doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS FA杯「チェルシー対アーセナル」戦プレビュー 12時になると魔法が切れるって

<<   作成日時 : 2009/04/18 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12時になると魔法が切れるって、
よく考えるとすばらしい話だよな。

それってつまり、もう子供は寝なさいって合図なわけだ。

まぁ12時まで起きている子供は不良だけどさ。

って、子供のときに「12時まで時間を忘れて踊っている貧乏人の女の話」
を読んで聞かされたとき、はたしてどう感じたんだろう?
はて?
たぶん「品川の僻地で、お立ち台でセンス持っているいる大根足のクソ女ざまーみろ!」
みたいな感じだったかな?
Cinderella - Shake Me: Stereo Version


■身体能力と運動量

さてFA杯アーセナル戦についての続き。

ベンゲルの「美しいと賞賛されているサッカー」ですが、なんでそのように言われているのだろう? 果敢に攻撃するから? パス回しがきれいだから? まぁ確かに「パス回し」は凄い時はあると思うけど、実はチェルシーやユナイテッドとあまりかわりはないんじゃないかって思うところもあるわけで。なぜって、「身体能力」と「運動量」が基本になっていると思うから。まぁ、この「身体能力」と「運動量」という要素は現在サッカーの基本なんで、それを言ったらみんな同じとなってしまうかもしれませんけど、ベンゲルはかなり「その2つの要素」を重視しているのは確かだと思いますよ。なので、当然、アーセナルとチェルシーが戦えば「フィジカル」対「フィジカル」もしくは「運動量」対「運動量」という局地的な戦いが生まれ、そこを制するほうが「勝利」に近づけることになるんでしょう。えっアーセナルのほうが「若い」? それにベンゲルのが戦い方に一貫性があるって? 確かに若いとは思うけど、一貫性についてはどうなんですかね。最近のベンゲルはシステムをおなじみ「4−4−2」から相手によっては「ワントップ」に変更したりと柔軟な戦いもしているように見えるけどね。「引いてカウンター」狙うこともあるでしょ?

■ベンゲルの戦略は?

というわけで、明日の試合のポイントはズバリ、ベンゲルの「戦略」だと思うんだわさ。噂ではアーセナルはDFで故障者が続出なんでしょ? それをベンゲルがどう考え、どういう戦いをチョイスするのか? つまり、いつもと変わらず「攻撃的な美麗スタイル」でくるのか? それとも中盤と前線に守備を課す「守備重視ナ戦い」を選択するのか?まぁ、たぶん前者でくるト思うんだけど、もし仮に「守備重視」でこられるとチェルシー的には正直ちょっと厄介なんですよね。チェルシーは当然「守備重視」で戦うことになると思うんで、アーセナルもそうなると「守備重視」対「守備重視」のがっぷり4つの展開? 合わせて「フィジカル」対「フィジカル」? もしくは「運動量」対「運動量」という、これまたがっぷり4つの戦い? うーん。これはちょっと戦いにくいんだよなぁ。まぁCLリバプール相手でも乗り切れたんで、大丈夫だとは思うけど。ただアーセナルの場合は「若さ」と「アフリカン」と「バルサからの盗作品」があるから、がっぷり組まれるとちょっと手を焼くかも。まぁチェルシーにも「アーセナルからの強奪者6放浪者」がいるわけで、その2人が奮起してくれれば、いい結果が出てくれると思うんだけどな。そのあたりを楽しみにしよう! まじで楽しみだ。

人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。




プレミア・イングランド・フットボール・コンピレーション2004-2005
キングレコード
オムニバス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
FA杯「チェルシー対アーセナル」戦プレビュー 12時になると魔法が切れるって doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる