doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯予選組み合わせ決定について

<<   作成日時 : 2007/11/27 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本にとっては北朝鮮やイラク、中国など国内情勢、対日感情で大きな問題が予想される相手との対戦を避けられたのは大きい。ただ、決して油断できない組み合わせであるのも確かだ。バーレーンとは前回大会の最終予選で2戦2勝だったものの、いずれもスコアは1―0。ホームでの試合はオウンゴールでようやく拾ったという苦い記憶がある。また、オマーンとも前回大会の1次予選で対戦。こちらもホームでロスタイムにFW久保が決勝点を入れたように2試合とも辛勝だった。上位2チームが最終予選に進出できるが、気を抜けば足をすくわれる。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=japansoccer&a=20071126-00000020-spn-spo

W杯予選の対戦相手が決まったみたいですが、正直、ちょっと嫌なグループに入ったと感じています。オマーンとかバーレーンとか、ジーコ日本代表だったからこそ苦戦したとは思えないんですが、そうでもないのでしょうか? まぁホームで勝ち点3をきっちり取ることが重要になると思うんで、ぜひとも「そういうサッカー」をやってほしいなぁと思ってます。W杯予選はホーム&アウェイというのがやっぱミソだよなぁ。オーストラリア代表が入ったグループ1は「死の組」と言われているみたいですが、単純にオーストラリアと中東の移動距離を考えただけでも死にそうですからね。オーストラリアがホームの地でどういう戦いをするのかが見ものですね。ホームで勝ち点3とって、アウェイでは引きわける。予選はこれが基本ですよ。もちろんアウェイでも勝ち点3取れれば、それにこしたことはないですが。あと日本代表とオーストラリア代表で考えどころは海外組をどうするかになるんでしょうが、どちらも新たに監督になる人がどういう選択をするのかも興味深いところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
W杯予選組み合わせ決定について doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる