doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS WBA戦プレビュー 「永遠に続くものなどありはしないというのに、誰もがこの世界を支配したがってる」

<<   作成日時 : 2008/12/25 22:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

僕は独りで計画を立てては
独りで激しく後悔する
誰か僕の心を決めさせておくれ
自由と喜びを何よりも大切にしたいんだ
永遠に続くものなどありはしないというのに
誰もがこの世界を支配したがってる
http://winter511.blog1.fc2.com/blog-entry-545.html
Everybody Wants To Rule The World





■ボクシングデイ

チェルシ−のボクシングデイというと、なんとなくフラムとの対戦というイメージがある。調べたわけじゃないけど、何となくボクシングデイの近辺でいつもフラムと対戦しているイメージがあるんですよね。中でも数年前(ラニエリ時代?)にクレスポがゴールして勝った試合の記憶が強いんですが、あれはボクシングデイの試合ではなかったでしたっけ?

というわけで明日のボクシングデイの試合についてですが、チェルシーはWBAと対戦。変則日程のためか、今期、早くも2度目の対戦で、11月の試合ではボシングワのミドルとアネルカの2ゴールでチェルシーが勝ってます。

■WBAについて

WBAといえば、その昔、稲本がいたことで日本でもなじみが深いチームでもありますが、現在のところプレミアリーグで最下位。知っている人も多いと思われますが、プレミアリーグではクリスマスを最下位で迎えたチームは降格するというジンクスもあるくらいで、状況はかなり厳しいです。もちろんまだ降格が決まったわけではないので、これから巻き返すことだってけっして不可能ではないのですが、実はその「クリスマス最下位なら降格」というジンクスを数年前に打ち破ったチームが、このWBAなんです(確か)。当時は今サンダーランドにいるキーラン・リチャードソンが1月に加入し、彼の大活躍もあって奇跡を起したわけですが、今シーズンも果たして再びミラクルを起せるのでしょうかね。

残留のためのポイントは、やっぱFWの決定力でしょうか? 先週、マンチェスター・シティ戦は、ベドナルとルーク・ムーアの2トップのゴールが生まれたわけですが、ゴールを奪うべき人がゴールできればおのずと「勝ち点」もついてくると思うんですよね。で、残留するためには特にルーク・ムーアの出来がカギを握っている気がしてます。彼のスピードを生かした攻撃を前面にフューチャーすべきだと思うんです。つまりは「カウンター」。弱いチームがゴールするのは「カウンター」か「放り込み」が効率高いわけですが、現状のWBAのチーム力で考えると前者の「カウンター」を生かしたほうが可能性がある気がするんですよ。ベドナルの「高さ」もいいけど正直、武器と言えるほど相手チームに脅威を与えるものでは気がするんです。だってプレミアリーグにはストークシティとかボルトンは、マジで「高さ」が武器なチームがたくさんあるわけですが、そういうチームと比べたらたいしたことはないように見えますからね。それよりはルーク・ムーアの「スピード」のが曲者だと思うんです。まぁ、「スピード」も、プレミアにはもっとすごいチームがたくさんあると言われればその通りなんですが。

■他所はいいとして

さて、相手チームのことはこれくらいにして、そろそろ本題のチェルシーについて。もう勝たないとヤバイです。ホームでは弱いとか言ってられません。先週はテリーの退場で後手後手に回ってしまいましたが、この試合では最初から「2トップ」でもいいんじゃないですかね。というかアネルカ・ワントップの「勝っているチームはいじらないの法則」も、もう力尽きたと思うので、ここは「新しい形」で行くべきでしょう。問題は「ドログバの代わりに誰をベンチにするか」ってことだと思うんですが、その役回りはジョーコールかバラックになるんでしょうか。個人的にはジョーコールは必要だと思うんで、「バラックごめんね」ってのがいいんですが、どうなんですかね。あとミケルを外して「4−4−2」にするってのもありな気がするけど、そこまでの勇気がフェリポンにあるとも思えないんだよな。ランパード&バラックのダブルボランチに右ジョ−コール、左デコって中盤はおもしろいと思うけど、どうなんでしょう。って、結局はいつものアネルカワントップの「4−3−3」でスタートの可能性が大ですが、何はともあれ、この試合では勝ち点3ゲットは「義務」ですので、フェリポンにはそこのところをよく心得て戦ってほしいです。

■方針変更

これまでは、「このブログを見ればチェルシーに関することはたいてい分かる!」ことを目標に、いろんな情報を網羅することを目標にして鋭意更新してきました。
 しかし、日本に戻って2年が経過し、売りだと(勝手に)思っていた「現地情報」というのももちろん書けなくなりました。http://hinakiuk.sakura.ne.jp/wordpress/?p=2508

ヒナキさんのブログにはいつもお世話になっているんですが、方針変更ですか。まぁなんとなくその意図はわかります。私もこのブログ初めて数年立つわけですが、立ち上げ当初の2005年と今では、正直モチベーションなど違いますからね。まぁ私も場合は書く内容は最初からちゃらんぽらんだったんで、方針変更とか宣言もせずに今日に至っているわけですが、昨年あたりから始めた音楽の話とか映画の話とかもだんだんネタが尽きてきているんで来年はまた考えないといけないかも。ちなみに、このサイトは「チェルシー」を全面に出してますが、アクセス数で見るとチェルシーの話題よりも日本代表とかの話題のが多いという「完全なる失敗ブログ」だと思っています。コメントいただける人も「チェルシーファンでない人」の割合のが多い気もしますし、たぶん読んでいる人もチェルシーファンでない人のが多いのではないでしょうか(笑)。まぁ、もともと「チェルシーファン御用達サイト」にするつもりはなかったんで、狙い通りと言えばその通りなんですがね。正直、数年前からアクセス数にも限界が見えているので、あまり夢や希望もありません。とりあえず現状は「続けることに意義がある」をモットーに「日記」的に運営させていただいています。今年は書き込む時間が取れない日も多くケータイからの適当なエントリーも多くなってますが、「書かないよりもいいかな」って感じで、とにかく「続けること」をモットーに運営してきました。たぶん以前から読んでくださっている方はもの足りない内容のエントリーが多かったと思うし、「マンネリ」と感じられた方も多かったと思いますが、正直、「今年はこれが精一杯だった」というのが本音です。こういう言い訳したり、弱みやを見せるのは本来は嫌いなんですが、来年からは「より本音を交えて」をモットーに細々と更新していきたいと思いますので、まだこのブログに飽きてない方はこれからもよろしくお願いします。とりあえず本年はどうもありがとうございました。って、まだ今年は何回か書くつもりだけどね。続けているのは、たぶん書くのが好きだからなんだよな。きっと。

人気blogランキングへ





シーンズ・フロム・ザ・ビッグ・チェア [DVD]
ユニバーサル インターナショナル
2005-07-27
ティアーズ・フォー・フィアーズ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
2005年からずっと読ませてもらってます。確かにチェルシーファンではないのですがいつも楽しく拝見させてもらってます。来年もまた楽しみにしてます。頑張って下さい。

2008/12/27 13:15
WBA戦プレビュー 「永遠に続くものなどありはしないというのに、誰もがこの世界を支配したがってる」 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる