doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS エバートン戦プレビュー

<<   作成日時 : 2008/12/22 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スリルを決して失いたくないのかも (そしてもう一晩、そしてもう一晩)
君のそばにいるというスリル (そしてもう一晩、そしてもう一晩)
そしてもし君の涙を笑顔に変えるのに2年[カップル・オブ・イヤーズ]かかっても
僕はそうするよ 僕は思ってる あるべき状態になりたいと
http://plaza.rakuten.co.jp/miyajuryou/3010#nomorelonelynightsNO MORE LONELY NIGHTS - Paul McCartney



■寝落ち!

昨日は非常に疲れていて「ウエストブロム対シティ」戦を見ながら寝落ち。こりゃダメだと思って、注目のアーセナル対リバプール戦を見ずに寝させていただいたんですが、どうやら引き分けだったようですね。

62分にはアーセナルのアデバヨルがひじ打ちをしたとして2枚目のイエローカードで退場となったものの、その後ゲームが動くことはなく、両者痛み分けに終わった。試合後、殊勲のキーンは「我々にとってはいい結果だ。アーセナルから勝ち点を得るのは簡単なことじゃないからね」とコメント。「自分に関して言えば、クラブを去るつもりはないよ。以前から言っているようにここで長いキャリアを築くつもりなんだ」と続け、噂される移籍話を一蹴していた。http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20081222-00000013-ism-socc

リバプールのほうが有利かなと思っていたんですが、何だかんだでやっぱアーセナルはやりますね。いわゆるビック4相手にそれなりの結果を残しているのはさすがだと思いますが、この引き分けはチェルシー的には正直ラッキーでした。明朝エバートンに勝てば首位に立てますからね。シーズン途中とはいっても、首位に立てるにこしたことはないですから。またお付き合いして引き分けたりしたらガッカリですが(笑)、今度こそはぜひともがんばってほしいところ。まぁ、プレビューショウでベンゲル監督が言っていたように、今シーズンは「優勝ポイント数」は例年と比べて低くなりそう。たぶん最後までもつれることになるんでしょうが、はたして何チームが優勝争いに加わることになるんでしょうか。4チーム、それとも3チーム? ユナイテッドがこれから巻き返しを図るのは間違いないと思うのですが、当然ながらチェルシー的には今のうちにできる限りポイント数を話しておきたいところ。

■エバートン戦プレビュー

というわけでエバートン戦。FWに怪我人をたくさん抱えながらもエバートンは現在7位とは立派。開幕の頃はメンバーがいなくてどうしょうもない感じでしたが、ケーヒルやピーナールが怪我から戻ってきて調子を取り戻した感じですかね? あとフェライーニっていう若手選手もなかなかいい選手ですよね。若いけど体はできている感じだし、メンタル的にも強そうなのが何よりもすばらしい。若手といえば開幕時はどうしょうもない感じだったジャギエルカ選手もCBとしてそれなりに成長しレギュラーの座をつかんだみたいですが、そのあたりの若手の育成方法はモイーズ監督の真骨頂という感じか? とはいってもジャギエルカの守備はやっぱチェルシー的に狙い目だと思うんで、そこをいかにして攻めるのかがポイントになるんですかね。まぁエバートンはサイドのフィルネビルとレスコットの守備が固いので、そこはチェルシー的に対処が必要なところですが、高い位置からのプレスからのカウンターなど得意のアウェーでの戦いで勝機を見出したいところ。まぁたぶんアネルカのワントップなんでしょうが、ドログバをどう使うのかにも注目したいですね。

問題の解決策はふたつ考えられる。ひとつはドリブラーの獲得だが、夏に逃がしたロビーニョ(現マンチェスターC)と同等の実力者を今冬に獲得することは不可能に近い。ならば、ドログバとアネルカを併用する時間を増やし、足元主体の攻撃展開にダイレクトなアプローチを折り混ぜるしかない。これがふたつ目の解決策だ。ツートップの陣形としては、攻撃的MF陣を活かす上でも4−1−3−2が妥当だろう。それでも、サイドからの攻めが両SBに偏るという問題点は消えないが。http://number.goo.ne.jp/soccer/world/europe/20081219-1-1.html

こちらのコラムでも指摘されてますが、私もやっぱ現実的に「ドログバとアネルカを併用」が今のチェルシーのいろいろな問題の解決方法だと思うんで、この試合もそこに注目したいですね。今週は練習する時間が取れていろいろ新システムを試せたみたいですが、フェリポンがそこをどう修正したのか? ここはやっぱ気になるところ。まぁアウェーでの戦いですし「問題」は発生しないかもしれないですし、発生しないにこしたことはないんですがね。


人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
エバートン戦プレビュー doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる