doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 緊急投稿! サッカー日本代表観客動因下落を考える 題して「代表チームの試合に娯楽性を求めるなら」

<<   作成日時 : 2008/06/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

日本程度の、といってはなんだが、まだ世界的な実績をほとんど残していない国でありながら、かくも代表チームの試合に娯楽性を求める国は珍しい。皮肉ではない。その珍しさが、日本代表を独特の存在に育てていく可能性はあるからだ。http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2008/06/post_1098.html

「代表チームの試合に娯楽性を求める国は珍しい」って言うけど、そうなんですかね。私はどこの国もサッカーに「娯楽」を求めているけど、「娯楽」に対する考え方や価値観が違うだけな気がするんだけどね。美術館で名画を眺めることに「娯楽」を感じる人もいれば、アイドル歌手を追っかけることに「娯楽」を感じる人もいるわけで。単にその違いだけなんじゃないかなと。

で、ポイントは日本人がサッカーに求める「娯楽」が何なのかって話になるわけですが、観客増員のためにはここをしっかりとマーケティングする必要があると思うんですよね。もちろん求める娯楽が千差万別なのは当たり前ですし、単純に「日本人」と大きく括って話をするのは危険なんですが、そんなこといってたらビジネスマンとしては失格なわけでして。ちゃんと分析したり研究したりすれば、サッカー日本代表の「売り上げアップ」することも不可能ではないと思うんですが、そうでもないんでしょうか。たとえばこれを参考にするとか。

白戸家のCMシリーズは放送開始直後から話題となり、先日発表されたCMタレントの好感度調査では女性部門の1位に娘役の上戸、2位にお母さん役の樋口、キャラクター部門の1位はお父さん役を演じる犬が受賞している。また男性部門では8年連続のSMAPの木村拓哉を抑えて兄役のカーヴァーが1位に輝いており、感想を聞かれると「予想外デシタ!」と照れていた。http://news.livedoor.com/article/detail/3668853/

「キャラクター部門の1位はお父さん役を演じる犬が受賞」ですよ! 犬ですよ!犬。ドックですよ。ドッグ。ワンちゃん。ワンちゃん。王監督ではないですと。王では。これぞ現代日本人の「娯楽性」です! この感覚です。感性です。いわば「すべてがギャグに染まるまで」って感じです。ギャグかどうかわけりませんが、おもしろければいいんです。たぶん。という風に考えて「日本代表」をマーケティングしてみるのはいかがでしょうか? 犬を代表コーチに招くとかすれば、たぶん観客増えると思うけど、そういう客はいらないですか? 何いらないって?? 

戯け! そんなキレイごと言ってられなだろ!

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
世界最高のサッカー王国がもっとも娯楽性に厳しい代表サポーターのような気がするんですが、どうでしょうか? つうか、娯楽性を求めるのはエンターテイメントとして当たり前なわけで、競技であることも当たり前。両立するからプロと呼ばれるのだと思うんですが……まあ、良いサッカーしているクラブには自然とサポーターが引きつけられるものだと思いますが、どうでしょうか。
RR
2008/06/07 09:03
>RRさんへ
おっしゃるとおり娯楽には違いないと思うんですが、その感覚には違いがある気がしてます。私はいまこそ代表も新潟の集客を見習うべきだと思うんですけど、まぁ無理ですかね。
doroguba
2008/06/08 19:01
緊急投稿! サッカー日本代表観客動因下落を考える 題して「代表チームの試合に娯楽性を求めるなら」 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる