doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「リバプール対チェルシー」超雑感 ランパード退場後のゲームプランは?

<<   作成日時 : 2009/02/03 00:03   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

世界が変えられるなら
君の宇宙の光になる
君にも 僕の愛が素敵なものだとわかるさ
ベイビー もし世界が変えられるなら
ベイビー もし世界が変えられるなら
http://www.fujiura.com/fgod/songs/changetheworld.htm
Eric Clapton & Babyface - Change the World


■ストッフ投入の意図は?

「この試合の転機は間違いなく、ランパードの一発退場の瞬間だった。それまでも、リバプールはチェルシーより多くのチャンスを生み出していたかもしれないが、互角の勝負だった。そしてわれわれは10人になると、リバプールにスペースを与えてしまい、結局それが2失点の原因となった。審判、そして協会にランパードのタックルのビデオをもう一度見てほしい。映像を見ると、ランパードがファウルをする意図がないことは明らかだ。レッドカードと出場停止の処分の取り消しを求めたい。

 リーグ優勝の行方、そして自らの運命を握られてしまったことは否定できない。これからは、毎試合がシーズン最後の対戦のように臨まなければならない」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0809/england/text/200902020006-spnavi.html

守備陣の人数を増やして守りきるのと、あえて攻撃的な選手を投入して守るのではどちらが失点しない確率が高いのだろうか? つまり何が言いたいかというと、後半80分のフェリポンの交代策の意図について考えてみようではないかということである。フェリポンは3枚目のカードとしてFWカルーに代えて、同じくFWというか若手WGのストッフを投入するわけですが、その意図は何だったんだろうか。あくまでも最後まで勝利を狙うために代えたのか? それとも勝利は諦めて引き分けを狙いで投入したのか? あくまで攻守のバランスを考えての交代策だったのか? 単にカルーが疲れていたから代えたのか? まぁわかりませんが、私はあの時間帯はもっと露骨に「守備固め」を考えた交代策をすべきだったと思うんです。まぁ確かにストッフを入れることでカウンターからのゴールも期待できたいのかもしれないし、事実それを狙って投入したのかもしれないけど、現実的に考えたらランパードがいなくなった時点で95%くらいチェルシーの勝機はなかったわけで。

■パウロフェレイラもしくはイバノビッチにすべきだった?

3枚目のカードは、やっぱカルーに代えてパウロフェレイラもしくはイバノビッチにすべきだったと思うんですよね。この試合カルーはがんばって守備していましたよ。ボシングワといっしょにチェルシー攻略の基本である「左サイド」をケアしてました。何度か危ないシーンもありましたけどね。で、そんな守備でもがんばっていたカルーに変えて、「投入されたからには攻撃で結果出さないと」という気持ち満々のストッフ君が左サイドに配置されるわけですよ。まぁランパードがいなくて10人だったから、「左」がストッフの基本のポジションだったのかはわかりません。わかりませんけど、ストッフの意識が守備よりも「攻撃」の方に傾いていたのは間違いないわけで。まぁ、理想は攻撃と守備の両方をバランスよくなんだけど、そんなサッカーの高等技術をパッと出の若手に求めるなんて、私にはできません。フェリポンにはできたのでしょうか?

■ランパードがいなくなった時点で、目標は?

失点シーンを我々チェルシーファンが目の当たりにするのは、ストッフ投入から4分後のことでした。懸念されていた「左サイド」からクロスを放り込まれて、トーレスにニアで合わされて万事休す。決めたトーレスはさすがでした。さすがでしたけど、後半44分まではチェルシーは彼を抑えていたんだ。ランパードが退場してから危ないシーンの連続だったけど、みんなでがんばって耐えていた。引き分けドローに向かって耐えていたんだ。フェリポンが言うように試合の転機は確かにランパードの退場だったんだけど、その転機と合わせてみんなで守備をがんばっていたじゃないか。そう、ランパードがいなくなった時点で、目標はドローだったんじゃなかったの? 違うんか? 違わないでしょ? なら、それを助ける交代策をしてあげようよ。確かに「攻撃は最大の防御」って考えがあるのはわかりますよ。でもそれは同じ人数のときじゃないと、あまり効果がないでしょ。無理、無理。えっ、前線からの守備? その役目ならフトッフじゃないと思うけど。若手にそれを求めるのは無理、無理。まぁ、もちろん結果論で語ってますよ。語ってますが、3枚目の交代カードがフェレイラかイバノビッチだったら、私は引き分けに持ち込めた可能性は高かった気がするんです。で、リバプールという強豪相手だったんだから、当然それをすべきだったんじゃないかと。そう、ナメるんじゃないよリバプールを。トーレスを。ストッフ入れてゴールできると思っているのが間違いだわ。相手はストークシティじゃないんだよ。天下のリバプールなんだよ。何度、相手に敬意を払えって言えばわかるんだキミは。

■ビラとアーセナルとのCL出場権を掛けた争いに巻き込まれて…

ランパードの退場は不運でしたし、ミスジャッジだったと思うけど、それは現実に起ってしまったことなんだから、もっと現実的に戦うべきだったんじゃないんですかね。そんな感じです。さぁ、これでビラとアーセナルとのCL出場権を掛けた争いに巻き込まれることになったんだけど、その立場であることを十分に認識してこれからのプレミアがんばってください。
人気blogランキングへ
↑おもしろかったらクリック願います。


FAプレミアリーグ2006-2007 ゴールズ [DVD]
トランスフォーマー
2007-11-21
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今季はビッグマッチで勝てませんねぇ。
「そこで若手!?」パターン、多いですね。

インテルも化ける気配が感じられません。
そういえば、クアレスマがチェルシーに向かったようです。
よろしくお願いします。
困り人
2009/02/03 21:24
>困り人さんへ
返事遅れてすみません。インテルはなんだかで首位ですから。そこは、さすがモウリーニョだと思ってます。で、クアレスマですが、好きなタイプの選手なので期待したいですね。
doroguba
2009/02/07 00:35
プレミア「リバプール対チェルシー」超雑感 ランパード退場後のゲームプランは? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる