doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田 武史 サッカー日本代表の本質を考える会 カンファレンス第3回「カズ外しと閉塞感」

<<   作成日時 : 2009/06/03 23:31   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

■岡田 武史「多めに呼んで途中でメンバー選考をするようなことはやりたくない」

4月上旬に雑誌の取材でインタビューをした際に、岡田監督は「最初(キリンカップ)から最後(オーストラリア戦)まで、24、25名でいきたい」と話していた。「多めに呼んで途中でメンバー選考をするようなことはやりたくない。28、29名を集めて、テストをしてから削るなんてことをすると、最終予選へ向けたチームの盛り上がりとか、まとまりという部分でどうなのかという疑問がある。キリンカップは最終予選の壮行試合といった位置づけじゃなく、選手が集まった瞬間からウズベキスタンに勝つという雰囲気に持っていかないといけないと思う」http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2009/05/post_1347.html

「テストをしてから削るなんてことをすると、最終予選へ向けたチームの盛り上がりとか、まとまりという部分でどうなのかという疑問がある」っておっしゃってますが、この考えかたは最近から? だって、フランスW杯の時にそのようには思っていたのなら、「外れるのはカズ。三浦カズ」なんてことはしなかったハズだよね。ありゃまさに「呼んで途中でメンバー選考」だったじゃん。もしかして、あれを教訓としているんです? つまり、そのような形で「三浦カズ」を外したのは失敗だったと。って、そんなのやる前からわかっていたはずだよね。あのような形でメンバー選考することの危うさをさ。

■なぜ三浦知良は外れたのか?

岡ちゃんが日本代表監督に再就任してから、僕はずっと「フランスW杯時代の外れるのは三浦カズ事件」のことが引っかかっている。その事件のことは、実はすっかり忘れていたんだけど、岡ちゃんが再び監督になったことを契機になぜか思い出してしまったんだ。どうして思い出したんだろう。わからない。わからないんだけど、ただ思い出してしまってからの僕は、岡ちゃんの顔や文字を見るたびに、あの事件のことで頭がいっぱいになる。あのカズ外し事件とは、一体なんだったんだって。岡ちゃんは、なぜあのようなフランスと日本を舞台とした壮大な計画を企て、実行したんだろうって。

■三浦 知良 外しの意図は?

いったいあの壮大な計画には、いったいどういった狙いや意図やメッセージがあったというのだろうか? 当時、本当に岡ちゃんは「多めに呼んで途中でメンバー選考をするようなことはやりたくない。28、29名を集めて、テストをしてから削るなんてことをすると、最終予選へ向けたチームの盛り上がりとか、まとまりという部分でどうなのかという疑問」ということに考えが及ばなかったのだろうか? いや、そんわけない。知っていたはずだ。「チームの盛り上がりとか、まとまりという部分」で影響がでることを岡ちゃんが知らなかったはずは無い。子供じゃないんだから、岡ちゃんは、あの壮大な計画を、あのような形でやることの影響力はわかっていたはずだ。そうだ、絶対にわかっていたはずなんだ。で、わかっていたとして、岡ちゃんはなぜあの計画を企て実行したのか? 狙いはなんだったのか? 逆にショック療法的に代表選手の「メンタル効果の向上」を狙ったのか? それとも自分の安全や保身のためか? つまりトルシエが中村俊輔を外したとき「その場にいなかった」のと同じような理由から、日本以外でのフランスで発表することにしたのか。

わからない。わからないけど、あのやり方で正解だったのだろうかうか? 岡ちゃんは、あのやり方に対して、今、どう思っているのだろうか?

たぶん次のウズベキスタン戦か、もしくはその次のカタ−ル戦で正式にw杯出場が決まることになると思うんだけど、果たして岡ちゃんは、今度の最終メンバー発表も、あのときと同じように何かを計画し実行するのだろうか? というわけで岡ちゃんがどうするかはわからないけど、今こそ我々サッカーファンたちも、あの「カズ外し事件」のことをきちんと総括すべきだと思うんだ。あれは果たして成功だったのか、失敗だったのかってね。

■三浦 知良は外しの答えがこれ?

さて、以上の「フランスW杯時代の外れるのは三浦カズ事件」を踏まえて、以下のコラムを読んでみてもらいたい。

だが内部で健全な競争原理が働き、過去の実績にとらわれず活性化が促進されていかないとチームは伸びない。自信をつけている旬な選手は、伸びようとする瞬間を捉えて使わないと勢いを失ってしまう。
一方で岡田監督が今全幅の信頼を置く中村俊輔や遠藤保仁が1年後も看板選手である保証はないし、ドイツ大会のようなアクシデント(発熱)もありえる。
 
過去のワールドカップを振り返っても、成功するチームは、レギュラー当落選上にある若手を巧みに勢いづかせている。象徴的だったのが90年イタリア大会。開幕戦ではサブだったスキラッチは、交代出場でゴールを重ね最終的には得点王になった。さすがに情報も発達した現在では、いきなり無名のシンデレラボーイを本大会で生み出すのは難しいだろうが、大会期間中にも絶えず持ち駒の中から活性剤を探り続けるのも指揮官の大事な才覚だ。
 
言うまででもなく親善試合は、公式戦に繋げるための実験だ。刻々と変化するチーム内での力関係を冷静に見極め、最大限のパワーを引き出すのが監督の仕事となる。そういう意味では、今後の岡田監督のチーム作りによって、キリンカップの価値も証明されることになる。(了)
http://news.livedoor.com/article/detail/4184555/

加部究さんがこのコラムで書かれている「健全な競争原理」「1年後も看板選手である保証はない」「無名のシンデレラボーイ」というキーワード。これって、ずばりフランスW杯で岡ちゃんが行なった「カズ外し」を賛美する考え方に近いよね。「刻々と変化するチーム内での力関係を冷静に見極め、最大限のパワーを引き出すのが監督の仕事」と書いているけど、フランスW杯で岡ちゃんはきっと中田英寿と三浦カズの力関係を自分なりに見極めて、最大限のパワーを引き出すために「カズを外した」んだ。まぁ、カズは「1年後も看板選手である保証はない」に該当したんだろう。でもう看板で無い選手よりも、小野という「無名のシンデレラボーイ」を選んだといのがフランスW杯だったというわけさ。で再び、南アフリカW杯でも、それを期待する人がいるというわけさ。

ひとつだけ言わせてもらう。“経験”という要素をフランスW杯に続いて再び軽率に考えるのは、もう止めませんか? 確かに「競争原理」という考えはわかるけど、何が「健全」で何が「健全で無い」かなんて、そんなに単純で簡単なものではないと思うんだ。それに誰が「旬な選手」とか、誰が「看板でなくなった選手」かって判断もそんなに簡単なものではないし、これからの1年だけの出来事だけで判断できるものではないと思うんだ。まぁ、確かにジーコが松井を外したのはショックだったけどね。

というわけで、W杯出場が決まれば「フランスW杯でのカズ外し」に対する、岡ちゃんの回答が出るハズだ。はたして岡ちゃんは、フランスW杯に続いて、また壮大な計画を企てているのだろうか?

人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。 

今日たまたまブランミューヘヴィーズを 誰か他の人がカバーしているバージョンを聴いた。イライライした。なんでだろう?

たぶん、カバー曲をチョイスするタイミングの問題だ。

他の人の曲をカバーするタイミングや、他の人の曲をパクるタイミングってのは非常に大切だ。たとえば、今大ヒットしていている曲を、間髪いれずにカバーで出したとしたらやっぱ問題だと思うし、たぶん誰も買わないはずだ(まぁ間違って買うことはあるかもしれないし、それが狙いなんだろうが)。渋谷系はそのカバーする選曲やカバーの仕方や、パクるタイミングが非常に絶妙だった。だから好きだった。そのセンスが好きだったのだ。つま大切なのはセンスって事だと思うんだ。デザインにもそれは当てはまることだとは思うけど。

THE BRAND NEW HEAVIES - Dream Come True '92 Live
The Brand New Heavies - Dream Come True (original vers 1990)





数の悪魔?算数・数学が楽しくなる12夜
晶文社
ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー

ユーザレビュー:
小学生でも、フィボナ ...
算数への興味を引きだ ...
まーなんですがーー数 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




指揮官 岡田武史―アルマトイ、フランス、そして札幌
朝日新聞社
潮 智史

ユーザレビュー:
巷にあふれた「岡ちゃ ...
「冷静にファイトする ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



勝利のチームメイク (日経ビジネス人文庫 グリーン お 4-1)
日本経済新聞出版社
岡田 武史

ユーザレビュー:
運命のW杯予選6月4 ...
日本のチームメイクへ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい
岡田 武史 サッカー日本代表の本質を考える会 カンファレンス第3回「カズ外しと閉塞感」 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる