる。だからこそ楢崎だと思うんだよ」。そういうことです。そして、そのオーストラリアの高さの象徴が、言わずと知れたヴィドゥーカというわけです。http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_4.folder/07_ac.7.17.html

確かに川口よりも楢崎のほうが「高さ」に対して強い気もしますが、オーストラリア戦でGKを変える可能性はあまり高くない気もするんですがどうなんでしょう。ブログランキング上位のattacking phaseさんがGKに川口が重用される理由らしきものを書かれてますが、この見解は当たっている気がします。要はジーコ&オシムの「1人あまる」守備戦術ならば、楢崎よりも川口ということなんじゃないかと。まぁ、あくまで勝手な妄想ですけどね。って、ことでオーストラリア戦ですが、やっぱ気になるのはGKの人選はもちろん、それを含めた「最終ラインの守り方?」となるんですかね。

■オーストラリア戦は3バック? マンマーク&リベロ?

そして最終ラインは、スリーバック気味に今野泰幸を入れ、先発で出てくるに違いないキューウェルをマンマークさせる。それ以外の、ブレッシアーノや(たぶん先発するはずの)アロイージといった衛星プレイヤーは、受け渡しで対処する。 要は、中澤佑二と今野泰幸が最終ラインのマンマーカーになり、そこで出来てくるスペースを、最後方のリベロである阿部勇樹と、中盤のリベロとして「も」機能すべき鈴木啓太が、他の中盤選手が守備に有機的に絡んでくるなかで効果的にコントロールするというイメージです。 http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_4.folder/07_ac.7.17.html

上でも引用した湯浅さんのから再び。オーストラリア戦は「スリーバック気味」にして中澤、今野がマンマークし、阿部と鈴木啓太がリベロ的に守るとイメージされているみたいです。なるほど、これはありそうな気もしますが、ここでポイントなのはオーストラリア戦は「3バックで、マンマーク&リベロ」という守備戦術じゃないかと予想していることなんでしょう。このアジアカップでのオシム日本代表の守備ですが、UAE戦とベトナム戦見た感じですと「4バックのゾーン的」な守り方に見えました。以前、「コロンビア戦はゾーンだったの?」なんてこと書きましたが、先の2試合見た感じでは確かにゾーン的に守っているように見えました(もちろんゾーンといっても、状況によって最終ラインはマンマーク&リベロ的に守っていたんでしょうが)。でオーストラリア戦はここまでの4バックをやめて3バックにして対応するのではないかとううのが湯浅氏の考えみたいです。続いては、こちらの意見。

■相手FWによって最終ラインの人数は変化? 引きすぎない?

挑戦者にとって、オーストラリア戦はオシム監督の就任ともに進化した日本の実力を試す時。「向こうが3−4−3でも5−4−1でも4−2−3−1でも、今は始まってすぐに対応できる。大きいFWが2人なら3バックにするかもしんない」。逆に言えば、あの時の日本はFWビドゥカの1トップに対し、3バック(坪井、宮本、中沢)にこだわりすぎた。しかもそのラインが「何でもかんでも引きすぎて、相手の起点になるところが全部ゴールに近いとこだった。それが良くなかった」と俊輔は振り返る。
 だからこそ解決の糸口がくっきりと見える。
 「1つの方法として、あれ(引きすぎたライン)を上げて…。相手にマークに付くやつだけがプレッシャーをかけるんじゃない。それはみんなで話しているし、たぶんまたみんなであの時のビデオを見る」http://www.tokyo-np.co.jp/tochu/article/soccer/news/CK2007071902033765.html

こちらの意見というか、中村俊輔の考えです。中村選手は「3バックか4バックかは相手次第」と考えているみたいで、さらに「最終ラインを上げるべき」と考えているみたいです。「相手にマークに付くやつだけがプレッシャーをかけるんじゃない」というのはなにを指しているのかよくわかりませんが、前線からプレスをかけるべきだってことなんでしょうか。つまり最終ラインは相手のFWの数によって3バックにしたり4バックにしたりして「1人余る」ようにして、尚且つ前線から各人が厳しくプレスを掛けるって感じ?
「引きすぎない」というのはその通りな気もしますし、ぜひ実践してもらいたいんですが、「最終ラインを高く」し尚且つ「1人余る」ってやり方は1つ間違えると破綻すると思うので、そこは気をつけてもらいたいです。要は「フラット」と「ブレイク」のタイミングと、プレスを掛ける位置と、コンパクトであることの3つを考えた守備とでも言いますか。

フラットラインシステムの「神髄」は、オフサイドラインをコントロールしながら、最終勝負の瞬間に「自分主体」の判断でラインをブレイクしてマンマークへ移行し、ラストパスやドリブルからのシュートを阻止すること(ボールのないところでの決定的マーキングアクション、そしてドリブル勝負する相手へのアタックなど)。そしてもう一つ、「ブレイク」せずに、自分たちの「背後(=オフサイドポジション)」にいる相手をそのまま残したり、決定的スペースへ走り込む相手を「行かせる」ことで、オフサイドを取ったり、ラストパスを出せないようにしてしまうというギリギリの判断である。
http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topic.folder/01_flat_line.html
Tell Me It's Real
Don't Rush
人気blogランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。
クエストラブはやっぱすばらしい!まじですばらしい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アジアカップ決勝トーナメントプレビューAオーストラリア戦「オシム日本代表」の守備戦術は? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる