doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS CLローマ戦について

<<   作成日時 : 2008/11/05 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

惨敗ですね。一言で言えば「戦術」で負けたってことなんでしょう。

つまり、今季のフェリポン・チェルシーには「攻略法」があって、それを実行できる選手と監督がいれば勝てるってこと。

チェルシー攻略法とは、簡単に言えば「カウンター」なんだけど、今季のフェリポン・チェルシーはここまで「それ」を徹底できるチームに対してあまりにノープラン過ぎるんですよね。
正直、このままじゃチャンピオンズリーグで結果残すことは難しい。プレミアリーグは十分にタイトル取れる可能性あると思うけど。

フェリポンのスタイルは基本的には間違ってはないと思うんだけど、対戦相手や状況に応じて「戦術を変化」させることも必要だと思うんです。

要は、時にはもっと「守備重視の戦い」とか「カウンター狙い」とかするとか。

多分、フェリポン的にはそんな「戦術の二重構造」的なやり方は考えてないと思うし、「ブラジリアン・ポゼッションスタイル」を更に研くことで弱点を克服しようとするのでしょうが、果たして、その方法論で上手くいくのでしょうか?

まぁサンダーランド戦の後半にミネイロ&ミケルのダブルボランチを試していたし「二重構造」的な路線変更もないわけではないのかもしれませんが、どちらにせよ早急に弱点克服の方法を考えるべきであることは間違いないんでしょう。

遅くとも、来年の2月までには克服したいところですよね。それじゃ、遅いかしら?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ASローマ チェルシーを下しグループ2位に浮上
ASローマ チェルシーを下しグループ2位に浮上 ...続きを見る
アマデウスの錯乱?
2008/11/05 23:06
CLローマ戦について doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる