doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS チャンピオンズリーグ:チェルシー戦&インテル戦プレビュー

<<   作成日時 : 2009/03/09 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

本当のヴードゥー魔術は愛に包まれた神聖な魔術を行い、あなたの願いを叶えるのです。そしてヴードゥー魔術は最も強力な力を持った魔術と言えるでしょう。
http://homepage1.nifty.com/venusproject/syukyo/column_voodoo.html
D'Angelo - Playa Playa


■ユベントス対チェルシー:プレビュー

「買収されている審判なんかいない。リクエストがなくても、強いチームが優遇されることはあるんだ。自発的なことなんだよ。最強とは最強のままなんだ。ユヴェントスのラツィオ戦(コッパ・イタリア準決勝ファーストレグ)を見てごらん。ゴールが取り消されたのは確実なことじゃなかったはずだ。だが、ユーヴェのフロントは黙っている。彼らは感じがよく、洗練されているからさ。黙っていることで好感が持たれるんだよ。その間、インテルは勝つことでみんなから好まれなくなる。今のインテルは、かつてユーヴェを非難していたことをやっているんだよ」
http://jp.goal.com/jp/Articolo.aspx?ContenutoId=1140704

モッジ。この「リクエストがなくても」って理論、よく聞く「マフィアの犯罪手口」な気も…。って、しかしよくもまぁ「強いチームが優遇されることはあるんだ。自発的なことなんだよ」なんてセリフを吐けるもんだな、この人。まったく反省してないね。反省してないのは彼だけですか? それとも彼が元GMを務めていたあのチームも同様なんでしょうか?

というわけでチャンピオンズリーグ決勝トーナメント。対ユベントス戦セカンドレグ。ファーストレグで勝利しているのでチェルシーが有利だとは思ってますが、正直何が起こってもおかしくないとも思ってます。ポイントはずばり、チェルシーがアウェイゴールを上げることができるかどうかってこと。チェルシーが1点でも取れば、たとえ1−2で敗戦したとしても「アウェイゴール数」で勝ち抜けるわけで、かなりの確率で「勝ち抜けること」ができるんじゃないかと思ってます。今のチェルシーの守備力を考えれば、さすがにユベントス相手に3点取られることはないと思うし、チェルシーが1点アウェイゴールを上げれば勝負ありなハズです。八百長がなければね。ただ、もちろんユベントスだって「チェルシーが点取れば終わり」なことくらいは百も承知なわけで、そこは十分にケアしてくるんでしょう。つまり「打ち合い」を挑んでくるんじゃなくて、まず守備を第一に考えながら「勝負どころ」までは無理してこないガチガチな戦い方の選択。もちろん、それはファーストレグで勝利しているチェルシーとすれば望むところなわけで、たぶん前半はお互い無理せず守備を重視する重々しい展開になるのではないでしょうか。で、で、その「守備重視の展開」でポイントとなるのが「審判のジャッジ」とわけですよ。展開にもよりますが、チェルシーとしてはペナルティエリア外での危険なシーンでは、ある程度は「ファウルゲーム」して試合を壊しにいくことも必要となるわけで、そこで「レッドカード退場! おまけにエリア外だけど際どい位置でのファウルだからPK」みたいな死の宣告をされた日には、やっぱかなり負ける確率が高くなるわけで。そのあたり、チェルシーの選手は十分に注意しながら戦ってほしいですね。ドログバとかバラックとかミケルとかアシュリーとかテリーとかボシングワは、特に注意ね。先ほども書いたように、最悪ユベントスに2点先取されても、十分に勝つチャンスはあるんだから。兎にも角にも退場者は出さないようにお願いしたい。まぁ、審判の人に「自発的に」狙われて、「(ユベントスが)優遇され」ちゃったらどうしょうもないんだけどさ。

■マンチェスター・ユナイテッド対インテル:プレビュー

 こうしたなかモウリーニョ監督に自信を与えているのは、急ごしらえのCB・カンビアッソの存在のようだ。同監督は「カンビアッソはCBとして実に立派なプレーを見せているし、ピッチ上でもリーダーとして活躍している」と、同選手を高評価。昨季王者マンU戦を前に、“ディフェンダー”としてのカンビアッソの戦いぶりに信頼を寄せていた。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20090308-00000028-ism-socc

さて、もう1つの注目の試合について。インテルはカンビアッソがCBですか。うーん。これは厳しいかも。インテルが勝ち抜くためには、これまたアウェイゴールが必要となるわけですが、いくらズラタンが天才で化け物だとしてもインテルのチーム力からすると「チームで2ゴール上げること」が精一杯な気がするんですよね。つまり、勝ちあがるためには、爆発的な攻撃力を持つマンチェスター・ユナイテッドを2ゴール以内に抑えないといけないってこと。で、カンビアッソの急造CBで、それが可能なのだろうか? まぁファーガソンのことだから、手堅く攻守のバランスを考えて戦うんでしょうが、今回に限ってはモウリーニョはそんな「手堅い戦い方」をしてくれたほうがありがたいのかな。つまり0-1くらいのロースコアゲームに持ち込んで、1点ビハインドのまま後半ロスタイムにセットプレイから同点弾。1-1のまま終了し、アウェイゴール差で勝つみたいなシナリオがモウリーニョ的には最高なんでしょうけど…。というわけで、勝敗のカギを握っているのはファーガソンの戦略かなって思うんですが、ホームだしカンビアッソがCBだしってことで頭から攻撃的にユナイテッドが戦えば、モウリーニョ危うしって展開になる気がするんですがどうでしょう。

目を閉じようとしても
彼女から視線を外せない
彼女に僕のことを知ってもらわなくちゃ
あぁ、ドキドキするけど、がんばれ、オレ!
よーし、彼女に近づくんだ
彼女に話しかけるんだ
今夜こそ

彼女は誰かの唯一の光
その幸せ者の夜を明るく照らすんだ
今夜こそ、彼女は誰かのものになる

彼女は誰かの唯一の光
その幸せ者の夜を明るく照らすんだ
今夜こそ、彼女は誰かのものになる

夜よ、輝け!
今夜こそ、彼女をボクのものに
http://hanimaru.blog1.fc2.com/blog-entry-50.html
Jackson Browne - Somebody's Baby


人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。


D`Angelo "Cruisin"

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
上のコメントは正気でいっているとは思えないようなコメントですね。何という腐敗っぷり。サッカー界に関するコメントすらして欲しくない存在ですわ。インテルが勝つと好まれなくなるってのも変な話だし。

インテルはカンビアッソがCBになることで中盤がどうなるかが気になります。ヴィエラはいまいちだし、どうするんでしょうかね。ポイントはマイコンとアドリアーノ・ズラタンの2トップか。ただ、セットプレーの質がインテルはそんなに良くないんだよねー。セットプレーはかなり大きな鍵になりそうですが……
RR
2009/03/10 13:09
普通はサムエル&コルドバでいくと思うんですけど前者が故障明けということもありますんでなんとも…
キブマテブルとCBできる人が軒並み故障したもんですからリオが微妙なユナイテッド以上にキツいのは間違いないでしょう。私はそれ以上に攻撃の方が不安です。
sainz
2009/03/11 21:11
>RRさんへ
インテルは残念でした。セカンドレグがオールドトラフォードだったのがモウリーニョ的にはきつかったというところでしょうか? モッジは、マジでこれ以上サッカーに関わらないで欲しいですね。
>sainzさんへ
「攻撃の方が不安」はその通りでしたね。まぁ、モウリーニョは最初から守備で戦うつもりだったと私は思っていたんで、「ビディッチの高さ対策ができない」ことを試合後に明かしたモウリーニョにはちょっとという感じです。
doroguba
2009/03/17 00:04
チャンピオンズリーグ:チェルシー戦&インテル戦プレビュー doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる