doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 欧州CL決勝「マンチェスターユナイテッド対バルセロナ」戦についての展望&ストラカン辞任について

<<   作成日時 : 2009/05/27 00:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

時間が出来たので、チャンピオンズリーグ決勝戦の展望などを書いてみよう。

有利なのはユナイテッドだと思うけど、まずはそのユナイテッドの弱点らしきところをあげてみる。

■バルセロナが勝つには?

攻略のヒントになるのは、やっぱあの大敗したプレミアリーグでのリバプールとの一戦になるのかな。あの試合のユナイテッドのDF(特にビディッチ)は単にコンデョションの問題でパフォーマンスが低下していたのかもしれないけど、単純な「GKからのパントキック」で崩されていたのが印象的だった。バルセロナはあまりそういう単純な攻撃はしてこないのかもしれないけど、チェルシー戦の最後最後に見せたような「単純なアーリークロス」とかを、早い段階から採用したりするとひょっとしたら何か起きるかもしれない。それよりも、バルセロナ的には同じリバプール戦での「ビディッチが退場になったプレイ」のが参考になるのかしら。確かペナルティエリア周辺でジェラードがうまいオフザボールの動きを見せてビディッチのファウルを誘ったように記憶しているのですが(ドリブルだったけ?)、バルセロナ得意の「ペナルティエリア周辺での狭いエリアでのドリブル&ワンツーを多用した崩し」は、もしかしたら意外と普通にユナイテッドに通用するかもしれません。あとチェルシーがやったような「露骨なバルセロナのハーフカウンター逃れ(=中盤でボールをつながないサッカー)」はさすがのユナイテッドはしてこないと思うので、メッシをトップ下的に起用して「ピッチ中央でのプレス合戦」に持ち込めば、うまいこと「ボール狩り」もできるかもしれない。まぁ、そこは百戦錬磨のファギーのことだから十分にケアしてくるか。となるとパクチソンさんの出番もあるかもな、こりゃ。

■ユナイテッドのが有利だよな

さて続いてユナイテッド視点で。やっぱポイントはロナウドの使い方なんですかね。準決勝のアーセナル戦では確かロナウドを「トップ下(セカンドストライカー?)」的に起用して「カウンター中心」で戦ったと記憶していますが、手堅く勝ちに行くとするならその戦い方が無難か。ご存知のようにロナウドは守備がイマイチであり、守備のタスクから開放して「FW的」に起用する方がリスクは少ないわけで、一発勝負のカップ戦決勝&ポゼッションに長けて攻撃的なバルセロナが相手と考えると、普通に「ロナウドを中心としたカウンター」で戦うのが定石かな。やっぱ。それにバルセロナはチェルシー戦でも単純なカウンターにもろいところ見せてましたし、それから考えても、やっぱふぁぎーは、クリスチアーノ“ぼくが関で一番サッカーがうまいんだ”ロナウドを単純に「セカンドストライカー」もしくは「ワントップ」で起用する戦い方をチョイス思想な気がしています。

ロナウドがワントップかどうかわかりませんが、何にせよユナイテッドの中盤は「3枚」にしてバルセロナの中盤対策をきちんと行うと思うんだけど、フレッチャーがいないことがファギーの采配にどう影響するのか?

■ロナウドはやっぱ凄いな

ロナウドについて続けます。本人が言うとおり、私も今のサッカ−界でナンバーワンは彼だと思います。ロナウドのすごいところは「高さ」も「フリーキックも」「ミドルシュート」も「ドリブル」もすべて万能ってところ。数年前は「ひよっこウインガー」的で単にドリブルがすごいってイメージもありましたが、今はその面影はなく、むしろ「フィジカルの強さ」も武器だったりするのが末恐ろしいわけで。昨年のCL決勝では、チェルシーはロナウドの「高さ=ヘディング」でやられましたが、今年のバルセロナもそれでやらる可能性は高いのではないでしょうか? あと、あの変態的なフリーキックもすごいよね。今やリヨンのジュニーニョよりも凄いんじゃないかって時もあるくらい「変化球」「無回転」となんでもござれなんですが、それもバルセロナにとってはもちろん脅威だよな。ロナウドの弱点? あるとすれば「守備の弱さ」と「メンタルの脆さ」と「ダイブ」。ファウルで止められることが多いから「ダイブ」は身を守るためにもしかがないと思うんだけど、審判の相性次第ではファウル攻撃されて「イライラ」&ダイブ取られてイエローカードみたいな展開もあるかもしれません。

■やっぱ審判?

そうだよ、この試合もやっぱ審判はカギだよな。退場とか、PKとか「審判が試合を壊す」展開になるなら、バルセロナにも勝機あり? まぁ決勝戦は一発勝負なので、何が起こるかわからないとは思いますが。

 【ロンドン25日共同】サッカーのスコットランド・プレミアリーグで4連覇を逃したセルティックのゴードン・ストラカン監督が25日、辞意を表明した。英BBC放送の電子版などが伝えた。所属する中村俊輔を高く評価していた同監督の退任で、中村が退団する可能性が高まった。
 52歳のストラカン監督は就任したシーズンから3季連続でリーグ制覇を達成したが、今季は24日の最終戦で引き分け、同じグラスゴーに本拠を置くライバルの首位レンジャーズを上回ることができなかった。同監督は「いい成績を収められるようあらゆることを行ったが、4連覇を果たせなかったことは残念だ」と語った。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20090526-00000001-kyodo_sp-spo.html

ストラカン辞めましたか。4連覇を逃したことよりもストラカン本人のモチベーションの問題からの辞意な気がするけど、どうなんでしょう。個人的はもっとビッククラブで監督やるほうがいい気がするんだけど、ぜひプレミアリーグに帰ってきてほしいなぁ。マンチェスター・シティとかいいんじゃない? というかサンダーランドあたりでも十分、ストラカンの力が発揮できる気もする。ポーツマス、ウィガンあたりも悪くはないね。で、アストンヴェイラのオニール監督と「元セルティック対決」しましょうよ。というわけで、個人的には中村俊輔選手には「ストラカンといっしょにプレミアリーグ参戦」してもらって、中田英の仇をとってもらいたいんだけどね。まぁ、普通に帰国するほうが本人のためなんでしょうけど。
人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。


その日は、なぜかナイトレンジャーの「ロックインアメリカ」を
口ずさんでした。

歌っていたというよりも、口づさんでいたのだ。

サビから口づさみ、そのままギターソロへ。

そして口づさみながら、この曲は、なんてギターギミックが多いのだろうと
ふたたび思う。

ヘビメタはやっぱパフォーマンスなんだよ。
ハッタリなんだよ!

世の中には、そういうギミックとかハッタリだって必要なんだよ!

Night Ranger - (You Can Still) Rock In America: Relaid Audio



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもお世話になってます。
ユナイテッドが好きというわけではないのですが、「自分のチームがフットボールした、どうのこうの・・・」とか言わず、リーガよりもフェアプレー意識があるプレミアが好きなのでユナイテッドに勝ってほしいです。
ただ、今季はメッシがバロンドールを獲得することになると思うので、バルサが勝つんだろうなぁと予想してます。
八百長という意味ではなくて、綺麗に言えば(?)何か運命的な感じで。
困り人
2009/05/27 19:45
>困り人さんへ
どうもです。「バルサが勝つんだろうなぁと予想」これすごいですね。見事に的中でした。「メッシがバロンドール」も実現しそうです。確かに運命なのかもしれません。…運命であってほしいです。
doroguba
2009/05/28 22:49
欧州CL決勝「マンチェスターユナイテッド対バルセロナ」戦についての展望&ストラカン辞任について doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる