doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS インテルがマンチーニ解任!  「I Want You」&天使が僕らを誘惑する

<<   作成日時 : 2008/05/31 05:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 いい〜〜曲ですね!…えっとー(笑)今聴いても全然大丈夫だなこの曲は。
なんて思って誇らしげですけどちょっと…なんて。小西さんの歌詞も凄いで
すねこん時。それでこの若かりし頃のわたくしのヴォーカル、ね、えー(笑)
という感じなんですが。この曲はそのうち俺ライヴでやる可能性高いです。
そのうちやろうかななんて思って。実はね、前回のビッグクランチツアーで
もこの曲「誘惑について」をやろうかなと思った時期があったんですけど、
ちょっと練習する時間が無くて結局やらずじまいでしたけど。次のツアーで
ひょっとしたらやってみようかな、なんて思ってる訳なんですが。
http://www.ne.jp/asahi/original/love/broadgraphy/burst/97.html



天使が僕らを誘惑する。僕らは奇跡を愛し合う。


インテルはクラブ公式HP上で、同監督に解任を伝えたことを明らかにし、その理由として「特に、リヴァプール戦のあとになされたコメント」があるとしている。マンチーニ監督は、3月に行なわれたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でリヴァプール(イングランド)に敗れたあと、今季限りで退任する意向を表明。その直後に発言を撤回したものの、今季限りで退任との噂が絶えなかった。

後任としては、かねてよりイタリアかスペインのチームで指揮をとりたいと公言していた、元チェルシー(イングランド)監督のジョセ・モウリーニョ氏が有力視されている。そのチェルシーは先ごろアヴラム・グラント前監督を解任しており、マンチーニ監督がこれを引き継ぐのではないかと噂されている。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080530-00000011-ism-socc

やはり新監督はマンチーニなのであろうか? 個人的にマンチーニは嫌いではないので大歓迎なんですが、テン・カーテを切ってまで迎え入れる監督なのどうかは微妙な気も。まぁテン・カーテの監督としての手腕は「?」だし、インテルで監督として結果出しているマンチーニ招聘はわかるんですが、おもしろいサッカースタイル云々とか言うならテン・カーテのままでよかった気もするんですけどね。というかイタリアとオランダならオランダサッカーのがおもしろい?みたいな。いやいや、もちろんマンチーニが目指すサッカースタイルがいわゆるイタリア的でないのはわかりますよ。ただ、やっぱマンチーニだって人の子。イタリア人であるのは間違いなわけで、歯車がひとつ間違えればイタリア的なカテナチオになってしまう確率は高いと思うわけですよ。

まぁ、そんな「つまんなくても勝てばいい」というスタイルは、ある意味チェルシー的というかモウリーニョ的でもあるわけで。そう考えると、このインテルとチェルシーでの監督トレードの話はそれほど割る着ないのかもしれないですな。

最大の功績は、マーヴィン・ゲイの「I Want You」でしょうか。ウェア自身のソロ・アルバムに予定していた音源を、マーヴィンのヴォーカルに差し替えたエピソードは、あまりにも有名。決断は大ヒットとなって実を結び、リオン・ウェアの名声も一気に高まりました。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kt-tokyo/leonware.html


ORIGINAL LOVE  I WANT YOU

オリジナルラブによるマービンゲイのカバー。すばらしい。この頃のオリジナルラブは好きだなぁ。この頃のオリジナルラブって確かに日本的オリジナリティという面では厳しいんだけど、カッコイイんですよね。黒く染まっていて。真っ黒に染まろうと努力していて。どうあがいても所詮は日本人で黒人にはなれないのは承知で、それでも黒くなろうとしているところがカッコイイといいますか。それは狙ったカッコヨサではないんでしょうが、狙ってないところがまたカッコイイ。

ORIGINAL LOVE ショウマン(Showman)

冒頭で紹介しているピチカート時代の「誘惑について」も好きな曲の1つですが、うまい下手でなくて「ソウルミュージックのかっこよさ」をうまく体現しているところが田島氏のすごいところなのかなって思う次第です。小西さんも同様ですが黒人音楽に対する姿勢というか解釈の仕方がすばらしいというか共感できるというか。もちろん歌がうまいにこしたことはないんだけど、うまい下手だけの問題ではないんだよね。

marvin gaye - i want you

まぁ本家マービンゲイと比べちゃうとやっぱ厳しいんですが。「ショウマン」あたりが醸し出している哀愁さとかは、日本人的には「I want you」よりむしろ共感しやすいのかもしれません。個人的には「ショウマン」よりは「誘惑について」のどこかアンバランスで変態チックなところのが断然好きなんですが、そのあたりは好みの違いということで。
言わばモウリーニョとマンチーニのどちらが好きか嫌いかみたいな。

ORIGINAL LOVE SITE
ほぼ日刊イトイ新聞 「田島貴男のオレのニュース」

人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。



変身
変身

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
インテルがマンチーニ解任!  「I Want You」&天使が僕らを誘惑する doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる