doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オシム日本代表対オーストリア代表」適当&いい加減な雑感&辱を認識できないことの怖さ

<<   作成日時 : 2007/09/10 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

■2軍で大敗+相手国サポーターからも大きな拍手=国辱?

日本は序盤、好スタートを切った。必死の防御でオーストラリアの攻撃をしのいだ。勝てる可能性と次戦まで中3日という試合間隔を考え、2チーム分担制で臨むジャパン。この試合は控えメンバーで臨んだが、意外な踏ん張りに相手国サポーターからも大きな拍手が起こった。http://www.nikkansports.com/sports/rugby/wc/2007/p-sp-tp0-20070909-253583.html

2チーム分担制は賢いのか? 愚かなのか? まぁ、どちらにせよオーストラリア戦が無様だったことは間違いないですね。相手国からの拍手? そんなお情けをうれしくないでしょ。民放でボケッと見てたけど、ワールドカップの大会の放送でラグビーのルールとか説明するのはどうなんだろ。まぁ国辱シーンをエンターテイメントなものに変えるのが難しいのはわかりますが、そもそも国辱という意識がないところが罪なんでよね。きっと10年後も20年後も30年後も、ワールドカップ放送のたびに毎回イチからルールを説明することになるんでしょうが、まぁサッカーがそういう状況から脱しただけでも良しとすべきかもしれません。

■2軍を起用して国辱を味わうよりは、すべての試合をPK戦にまで持ち込むほうがマシ?

オーストリア戦は無得点だったが「サイドバックと中盤で相手のサイドをつぶした」と守備に光明を感じている。スイスの攻撃も堅守で踏ん張れれば、黄金の左足が輝くチャンスは自然と増えてくる。 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/09/10/10.html

先週の金曜日は仕事の都合できちんと試合が見れなかったんですが、この試合で語るべきポイントは「4バックでちゃんと守れた」ことだと思ってます。特に、中村俊輔が上で言っているように、「サイドバックと中盤で相手のサイドをつぶした」という発言は聞き捨てなりません。スイス戦もぜひ「4バックのゾーン中心」で挑んでもらいたいなぁ。スイスのサイド攻撃はオーストリア以上なのは間違いないですが、その攻撃をどれくらい抑えることが出来るか注目したいです。ちなみに阿部がボランチで出場してたら3バックにしていたんでしょうか? そこはけっこう気になるところ。攻撃に関しては、まぁ別にこんなものでしょう。引き分けを想定して戦って、引き分けで終えたと考えれば、想定どおりに試合ができたことを褒めるべきな気もしますし。攻撃について。オシム日本代表のポゼッションサッカ−の根底にあるのは「負けないこと」になると思うんで、そこからのゴールを期待するのは厳しい気もします。

オシム 根本的に優秀なFWというのは、どのチームにも必要である。ただし、例えばバルセロナなどを見ていても、彼らは素晴らしいFWがたくさんいるにもかかわらず、毎年新しい選手を探している。これはすべてのチームに当てはまることだと思う。質の高い優秀なFWを探し求めるのは、どこのチームでも苦労している。われわれには、フランクフルトでプレーしている、非常に優秀なFW(高原直泰)がいるが、彼だけに頼ることはできない。けがやレッドカードで出られない状況も考えて、今日の試合はある意味、良いテストになったと思う。もちろんイングランドやイタリアなどでも、優秀なFWというものは求められている。Jリーグでは、FWのポジションはよくブラジル人選手がスタメンでプレーしているので、日本人の個の高い能力を持ったFWが出てくるのは難しいかもしれない。ブラジル人が日本人になるには、少なくとも6〜7年はかかるだろう。その時期には、私は死んでいるかもしれない(笑)。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200709/at00014565.html

そもそも、オシム監督が言うとおり決定力不足はすべてのチームに当てはまることなんで、日本代表だけが決定力不足ではないと認識するのは正しい気がします。じゃその低い決定力をどう高めていきましょうって話になるわけですが、現状もっとも可能性があると思うのはやっぱ「プレス守備からハーフカウンター」(またの名前を奪って10秒攻撃)か、「セットプレイ」(またの名をゴールの80%はセットプレイから)の2つだと思うんですが、W杯決勝トーナメントに行けるくらいの実力がある国は、それにプラスしてミドルシュートからゴールできる力を持っているんですよね。当然オシム日本代表も、その攻撃パターンを磨いていくことになるんでしょうが、最終的にはそういうミドルシュートがうまい選手を使いこなせるか、もしくは使うかって話になるんでしょう。現状その役割は中村謙、阿部、稲本の3人に求められることになるわけですが、この争いはもっと単純に「ミドルシュートの決定力があるかないか」にウエイトを置いて評価してもいいんじゃないかって気もしますけどね、そういう観点で考える人はあまりいないんでしょうか? ウイングに課題な期待ををするよりも健全な思考であると思ってますが、まぁサッカー好きな人の多くは「ウイング」に夢を託すわけで。それはそれで、いいのかもしれませんが。まぁ、何はともあれワールドカップで2軍を起用して国辱を味わうよりは、すべての試合をPK戦にまで持ち込むほうがまだマシなんでしょうか? 個人的には日本人がちゃんと国辱を国辱として認識できるなら、国辱されてもいいと思ってますが、はたして?
人気blogランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。日仏ラグビーとエリサルド

日仏ラグビーとエリサルド

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オーストリア 日本をPK戦の末降す
オーストリア 日本をPK戦の末降す ...続きを見る
アマデウスの錯乱?
2007/09/10 23:48
日本代表だよね?中村俊輔の一言が、、、
中村俊輔「え? 優勝したの?」/日本代表(YAHOOニュース:ISM)眠い目をこすり、前半を見ていたが、始まってすぐに2点とられて、あっというまに敗色濃厚だったオシムジャパン...... ...続きを見る
お薬相談所??ニュースの薬相談所!!
2007/09/12 22:54

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
10秒攻撃は山本ジャパンでかなり強調されていましたね。

強調しすぎて縦に急ぎすぎてました。

ジーコジャパンは極端な遅攻でしたね
yohan
2007/09/11 20:38
>Yohanさんへ
「強調しすぎて縦に急ぎすぎてました」はジーコがよく日本のサッカーについて指摘するところですね。
doroguba
2007/09/14 04:05
「オシム日本代表対オーストリア代表」適当&いい加減な雑感&辱を認識できないことの怖さ doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる