doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アジアカップでノルマが必要なのか?」という後藤健生のコラムを読んで。

<<   作成日時 : 2007/07/08 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

U-20は1位突破したみたいで何よりです。時間がないのでナイジェリア戦は見れてません&感想も書けないと思いますが、チェコ戦がんばってほしいです。そしてアジアカップ。残念ながら明日は忙しく、たぶん試合を見れるのは明後日以降になってしまうと思うんですが、「結果」にこだわってがんばってもらいたいですね。結果にこだわってね!
そうではないはずだ。代表チームの評価、代表監督の指導力の評価というのは、結果(=順位)によって下されるべきものではない。結果で判断するのは、最終目標である大会、つまり2010年のW杯だけのはずだ。先制点を奪われたのは何故だったのか。守備の組織がきちんと構築されていなかったのではないか、それは何故だったのか……と考えていけば、たとえ優勝したとしても、すぐに「ノルマを達成した」とは言えないだろう。http://www.jsports.co.jp/press/column/article/N2007070610224702.html

確かにサッカーには運不運があると思うんですが、「チームや監督の評価はあくまでも内容でによるべし」って考えはまったく同意できませんね。「結果で判断するのは、最終目標である大会、つまり2010年のW杯だけのはず」って、このオッサンは書いてますが、そう思っている人はどれくらいいるのだろうか? そもそもオシム日本代表は2010年のW杯の出場を決めていたんでしたっけ? 予選免除なんでしたっけ? 違いますよね。予選はこれからですよね。

もし仮にW杯予選でオシム日本代表が勝利という結果が出ないとします。あと1敗で予選落ちという状況になったとします。そういう状況になっても「後藤健生のいうおっさんの評価基準」で内容が高評価だったら監督で続投とすることなんですよね。で、続投してW杯出場権を逃しても「後藤健生のいうおっさんの評価基準で内容が高評価」だったら、まだまだオシム監督続投ということになるんでしょう。だって「結果で判断するのは、最終目標である大会、つまり2010年のW杯」なんですから。まぁ、それは冗談としてもこのおっさんの考えは少し傲慢すぎやしないか? アジアを舐めすぎてはいないか? 皆さんお解かりのとおり、内容と結果というのは簡単に切り離せませんよ。ふつう公式試合は勝つために戦うわけで、その目的を達成するために選手はプレイし監督は頭を悩ますわけです。結果よりも内容ありきって考えて公式戦を戦う選手や監督はふつういないと思うんですよ。まぁオシムはユーゴスラビア監督時代に1試合をそのように使ったのかもしれませんが、それだってグループリーグを突破するという結果のためでしょ。オシムはユーゴ代表や千葉で「結果」を出したからすごいのであって、「結果」を出したからこそ、その「内容」が評価されているんです。違いますか?

逆に、稲本と中田はキリン杯で見極めをした上でメンバーから外した。理由も明快で、稲本はボランチとしては同タイプの鈴木は超えられず、攻撃的MFとしてはオシム監督が求める運動量が足りない。中田もセンターバックとしては中沢や闘莉王のほうが勝るし、サイドバックとしては守備力はあるが攻撃力が足りないということだろう。欧州組という肩書だけでは選考しない例だ。http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2007/07/post_835.html

理由も明快って、そうなんですかね? 稲本と中田浩二は単に招集したタイミングから考えて外しただけの気がしていたんですが、「欧州組という肩書きだけで実力がなかったから外された」とあの試合だけを見て語るのはどうかと思いますよ。あと「Jリーグで結果を出せば選ばれ、出せなければ外される。選考基準が分かりやすくなり、選手間に競争意識が芽生えて代表が日本の頂点という位置づけがはっきりした」って書いてますが、本当にそうなんですか? なんかJリーグで原状結果が出てない下位のチームから多数選ばれているみたいな気もしますが、それはどういうことなんでしょうか? チームとして結果が出てないけど、選手個人は結果を出しているって意味なんですか? 「本当の目標を来年からのW杯予選に置いている」なんて当たり前ですが、それでどうして「アジア杯の結果でオシム監督の評価を下すのは早計」となるのか? 別に優勝できたら、いい評価を与えていいじゃないの(笑)。って、勝てば結果で語って、負ければ内容で語るでいいじゃない? ってわけで、本日はこれくらいで。では
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。
ヨーロッパ・サッカーの源流へ―プレミア、セリエA、フランスリーグ取材ノートから

ヨーロッパ・サッカーの源流へ―プレミア、セリエA、フランスリーグ取材ノートから (サッカー批評叢書)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
dorogubaさんも後藤氏のこれを読んでいましたか(苦笑)
私も読んで、おもいっきり同じ部分で引っかかっていましたが、時間的な都合と余計なのを取り上げたら、またしてもまとまらなくなりそうなんで取り上げませんでした。そして、「dorogubaさん書かないかな・・・」なんて思っていたので、驚きです(^-^)v
私も同感です・・・特にツッコミ所も同じです(笑)
なんか内容重視という言葉が結果をおざなりにしそうな風潮になりそうで、嫌なんですよね。「インテルvsミラン」のダービー。インテル監督の誰かが就任初のダービー。でも、インテリスタは結果を求めるでしょうね。

コージ
2007/07/08 22:48
後藤健生に対するリスペクトが全くないんですね(笑)。
そこが気になっちゃって、本文の内容が頭に入ってきませんでした。
EER
2007/07/08 23:07
オーストラリアがオマーンにボコボコにされました。なんとかなんとか追いつきましたが、あれ見ても「アジアでは内容」なのかなぁ?オマーン相手に結果残していた日本だけど、あの結果を残すと言うことがどれくらいのことかはこの試合が示している気がする。まあ、油断するなって事で。
結果って全てを包んでいるから結果という言葉になると思うんだけどね…?

U−20は控えメンバーでもナイジェリアと堂々戦ったらしいですね。そろそろ本気で頂点が期待できそう。
RR
2007/07/08 23:11
「2010年のW杯」には当然アジア予選も含まれるでしょ。普通。
難癖つけてオッサン呼ばわりは控えましょう。
りゅう
2007/07/09 01:29
後藤さんの真意はわからないですが、おそらく「結果さえ良ければいい」という考えに異を唱えたかったんじゃないでしょうか。
ひとつの悪例としてジーコ体制化のアジアカップは内容はぼろぼろなのに結果だけは残してしまったため改善されるべきところが改善されなかったんですよね。ドラマチックだったため誤魔化されてしまったところがある。

なので今回は、結果よりもっとシビアに内容まで求めたいと思います。内容が良ければ結果も伴ってついて来る傾向にあると思いますし、オシムにはそのぐらい厳しい要求をしたい。
ネス
2007/07/09 03:49
>>代表チームの評価、代表監督の指導力の評価
をするのは監督を選定する立場の協会スタッフたちであるので

>>結果よりも内容ありきって考えて公式戦を戦う選手や監督はふつういないと思うんですよ
選手や監督を持ち出すdorogubaさんの論法はおかしいと思うんですが。

そしてあなたの言う「あと1敗で予選落ちという状況」とゆうのは極論すぎます。ここでの後藤氏の論は「今現在直面しているアジアカップにおいては」という状況で述べられているものです。

結果にこだわれ、というdorogubaさんの主張は尤もではあるのですが、「結果より内容」とゆう風潮に憤慨されすぎて、論理も論法も乱暴過ぎで、また文面も先人への敬意に欠くものに思われます。
カンジ
2007/07/09 09:35
何か他人の批判ばっかりだな
アンパン
2007/07/09 15:06
最近荒れてるよね。dorogubaさん
この記事にしても、敬称なし。しかもおっさん呼ばわり
極論を持ち出して相手に反論(これは最近増えてる)とかいったいどうしちゃったんだろ。


まあ個人のブログだし書き方は好きでやればいいけど。なんだかね
くぁws
2007/07/10 00:19
今日の試合を見た上で書いている。おれは千葉サポだがdorouguba氏の言うことに基本的に賛成

爺さんには是非成功してもらいたいとは思うが、評価は内容と結果両方問うべきだと思う。やはりキモというところで結果が出ないのが仮に運の悪さだったとしても、運が悪いこと自体がとても大きな問題であり監督業の本質の一つと思う。アジアカップはキモと言えるポイントだろう。

ただ爺さんはその辺十分わかってて、ネガティブ発言は勝つ気の裏返し且つ楽観が代表を蝕むのを恐れるが故だろう。言葉が捻くれてるから腹立たしいとは思うが、性分だからその辺は汲んで判断してやって欲しい。

千葉の選手で呼んで良いのは羽生のみ。あとは値しない、つーか呼ばないでくれと思う。サポとして忍びないんだよな、drouguba氏が書いたことは正論だし、批判に対して反論出来ないから。オレは千葉の選手を胸張って心から迷い無く応援したいので、だから千葉に専念させてくれよと言いたい。

ああ、オレは心から悲しい..
千葉サポ
2007/07/10 00:21
コージさんへ
どうもです。やはり引っかかりました? 「内容重視という言葉が結果をおざなりにしそうな風潮」は同意でして、あえて取り上げてみました。まぁ本来なら取り上げるまでもない文だと思いますけど。
EERさんへ
リスペクト? ないですよ。
RRさんへ
「油断するな」ですね。「結果って全てを包んでいるから結果という言葉」はそうかもしれません。U-20はがんばってほしいですね。
doroguba
2007/07/10 23:33
ネスさんへ
そもそも「内容はぼろぼろなのに結果だけは残してしまったため」という考えが、私には傲慢に思えますし、ジーコや選手たちに対してリスペクトを欠いていると思ってます。
ごまかしと思っている人は、もっとサッカーというスポーツの本質を考えて方がいい気がします。どんな大会であれ結果を残すのは簡単じゃないですよ。
カンジさんへ
選手や監督は勝利という結果に戦っているのに、結果を度外視して内容を語るのは変でしょっていうことです。あと、別に選手だって観客だって評論家だって、監督を評価はしますよね。たとえば2002年のアイルランドのロイキーンとマッカーシーみたいに監督と選手が対立することは「評価の延長線上」だと思いますし、観客の声が世論となって監督人事に影響することもあるかもしれません。決定権を持っているのは「協会スタッフ」なんでしょうけど。敬意はないです。
doroguba
2007/07/10 23:34
千葉サポさんへ
「ネガティブ発言は勝つ気の裏返し且つ楽観が代表を蝕むのを恐れるが故」はわかりますが、その発言の影響力をもっとオシム監督には考えてもらいたんですよね。千葉の選手の招集に対してはオシム監督が必要と感じるならそれでOKだと思うんです。そこにオシムの色や趣向や独断と偏見があって当然だと思うんで。ただ、それをあたかも「オシムの色や趣向や独断と偏見」がないかのように書くのが許せないだけです。千葉にはぜひがんばってJ1残留してもらいたいですね。
doroguba
2007/07/10 23:35
>傲慢に思えますし、ジーコや選手たちに対してリスペクトを欠いている>と思ってます。

いや、そこは論点にはしていません。
私自身の考えが傲慢だろうが傲慢じゃなかろうが関係なく、アジアカップで「結果によって見逃されてしまう改善すべき点があった」のは事実だと思いませんか?
それともdoroguba さんは結果さえ残せれば内容はどうでもよかったのでしょうか?
そこを聞きたいのですが。
ネス
2007/07/11 01:42
こんにちわ。
白か黒かって話をしたがる人が多いけど、
要は、内容よければ、結果どうでもいいな流れに異をとなえてるだけだと思うんですよね。
あまりに軽視しすぎてないか?というか。
個人的には、内容で検証するのは、結果が出なかった後にあくまですべきだと思う。
まずは、結果だと思う(すぐ、じゃ解任だ〜!は極端だと思うけど、疑問符は投げるべき)
結果がでなかったけど、内容は○だな。間違ってない。運、不運もあった。
そこで、はじめて、オシムに任せよう。信じよう。じゃないかと。
W杯が全てだ!それまではただの強化試合に過ぎない、そういう見方もあるかもしれないけど、
日本、アジアのサッカー界を盛り上げるためにも、それじゃいけないのでは?
アジア杯を、アジアの欧州選手権のような権威ある大会にしていく為には、
おごりある言い方かもしれないけど(オシムに怒られる?w)
アジアを引っ張っていかなきゃいけない立ち場の日本が、アジア杯をそういう強化試合的な位置づけしてたら・・
望むべきないですよね。
キキ
2007/07/13 07:59
>ネスさんへ
内容も重要だと思いますよ。ただ、それは試合の結果に準じるものであるべきではといいたいわけです。
>キキさんへ
どもうです。「アジア杯を、アジアの欧州選手権のような権威ある大会にしていく」は同意です。「強化試合的な位置づけ」は個人的には残念ですけどね。まぁUEFAみたいになるのは難しいとは思いますが。
doroguba
2007/07/14 03:20
「アジアカップでノルマが必要なのか?」という後藤健生のコラムを読んで。 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる