doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS アーセナルに負けて

<<   作成日時 : 2008/12/02 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


敗戦には理由がある。
理由がね。

審判のせいにする人がいるかもしれないけど、本当の理由がそこにないことを僕たちは知っている。

この試合の前に、たまたまフェネェルバフチェの試合を見る時間があったんだけど、悲しいくらいに変わってました。

あたり前だけどジーコのチームとはまったく違っていたんだよね。

アレックスだロベカルだカズンだって感じで、メンバー的にはジーコの時とそれほど変わってないように見えるんだけど、やっているサッカーは全然違って見えました。
もう、それは悲しいくらいに違っていて。
あまりに哀しすぎて笑っちゃうくらいでした。
そこには未来へ通じる道がないように見えました。
あるのは過去のちょっぴりとした栄光と、クラブを愛する人たちの誇りだけ。


現実逃避はこれくらいにする?

というわけでチェルシー。
もちろんチェルシーも変わったんだけど、その変わった姿が楽しいものなのか、それとも悲しいものなのかって話。

そこには未来があるのか?それとも絶望しかないのかどちらで考える?って話なんだろうなぁ。今の状況は。

痛みを伴う考える改革になることはわかっていたんだけど、どこまでの痛さになるのかはわからなくて、どこまでの痛さに耐えなきゃいけないのかは想定してなかったわけで。だって、痛いの好きじゃないんだもん。痛くならないで済むなら、そのほうがいいしね。

残念ながら、今のチーム状況には輝かしい未来は見えない。それは、この試合のアーセナルに逆転されたあとの試合内容に被るんだけど、未来へ向けた希望の光が見えないんだ。がんばりたくても、どうやってがんばっていいのかわからず、ただ時間ばかりが過ぎていく光景をみせられるのは辛いものだ。ただ殺されるのを待つしかないって感じのピッチ上の虐殺ショー。
無抵抗主義といえばかっこいいかもしれないけど、サッカーはガンジーじゃ勝てないんだ。
同じ負けるにしても、持っている力を出しきって負けるのと、何も出来ずに負けるのでは違うと思うんだ。もちろん勝つのが一番さ。勝つにこしたことはないんだけど、勝てないならせめて希望や未来はほしいんだよね。
モウリーニョの時にはそれがあったんだ。
負けている試合展開でも希望や未来は見えたし、その願いが叶うこともあった。選手たちは最後までがんばることができていたんだ。そのやり方は知っていて、モウリーニョがそれをしやすいようにお膳立てしてたんだ。ジーコもそうだ。選手に夢を見続けさせるのか゛うまかった。

若手を使うことが、必ずしも未来へ繋がっているわけじゃないんだ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
アーセナルに負けて doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる