doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレビュー欧州CL準決勝「バルセロナ対チェルシー」 ネバーエンディング…

<<   作成日時 : 2009/04/28 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

振り向いて
しっかり見るんだ
彼女の顔は君の夢の鏡
信じるんだ
僕は光のあるところなら どこにでもいるよ
答えはページに書かれている
果てしない物語の…
http://hanimaru.blog1.fc2.com/blog-entry-218.html

最初はリマール派だったんだけど、
途中からニックベックス派に転向した私。

でも、正直この曲には負けたと思った。

だって「しっかり見るんだ」「信じるんだ」「果てしない物語」だよ。

まぁ、どっちも負け組だったんだけど、
負け組同士の戦いだって時にはおもしろかったりするんだよ。

って、じゃ勝ち組って誰だ?

Never Ending Story ( Limahl )


■舐めたらあかん!

バイエルンミュンヘンがクリンスマンを解任した理由の一端は、やはりあのバルセロナ戦の大敗になるんでしょう。確かに、あの試合のバイエルンの守備はお粗末でしたが、バルセロナを舐めてかかるとあのような痛い結果を招くということなんだよね。

■ベンゲルの法則!

それを踏まえて、チェルシーはバルセロナとどう戦うべきなのか? アーセナルのベンゲル監督は「アウェイゴールは重要。それゆえにアウェイでは攻撃的に、ホームでは慎重に戦うのがCL決勝トーナメントのポイント」と言っているみたいですが、確かに欧州CL決勝トーナメントの戦いではアウェイゴールは重要です。リバプール戦もユベントス戦も、チェルシーはアウェイゴールを有効に奪って勝ち抜いてきました。なので、このバルセロナ戦もそれに倣った戦いをして、攻撃的に「アウェイゴール」を狙いにいくというのも1つの手なんでしょう。

■よーく考えてみよう!

でも、でも、で〜も、よーく考えてみて! 今回の相手はバルセロナなんだよ。バルセロナ相手に、果たしてこれまでと同じような戦略が通じるのかな? だって、だって、だって〜、下手に攻撃的に戦って守備を疎かにすればだよ、それこそバイエルンミュンヘンのようにズタボロのボロ雑巾のようにやられちゃう可能性だってあるわけだよ。それこそ腐乱死体に鞭打つ感じで、徹底的に情け容赦なくコテンパンに叩きのめされて、「終了〜」となってしまう可能性十分に考えられるわけで。やっぱ、それは避けないと。

■難しい!

つまり、チェルシー的にアウェイゴールは欲しいけど、たとえ敗れたとしてもセカンドレグに望みを託すことができるような戦い方をしなければならないと思うわけです。「大胆」というよりも「慎重」な戦い方? または「攻撃的」というよりも「守備的」な戦い方? もちろん下手に守備ばかり意識して引きすぎてもヤバイんでしょう。ハーフコート状態でパスを回されてフルボッコ状態にされたら、さすがに鉄壁のチェルシーでも「綻び」が出ちゃうと思うし、それこそバルセロナの思う壺。なので、適度にジャブ的な攻撃を仕掛けつつ、守備の意識を第一に置いた戦いが理想? うーん、わかりにくいし、わかったとしても実践するのが難しそう。

■大胆且つ慎重に!

まぁ、要は「中盤のプレッシング」を軸にして、「最終ラインの前後のスペースを死守する」ことを主眼に戦いつつ、チャンスとあらば大胆に決められた何名かがリスクを冒して攻め入るサッカーを、とりあえずバルセロナに先制されるまで敢行する感じ? って、このバルセロナが先制されることが織り込み済みって考え方は、さすがに情けなすぎだな。基、チェルシーが先制しますよ。きっと。マルダが。

■予想しているうちが華!

さて予想スタメンでもしてみますか。まずDFですが、チェフとテリーは決まりとして、その他のメンツが最大の問題だよね。ボシングワを本当に「左」で使うのでしょうか? あとカルバーリョとアレックスのどちらをチョイスするのか? 正攻法なら、左サイドバックからボシングワ、テリー、アレックス、イバノビッチ。奇策なら左からエシエン、テリー、カルバーリョ、ボシングワ(イバノビッチ)。まぁ、たぶん前者でしょうが、ここのチョイスは注目ですね。続いてMF。ランパード、バラックは決まりとして、ふつうに考えるならもう1人はエシエンなんだけど、エシエンを他で使うならミケルがアンカーって感じか。ベレッチはないかな。わからないけど。で、FW。ドログバは決まりとして、左右のウイングをどうするか。守備重視ならマルダ、カルーなんでしょうが、「アウェーゴール」を考えるなら右アネルカってのもありだよね。って、実はなんとなく左ウイングにエシエン起用があるかもしれないって思ったりして。何、単なるダニエル・アウベス対策ですよ。というわけで図にするとこんな感じ。




                   ■チェフ

  (ボシングワ)    (カルバーリョ)           (エシエン)
 ■イバノビッチ      ■アレックス   ■テリー     ■ボシングワ
                   
(ミケル)  
                   ■エシエン 

              ■バラック      ■ランパード
 (アネルカ)                         (エシエン) 
  ■カルー                            ■マルダ

                  ■ドログバ

いやー、さっぱり見当がつかないね。これ、いいんだか悪いんだかわからないけど、エシエンとボシングワの使い方次第って感じでしょうか? つまりチェルシー的にはそこがポイントだと思うんだけど、まぁヒディンクが「メッシ対策をしてくる」のか「しない」のか注目したいと思います。まぁ「奇策」でスタートして、駄目なら途中で「元」に戻すってやり方もあるし、ともかく「積極的に戦う」ってことでいいんじゃないでしょうか? その結果としてバイエルンみたいにボコられてしまったとしても、まぁその時はしょうがないということで。今期はフェリポンで一度は死んだ身なんだから、ここまでこれたことを感謝しなくちゃ! そんな感じで応援しましょう!
人気blogランキングへ
↑おもしろかった人はクリック願います。







ベストマッチ!カーリングカップ決勝 チェルシーVSリヴァプール チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦 チェルシーVSバルセロナ ノーカット完全収録 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
スポーツ

ユーザレビュー:
組織vs個単なるサッ ...
魔法バルサvsチェル ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
dorogubaさん、こんばんは。

とにかく楽しみ!の一言です。
マクロ的にはこの対戦の結果によって新しいトレンドが生まれる可能性もありますし、どんな結果になろうとも目一杯堪能したい試合ですね。
試合後の記事も楽しみです。

ではでは。
BKO
2009/04/29 01:07
>BKOさんへ
どうもです。ファーストレグは新しいトレンドではありませんでしたが、私はかなり堪能できました。セカンドレグにも期待しましょう。
doroguba
2009/05/02 01:10
プレビュー欧州CL準決勝「バルセロナ対チェルシー」 ネバーエンディング… doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる