doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS フラム対チェルシー超雑感

<<   作成日時 : 2008/12/29 21:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

ユナイテッドが2試合消化が少ないので現状二位には着けてますが、実質は三位かな。今のチェルシーの実力はまさにそんなところなんでしょう。リバプール、ユナイテッドと比べ、力的に劣っているなと。そう考えれば、このフラム戦の引き分けも悪くない結果と言えるのかもしれません。

正直、モウリーニョ時代の常勝チェルシー視点で試合を分析するのは疲れました(笑)。アホらしくなったとというか、それをするレベルじゃないというか。

というわけで、今後は身の丈にあったレビューを心掛けたいと思います。

まずランパード。良かったですよね。2得点は見事でした。まぁ2ゴール目はリカルドカルバーリョのおかげもあったかな。
リカルドカルバーリョ。お帰りなさい。待ってました。彼の復帰は明るい話題ですし、やっぱ彼がいるといないでは大違い。この試合でもリカルドカルバーリョがピッチに入ってからチェルシーは変わりました。

というわけで、次はいよいよユナイテッド戦ですがリカルドカルバーリョとテリーの奮闘に期待しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私、数年前にポルトガルの試合を見てから、リカルデカルバーリョ素敵☆って思ってます(^O^)笑
試合数からすると、確かにマンUはまだまだ勝ち点を稼ぐでしょうね…
プレミアリーグ、これからも目が離せませんね(・ω・)/
BUBIMIR
2008/12/29 23:06
毎試合欠かさず応援しているチェルシーファンとして、
更新されるブログをかれこれ2年くらい毎回楽しみに読んでいます。

期待して迎えた今シーズンでしたが、
最近になって私もある意味であきらめました。
もう今のチェルシーは昨年までのチームではないのですね。

今シーズンに入ってからというもの、
試合の度にあの勝負強かった頃の彼らを思っては、
ふがいない試合を繰り返す彼らと、
言い訳ばっかりの指揮官のコメントに
本当にいつも歯がゆい思いをしてました。

でも、おっしゃるとおり、
モウリーニョが作り上げた本当の意味で「強い」チェルシーとは
すでに別のチームなんですね。

もちろんプレミアもCLも十分可能性は残っていますし、
テリー、ランパード、カルバーリョ(ドログバも。。)らが、
自ら奮起して、何とか立て直してくれることを
ファンとして期待しないわけにはいかないですけど。。
gosuke
2008/12/30 18:38
海外サッカー好きのただの通りすがりです。
フェリペ監督が可哀想でちょっとだけ
あのオシムでも千葉、代表ともに目に見えてよくなるには1年前後かかりましたよ
今年のバルサなんていうのは例外
他にも例を挙げれば
今年の広島は同じ監督で前年降格しましたよ
それもシーズン後半に成績が悪化するというていたらくでした
しかし今年内容も結果もともなったサッカーでダントツで昇格を決めました
サッカーは複雑な究極の集団スポーツなので時間がかかるものですよ
野球などはほとんど個人対個人だから改革の結果はもっと速く出ると思いますが。
もう一度いいますがよい監督でも時間がかかることが多いんです
5か月?でだめ出しはちょっと…。
とおり
2008/12/31 00:46
毎回、興味深く拝見させて頂いております。
私事ですが、BEST11というサイトを作ってみましたので
よろしければご覧下さい。
http://www.best11.jp
BEST11
2009/01/03 20:06
>BUBIMIR さんへ
返事遅れてすみません。カルバーリョはいいですよね。
ベストDFです。
>gosuke
どうもです。ともかく応援するしかないわけですが、フェリポンには
もっと吹っ切れた感じで采配してほしいです。
>とおりさんへ
どうもです。今期の浦和レッズやレアルマドリードみたいな例もあるわけで、
まぁチーム事情にもよりますよね。
doroguba
2009/01/08 22:01
フラム対チェルシー超雑感 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる