doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「シティ対チェルシー」プレビュー&オシムの直近の言葉

<<   作成日時 : 2008/09/12 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「シュガーヒル」はハーレムへのA線の走る道路の左側にある小高い丘です。
道路の名前とハウスナンバーで、何処にでも正確に行ける道路地図には記載されてい
ないのかも知れません。
8th Ave.より西側は丘が連なっているような地形です。
(8thは確か今はハーレムあたりはアーサーキングジュニア通りか何か別の名前が附
いていますが)
http://www014.upp.so-net.ne.jp/komati-nikki/sugar-hill.html
A列車で行こう Take the 'A' Train

■オシムの直近の言葉?

ビッグクラブからのオファーを蹴り、常に強者に立ち向かってきたオシム氏らしく、「もし私にどこに優勝してほしいかと聞いてきたのならゼニトと答える。ゼニトは一服の清涼剤のようなもので暑い日にレモンを入れた水のようなものだ」と、独特の表現を用いて、ビッグクラブに挑むゼニトの躍進を願った。
 また、「もし良い監督を呼んだからといって優勝できるのであれば、選手に期待することなく監督を呼んで来いということになるだろう」と、モリーニョを招へいしたインテル(イタリア)、スコラーリが就任したチェルシー(イングランド)など、名監督を呼んでタイトルを狙うチームを意識したコメントも残した。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20080912-00000000-spnavi-socc.html

ゼニトがどんなチームなのか非常に気になっているんでCLでの戦いぶりを楽しみにしているんですが、このチームを押すのはオシムさんらしい気もします。「暑い日にレモンを入れた水のようなもの」って表現は私のようなマグルには難しすぎですが、要はダークホースだよってことなんでしょうか? 日本語に直訳しただけだと言葉の真意はわからないんですが、そんな感じ?

いやいや、オシムさんの「言葉」はやっぱおもしろいし深いなぁ。日本代表での仕事についてはいろいろ言ってましたが、基本、嫌いな人ではないんです。そもそも、あの年齢で「昔のサッカーの話」だけでなく「今の欧州サッカー」について語れるところは、マジでスゴイと思うし尊敬に値すると思うんですよね。まぁヨーロッパにはそういう「サッカー大好きなおじいちゃん」って普通にそこら辺にいそうだけど、オシムさんはやっぱ別格なんでしょうか? 残念ながら日本にそういう「サッカーの話ができるおじいちゃん」ってあまりいない気がするんですよね。野球の話できる老人ならいそうだけど、たとえば「センデロスはセリエAで通用しますかね?」で話が通じるおじいちゃんはあまり日本にいない気がするだけど、どうでしょう。って世界中にもそんなにいないか(笑)。ちなみに別にセンデロスの話なんて本当はしたくはないのですが、いつぞやの日本代表絡みの試合の後でオシムさんが親しそうに彼と話していたのを思い出したので、例にしてみただけです。本当はチェルシーがウイングを捨てたことのメリットデメリットについていろいろ聞いてみたい! というか話してみたい! そういう話ができるおじいちゃんってステキだ。自分もそうなれればうれしい。まぁサッカーにいつまでも興味を持ち続けてられるかはわからないけど。というわけでスカパー!で15日に放送予定の『オシムが語るUEFAチャンピオンズリーグ』。楽しみに拝聴したいと思ってます。

■対シティ戦

マーク・ヒューズ監督は「私がロンドンで彼(ロビーニョ)に会ったとき、彼は開口一番に『試合が待ち遠しい。チェルシー戦が待ち切れない』と話したよ。これはいい兆候だと思う」とコメント。2010年W杯南米予選などもあり、まだチームの全体練習には参加していないロビーニョだが、「すぐなじんでくれると大きな期待をかけている。ブラジル人のチームメイト(ジョーとエラーノ)がいてくれることも、彼の助けとなってくれるだろう」と、チームには問題なく溶け込めるだろうとの見解を示していた。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20080912-00000013-ism-socc

因縁の対決(?)と言えるのかわかりませんが、シティ戦。個人的には「絶対に負けられない戦い」であると思っていますが、注目のロビーニョは果たして出場するのでしょうか。ここは、ぜひ一つ出場してもらってチェルシーDFの洗礼を受けていただきたいのですが(笑)、出場するとしたらウイング的なポジションになるんですかね。今期のシティのフォーメーションはよく知らんのですが、ブラジル人のジョーがワントップに右SWP、左ロビーニョ、トツプ下にエラーノの4−2−3−1みたいな感じか?

この前のサンダーランド戦はエラーノをスタメンで使ってなかったみたいですが、彼の使い方も気になるところです。ホームでの戦いなんで攻撃的にくるなら起用するんでしょうし、チェルシー相手ということで守備的に戦うなら勝負どころで投入なんてことも考えられますね。ボランチはハマン&フェルナンデス(またはマイケルジョンソン)? コンパニを中盤で使っているんでしたっけ? まぁ、そのあたりは始まってからのお楽しみということで。

■対シティ戦A

一方のチェルシー。エシエンが怪我で欠場するのは確定だと思うんですが、バラック&ジョーコール、ドログバは出れるのかしら? ミケルが戻るみたいなのでアンカーは彼で決まりと思うんですが、デコ、ランパード、アネルカ以外のフェリポンの選手起用方法にまず注目したいです。例によって「ウインガーを使わない」布陣だとしたら、シティの両ウイング(SWP&ロビーニョ)とのマッチアップが試合を左右しそう。昨シーズンのスタンフォードブリッジでの戦いではチェルシーがサイドで数的有利な状況を作り出して大差で勝利したわけですが、今回の戦いでもサイドの攻防がカギを握るんでしょう。基本ポゼッションではアウェーとはいえチェルシーが上回ると考えているんですが、右サイドでの「デコ+ボシングワ+誰か」の3人による崩しが機能すればチェルシーが有利か? シティのロビーニョがどれくらい守備をするのかにもよりますが、チェルシーがきっちりポゼッションできればシティの左サイドを崩せる可能性はかなり高いと思っています。で、右でボールを持てれば必然と逆サイド(左サイド)での「ランパードの2列目からの攻撃参加」も機能すると思うんですよね。アネルカ&ジョーコールがDFを引き連れて左右に散って、空いた中央からランパードがミドルをドカンもしくはフワリ。今期何度も見ているこの形ですが、もうそろそろゴールを決めて欲しいですね。デコに遠慮しないでいいから。

というのがチェルシー的な理想な形。まぁアウェーなんでそんな簡単にやらせてもらえないと思うし、マークヒューズ監督が中盤にコンパニ、ハマンとか起用して守備を固めてひたすらカウンターを狙うという「なんだ監督はエリクソンでよかったんじゃん」的なサッカーで来るなら苦戦する可能性もありますが、たとえそんな「カウンターサッカー」でこられてもアウェイでの戦いであっても、チェルシー的には今期のテーマである「ポゼッションサッカー」をしっかりと遂行したいところ。確かにSWP、やブラジル人トリオがいるシティのカウンターは脅威ですが、それでやられないような「ポゼッション戦術」を我々に見せて欲しい。今シーズンのチェルシーはその戦い方が基本だと思うし、シティクラスの相手ならその戦い方で勝たないと4冠は難しいでしょう。前節、勝ち点3取れなかったわけですが、2週連続で勝ち点を落とすようだと現実的にタイトル獲得は厳しくなると思うんでぜひともがんばってもらいたいです。
人気blogランキングへ
↑おもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私もゼニトに癒されているサッカーファンです。
ゼニトが一番いいサッカーすると私が言っても説得力ないので心強いところです。
動きの質が高く美しい攻撃サッカーをするチームです。
以前紹介したポルトガル代表のダニーが加わりました。
(攻撃の質が)いいチームは勝負強くはないものなのでCLは期待していないのですが、オシムとここまでサッカーの好みが合うとは思いませんでした。
あまり話してみたいとも思いませんが、昔話の記事はあまり見ないですね。
こういう人は幾つまで生きるんでしょう。

シティーのAlvezJOはどうでしょう。(ダニエルはブラジルのインテルナシオナルへ、ドゥドゥはオリンピアコスへ行きました)
とんでもないチームに入ってしまった気もしますが。スピードも高さもあり強烈な左足を持つワイルドな選手ですが、ワントップより相方がいたほうが点が取れるとおもいます。

ワントップならロマン・パヴリューチェンコですね。
連係プレーが得意なロシア人はなかなか海外で活躍しませんが、彼はちょっとだけ期待してます。。
CSKA352
2008/09/14 02:20
シティーはまだまだですね。中盤のパスワーカーがいないのが痛すぎます。器用なタイプもいないし、SWP使うのならアイルランドが逆サイドでは決定力に問題がある。サバレタをボランチにしそうですが……
チェルシーはずいぶん複雑なシステムやってる感じですが、両SB特にアシュリーコールが凄かったです。守備は相変わらずですし、攻撃面だとランパードが吹っ切れたようなプレーしてますしね。ジョーコールがキーマンになりそうだけど。てか、4−5−1でしたね。今シーズンは確かに変わった感じがします。
RR
2008/09/14 19:20
コメントさせていただきます。この試合の関してはチェルシーにあってシティーになかったの物は中盤に展開力のある選手でしたね。ランパードとデコの二人がいればゲームは形作られます。ランパードはビルドアップ時はDFラインまで下がり、そこからロングパスで裏狙ったり、いつの間にか相手ぺナに進入したりと縦横無尽で点も取るし。日本にもこんな選手がいてほしいと思ってしまいました。
ruizon
2008/09/14 21:48
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/n/newcastle_united/7615618.stm
 マイク・アシュリーが切れましたなぁ。
 「そんなにごちゃごちゃ言うなら、面倒みねーよ」ということで、ニューキャッスルは売りに出ました。
 しかし、おかげでクラブはさらなる不安定化で、アシュリー解任運動をやったことはサポにとってこれが望んだ結果だったのかどうか。
 Jリーグでもよく「社長やめろ」というのがよくありますが、あれも不思議なもんでバルサみたいなソシオ制で自分らに所有権があるならクラブ存続は前提条件として保証されているので、首をすげ替えることもできますが、そうでないクラブでこれをやるとクラブの存亡さえ危うくなることもあるのに。
蹴球
2008/09/15 19:57
>CSKA352さんへ
ゼニト楽しみですが、初戦がユベントスとでしたっけ? 注目したいです。JO選手はいい選手だと思いました。きっとプレミアで成功することでしょう。
>RRさんへ
シティはそんな急には変わらないと思っていたんですが、前線の3人はそこそこやりそうですね。前後分断サッカーでもそれなりに結果残せる気もしますし。仰せの通りチェルシーは変わりましたが、ポイントは接戦をいかにものにできるかですかね?
doroguba
2008/09/16 21:56
>ruizonさんへ
ランパードは縦横無尽でしたね。これでヘディングシュートが上手ければいうことないんですが、まぁチェルシーに欠かせない選手であうのは間違いないですよね。
>蹴球さんへ
ニューカッスルはどうなるんでしょうかね。とりあえずはワイズが責任取って今期がんばるべきな気もしますが、どうなんでしょう。昨年のチェルシーのように。
doroguba
2008/09/16 21:57
プレミア「シティ対チェルシー」プレビュー&オシムの直近の言葉 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる