doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS チェルシーの新監督はアンチェロッティに決定!

<<   作成日時 : 2009/06/03 00:09   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

■アンチェロッティに決定!

チェルシーは1日、カルロ・アンチェロッティ監督を新指揮官に迎えることを正式に発表した。今季までミランを率いたアンチェロッティ監督は、3年契約でチェルシーとサインした。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20090602-00000006-spnavi-socc.html

アンチェロッティに正式に決まりました。個人的には期待半分、不安半分という感じですが、現状ではベストの選択だったと思うし、おなじみマンチェスターシティとかに横取りされなかったのはよかったなぁと。だってモウリーニョ、フェリポン、テンカーテ、ヒディンク以外で、それなりにタイトル勝ち取っている名将ってもうそんなに残ってないわけで。あと思いつくのはリッピとライカールトとカペッロとザッケローニとエリクソンとデルボスケとアドフォカートとトルシエとオシムくらいでしょ? ファンハールはバイエルンに取られちゃったしね。あとデシャンはOBだし若くていいけど、ビッグタイトルとってないからなぁ。クリンスマンとかシュスターとかもそうだけど。そう考えると、ビッグネームはアンチェロッティしかいないんだよ。残念ながら、最後の切り札なんだよカルロが。だから、マジでカルロには結果出してもらって長期政権を執ってもらわないと、FA杯決勝でスカパー解説者に指摘されていた「監督への違約金」がトータルでもっとすごいことになっちゃうからね。ほんと頼みますわカルロ!

■今だから言うけど

ちなみに、今だから言うけどさ。普通のチームだったら、あの時点でフェリポンをお払い箱にしてなかったと思うんですよ。FA杯優勝は無理だったと思うし、ユベントスにも負けていたと思うけどさ、プレミア4位にはなれていたと思うし。ビッグ4には勝てなかったけど、それなりの結果は残していたわけだしね。でも、変えちゃったんだよね。もちろんヒディンクという後ろ盾があったからなんだろうけど、スパッと変えちゃったんだよね。うん。もちろん私はあそこで変えたことは支持しましたけど、フェリポンに対してかなり厳しい査定だったのは確か。で、この査定方法をチェルシーというかアブラモビッチが。これからも続けるのかってのが非常に気になるんです。

■査定方法

つまり、昨年のフェリポンと同じ評価基準で今年カルロも評価していくんでしょうか? 正直、もうリリーフはいないですよ。それこそヒディンクくらいしか。まぁヒディンクは保険でキープしておくんだろうけど(笑)、昨年のフェリポンに対するのと同じ判断基準をするんだとしたら、今年も同じようなデジャブを体験することになる可能性は無きにしも非ずなきもするんだよねぇ。もちろんカルロはやってくれると思うし、彼だけ特別扱いして甘やかしてはいけないと思うんだけど、もうそろそろ本当の意味で「痛みを伴う改革」しないといけない気もするわけで。我々チェルシーファン的には、そのあたりの覚悟はしておくべきないかもしれないと思うんですが、いかがでしょう? まぁ、カルロはバカじゃないし、現実的に戦ってきちんと結果も残してくれるとは思うけど。

■カルロへの期待

さて、このブログを始めた当初に、カルロにちなんだこんなエントリーを書いてました。

3センターが今後主流になるのはわからない。現在の流れはあくまで相手よりも優位に立つための策として、新たに用いられたに過ぎないのではないか。これから先も、その繰り返しだろう。
変わらないのは「選手ありき」という考え方だ。」
(ワールドサッカーマガジン2005.2-3 アンチェロッティが明かす「3ハーフ」の秘密より)http://doroguba.at.webry.info/200501/article_12.html

チェルシーで新しい「流れ」を用いるのかわかりませんが、「選手ありき」という彼のスタイルにチェルシーファンは期待したいところです。

あとヒナキさんのことでガッツゥーゾのインタビューが訳されていて読むと非常に興味深いです。

カーロはCLのエキスパートだ。チェルシーに足りないのはそこだろ。すごい惜しいところまで行ったけど。そんなチェルシーを、CL優勝まで導けるやつがいるとしたら、それはカーロだ。ほかの誰よりも彼は適任さ。
http://hinakiuk.sakura.ne.jp/wordpress/?p=3483

確かにCL優勝は目指すところなんですが、基本はやっぱプレミアリーグなんですよね。プレミアで勝てるチームじゃないと、お話にならないわけで。でもって、「プレミアで勝つチームつくり」と「CLで優勝するチームつくり」が必ずしも一致してないところがミソだったりするわけで、カルロにはそのあたりをしっかり考えて悩んでもらいたいところですね。
人気blogランキングへ
↑クリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久し振りです。
正直、チェルシーのアンチェロッティってイメージが沸かないというか、アンチェロッティがミランを辞めるって可能性はあったけど、意外と早く決まった事に驚いてもいます。ただ、監督としては一番イイのかな?って思うんですよね。
バランス的な部分でね。問題は不振の時期が続いた時にフロント及びオーナーがどう判断するか?

それ以上に、選手の移籍なども気になるところかな?(チェルシー的には?)
コージ
2009/06/03 00:40
>コージさんへ
お久しぶりです。選手の移籍は気になりますが、まぁ例のUEFAのルール「5+5」でしたっけ? あれがあるんで、有望な若手探すのが有効なんでしょうか。おっさんプレイヤーたちには、受難な世界になるんでしょうか?
doroguba
2009/06/03 23:50
チェルシーの新監督はアンチェロッティに決定! doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる