doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 週末「対アーセナル戦」についての意気込みとベッカム招集

<<   作成日時 : 2008/03/22 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■ブルースを ブルースを

さて日曜日はアーセナルとロンドンダービーですが、ここはホームですし何が何でも負けられないところです。たとえ監督がアレであっても、そんなの関係ありません。スパーズ戦でスタメンではなかったアネルカとバラックが頭から起用されることになるんでしょうが、ドログバ&エシエンよりも彼らの方がレギュラーに近いってことなんですかね。ランパード&テリーは再びアンタッチャブルな存在になったみたいで何よりですが、ぜひ彼らには今後すべての試合で奮起してもらわないと。疲れたとか言いっこなしで。ちなみにプレミア上位4強の今後の日程についてFootballKingdomさんが、キレイニにまとめてらっしゃっいますが、ユナイテッドが1番リーグ優勝に近いのは間違いないでしょう。その次に近いのはアーセナル? まぁチェルシーが優勝するためにはアーセナルとユナイテッドとの直接対決に勝って、尚且つその他の試合で6勝1分という猛スパートを掛けることが出来ればギリギリ可能性ありかなって思っているんですが、正直、その可能性は限りなく低いと思うんですよね。今後の敵は上位チームでなく、むしろエバートン、シティ、ボロ、ウィガンらかなと思っているんですが、それらの相手に対して無傷で終えれる気がしないんですよね。CLの試合を挟んでますし。もちろん、優勝目指してがんばってもらいたいですが、とりあえずは宿敵アーセナルを倒すことにたのきん全力投球でがんばってもらいたいところです。負けたら? クビですね。

親方は心配顔で呆れてる、
明日は奴の首 切ってやろうか
おふくろの唄を、遠い夜空に      
ブルースを
ブルースを
あいつは今夜も演るのさ
http://gyouteng.exblog.jp/668069
RCサクセション/Johnny Blue

■太陽女神

サッカーのイングランド代表のカペロ監督は20日、フランスとの親善試合(26日・パリ)に向けた代表候補30選手を発表し、米プロリーグMLSのギャラクシーに所属する元主将MFベッカムがメンバー入りした。
 同監督の初陣となった2月のスイス戦ではメンバーから外れたベッカムは、イングランド史上5人目の代表100試合にあと1試合と迫っている。候補選手は今週末のプレミアリーグ終了後に23人に絞られるhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20080320-00000077-kyodo_sp-spo.html

ベッカムにはぜひがんばってもらいたいですね。んでもって、できることならプレミアリ−グに戻ってきてもらいたいのですが、まぁ戻れそうなチームがないのでそればかりは厳しいですかね。ユナイテッドはファーガソンとアレだし、アーセナルもベンゲルがアレなんでないでしょ、チェルシーとリバプールはまだ可能性ありそうだけど、ベッカムがそのAチームのユニフォーム着ている姿がまったく想像できないですよね。もちろん4強以外への移籍は考えられないし。ニューカッスルへ移籍とかあったら笑いますが、そもそもプレミアに残れるかどうかもわからんチームですしね。どうなるかは神のみぞ知るという感じですか? まぁ、ニューカッスルの選手のみなさんにはぜひ残留争いを楽しむ気持ちでがんばってもらいたいですね。というわけで、本日は時間がないのでこのあたりで。
Sun Goddess - Ramsey Lewis

人気blogランキングへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
週末「対アーセナル戦」についての意気込みとベッカム招集 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる