doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔の3連戦を終えて、チェルシー・グラント氏の仕事振りを振り返る または氏は本当に悪魔と契約したのか?

<<   作成日時 : 2008/05/02 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

4月22日 欧州CL 対リバプール第1戦。
GKチェフ、DFアシュリーコール、カルバーリョ、テリー、フェレイラ、MFマケレレ、ランパード、バラック、FWマルダ、ドログバ、ジョーコール

4月26日 プレミアリーグ 対マンチェスターユナイテッド
GKチェフ、DFアシュリーコール、カルバーリョ、テリー、フェレイラ、MFミケル、エシエン、バラック、FWカルー、ドログバ、ジョーコール

4月30日 欧州CL 対リバプール第2戦。
GKチェフ、DFアシュリーコール、カルバーリョ、テリー、エシエン、MFマケレレ、ランパード、バラック、FWカルー、ドログバ、ジョーコール

■3連戦のスタメンを振り返って

改めて4月22日からの3連戦のスタメンを書き出してみました。チェフ、テリー、カルバーリョ、アシュリーコール、バラック、ドログバ、ジョーコールの7人が、この3連戦すべてにスタメン出場しています。またエシエンはCL第一戦で出場停止、ランパードはユナイテッド戦で身内の不幸のため欠場だったわけですが、そのような事情がなければ彼ら2人もスタメンで起用されていた? まぁわかりませんが、今回の3連戦を前に私はこんなことを書いていました。

■ベストメンバー問題、再び!

戦力落として宿敵マンチェスター・ユナイテッドに敗戦し連勝記録がストップすることになるのは避けたいわけで、そう考えるとやっぱ3連戦をほぼベストメンバー(主力メンバーは固定)で戦うべきだと思うんですがどうなんでしょう? ローテーションニスト&チキン采配のグラントがそんな非合理的な戦い方を選択するとはあまり思えないんですが、3連戦のうちどの試合を軸にして、どの試合を捨てるのかがやっぱポイントになるんですかね。http://doroguba.at.webry.info/200804/article_7.html

私の願いどおり(?)、グラント氏は3連戦をほぼベストメンバーで戦ったわけですが、結果から考えるとそれは正しかったと思っています。コンデョション的な面から考えるとローテーションを駆使しても間違いではなかったのかもしれませんが、それよりも「ベストメンバー」「コンビネーション」や「勢い」や「団結?」という面を重視して戦ったことが好結果につながった気がしているんですよね。思い返せば個人的にグラント氏がカーリングカップ決勝前後に下手なローテーション戦術を駆使したことからケチを付けはじめたわけですが、あの時の失敗から学んで今回は、ある程度メンバーを固定して臨んだんでしょうかね。まぁわかりませんが、そのあたりの采配については聞いてみたいところです(って、既にどこかでそれについて答えているのならすみません)。

■評価

まぁエシエンの使い方に関してはちょっと不満がありますし、試合中の交代策についてもクビを傾げたくなるようなものが多々あるんですが、この3連戦で下手なローテーション策をしないで主力選手を固定して戦ったことに関しては評価したいなと思っています。ちなみに、マルダのどこを評価しているんでしょう。いい選手であることは間違いないと思いますがチェルシーでは正直まだフィットしてないと思うんで、CLリバプール戦で起用していた理由がイマイチわからなかったんですよね。SWPに何か問題が生じていたんでしたっけ? まぁ監督の好みの問題もあるんでしょうし、それはそれで尊重したいのですが…。

■変化した?

CL決勝進出を決めた後だったか、確かスカパー解説陣がモウリーニョからグラントに代わってチェルシーのチームカラーも変化したみたなことを言ってましたが、私はそんなことないと思っています。モウリーニョ時代から“熱いチーム”でしたし、団結していましたよ。そこがある意味、モウリーニョチェルシーのチームカラーだったと思うし、グラントに代わってから団結しメンタル的に強くなったってわけじゃないと思うんですよね。

■アンタッチャブル

そういえばモウリーニョ監督時代にアンタッチャブルと呼ばれていた選手たちは誰でしたっけ? この3連戦でずっとスタメン起用されていた選手たちの中に、あおのアンタッチャブルがいったい何人いたのか。そういった面から、今回の3連戦を考え直してみるのもいいのではないでしょうか?

■感謝

もちろん今回のCL決勝進出を成し遂げたのはグラント氏であることは間違いないですし、いつまでもモウリーニョを持ち出すのは建設的でないこともわかってはいるんですけどね。最後に「昨日の風はどんなのだっけ?」さんが私のエントリーを引用してくださったみたいで感謝です。エシエンは確かにすばらしかったですよね。サイドバックでなく中盤で起用されていたら、もっと活躍してくれた気もしてますが、さてのこり3試合でエシエンはどういう使われ方をするんでしょうか? 次はニューカッスル戦。思ったとおり調子上げてきているので難しい戦いになるんでしょうが、下手に守備重視でいかないで撃ち合いを制するくらいの気持ちで戦えば、勝機ありだと思ってます。今のチェルシーの強みは”勢い”なわけですから、ぜひそこをフィーチャーして戦ってほしいですね。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
マケレレ、ランパード、バラックにほかのポジションはできないですが、エッシエンは違うということではないでしょうか。
彼がポリヴァレントなおかげで交代枠の使い方に余裕ができます。
モウリーニョのときよりSBのハードワークが求められるので彼の貢献度はかなり高いはずです。
もっと評価して欲しいですね。
MVP
2008/05/03 23:31
エッシェンを中盤で使えればいいのは自分も思ってますが、戦力の兼ね合いでSBで使ったほうが良いという判断なんでしょう。エッシェンのパフォーマンスもかなり良いと思いますし。
黒人・アフリカン系の身体能力を持つSBが増えている気がしますが、エッシェンのフィジカル、SBとしていいんじゃないですか?
ok
2008/05/04 09:54
>MVPさんへ
ポリヴァレントであるのはすばらしいですよね。ただやっぱMFが一番生きるとは思うんですけどね。
>okさん
「エッシェンのフィジカル、SBとしていいんじゃないですか」はそうかもしれないけど、個人的にはベレッチのやわらかさとか好きなんで、もっと使って欲しいなと。
doroguba
2008/05/08 23:57
魔の3連戦を終えて、チェルシー・グラント氏の仕事振りを振り返る または氏は本当に悪魔と契約したのか? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる