doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミアリーグ「スパーズ対チェルシー」雑感失点の原因は?

<<   作成日時 : 2009/03/23 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

失点のシーン。レノンのセンタリング、モドリッチのシュートを誉めるべきなのかもしれないけど、それよりやっぱチェルシーの守備に問題があった気がしたなぁ。

あの位置からモドリッチにフリーでシュートされちゃいかんでしょ。

バラックかエシアンかベレッチがスペース消しとかないと。

あとヒディンクが試合後のコメントでそれとなく指摘してたみたいだけど、その前の段階でスパーズの攻撃をきちんと断ち切っておくべきだったんでしょう。

直前のシーンで、ボシングワは無理してボールをつなぐ必要はなかったと思うし、バラックもきちんと外にクリアしておけばゴールは生まれなかった可能性は大だったと思いますしね。

以上の問題なども踏まえて、個人的にはこの試合ではバラックのアンカー起用に問題があった気がしてます。

守備時のポジショニングなどで、やっぱ経験不足のところがあると思うし、それなりの相手と闘う場合は、やっぱバラックのアンカーは不安だなと改めて思いました。

ミケルが怪我したのかわかりませんが、大事な試合や強豪相手の時はやっぱアンカーは経験豊富な選手のがいいと思うんです。

まぁマケレレに比べれば誰でも経験不足に感じてしまうかもしれませんが、守備面から考えればバラックよりもミケルかエシアンのほうが経験豊富だし、守備は安定する気がするんですけど、そうでもないのかな。
合わせて、このスパーズ戦、ヒディンクは右サイド高い位置にベレッチを起用してましたが、アンカーのバラック起用と合わせて、そのポリバレント起用が守備で混乱を招いたところがあった気もしました。

まぁ怪我やコンディション不良などで選手がいなくて苦肉の策だったのかもしれませんが、普通にカルー右サイド、アンカー・エシアンとかのが機能してた気もします。あくまで結果論ですけど。

ヒディンクのサッカーは守備が基本で、それを考えた上でのポリバレント起用だったのかもしれないけど、これからは守備面での経験や本来のポジションでの起用による連携のスムーズさみたいなものも考慮して選手起用してもらいたいと感じた次第です。

とりあえず、そんな感じかな。

負けたのは非常に残念ですが、仕方がないです。まぁ監督がヒディンクになったからといってすべて勝てると思ってなかったし、プレミア優勝は無理だと思っていたので、個人的にはこの敗戦を逆に目標がはっきり2つに絞れて良かったというような前向きな感じに捉えたい。

さぁ、チャンピオンズリーグとFAカップに全力投球で頑張りましょう。

なーんて。嘘さ。

プレミア3位の座は死守はもちろんのこと、これからの試合はすべて勝つように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
プレミアリーグ「スパーズ対チェルシー」雑感失点の原因は? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる