doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS アジアW杯予選「ウズベキスタン対日本代表」プレビュー 岡ちゃんのコンセプトについて真面目に考えた!

<<   作成日時 : 2009/06/06 00:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

■バーレーン戦以降は違うコンセプト?

「(3月の3次予選)バーレーン戦で負けたことが大きな転機になった。そこから自分の考えを前面に出し、どんな相手にもぶれないで続けていくコンセプトをつくった。試行錯誤はあったが、少しずつ確実に進歩している」http://www.asahi.com/sports/update/0105/TKY200901050001.html

このインタビューによれば、バーレーン戦で負けてからコンセプトが変わったということなのだろう。そのコンセプトが「日本化そのものをやめたもの」なのか、それとも「日本化自体は継続中だけど、そのやり方を変えたもの」なのかはわかりませんが、とにかく「オレ流」宣言から新しいコンセプトになったということだ。

■攻守の切換えが早いとは?

そのコンセプトがなんだかイマイチよくわからないんだけど、たまに岡ちゃんインタビューでキーワードとして出る「攻守の切換えの早いサッカー」がそれか?

いろんな意味で、たとえばチームのコンセプトに関していつも言いますように攻守の切り替えを早くするのであれば、10回あったところを8回できたのを9回にすると。そういう一つ一つのステップが少しずつ上がってきている事を感じるのと共に、やはり勝負に対してチームが勝つために、隙や甘さを見せない、という姿勢が非常によくなっていると思います。http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00083806.html

では具体的に、攻守の切換えが早いサッカーとはどういうサッカーなんであろうか? 読んで字の如く「攻撃→守備」「守備→攻撃」に切り替わるときが早いサッカーということなんだろうが、これって極論で言えば「カウンターを防ぎ、逆に仕掛けろ」ってことを言っているんでしょう。つまり、ボールを奪われた瞬間からすぐに守備(攻撃→守備の切り替え)ってことは、ズバリ「相手のカウンター攻撃を未然に防ぐ」ってことだと思うし、逆にボールを奪ったらすぐに攻撃(守備→攻撃の切換え)ってのは、カウンター攻撃を仕掛けろって事みたいな。

■モダンサッカーの最先端

岡ちゃんのコンセプトの本質がはたして、本当に「カウンター」のことを指しているのかは僕にはわかりませんが、もしそうなら、それはある意味「モダンサッカーの最先端」を実践していることになるんだろう。モダンサッカーにおいては「カウンターからゴールが生まれることが多い」のは言うまでも無いところで、極論で言えば、モダンサッカーにおいては、この「カウンターの攻防」を制することがそのまま勝敗を左右することが多いと言えるからだ。もちろんセットプレイからのがゴールが生まれることのが多いかもしれないけど、守備のときは「カウンターを未然に防ぎ」、攻撃の時は逆に「カウンターをいい位置で仕掛ける」ことができるチームが最近の欧州サッカー界で結果を出している。

■スペイン代表、バルセロナ!

たとえば、ユーロで優勝したスペイン代表や欧州CLで今年優勝したバルセロナなんかがそうだ。その2チームは一見、華やかなパスワークが注目されている感じだけど、強かったポイントは「カウンターを未然に防ぐ守備」と「高い位置からの鋭いカウンター攻撃」だったのではなかろうか? 少なくとも僕はそう思っている。ちなみに僕が応援するチェルシーだって、監督がモウリーニョとヒディンクのときはそういうサッカーだった。特にモウリーニョの頃は「カウンターを未然に防ぐ守備」には、かなり力を入れていたチームだったし、それは一つ前のユーロで優勝したあのギリシャ代表だってそうだったといえるんだろう。というか、マンチェスターユナイテッドだってリバプールだって、そういうサッカーをしている。だから、岡ちゃんがリバプールのジェラードのようなプレイを求めるのだって、全然間違っていないんだ。むしろコンセプト的には合っている。「攻守の切換えの早いというコンセプト」に置いてはね。

■あくまで基礎部分?

さて、もうそろそろ眠くなってきたし、早く寝ないとママに怒られちゃうのでこのあたりで筆を下ろすことにするが、つまり言いたい事は「岡ちゃんのコンセプト」はけっして間違ってないということなんだ。というか正しい。世界のモダンサッカーの流れの中から見ると、非常にまっとうな正攻法のコンセプトだと僕は思っている。ただ、それは別に岡ちゃん専売特許でもニッポンオリジナルのものでもなんでもなくて、どちらかと言えば世界のトップレベルが今現在やっていたり、これまでこれまでにやってきたことの模倣といえるものだと思うんだ。まぁ、そもそも欧州のトップチームは「攻守の切換えの早さ」をあえてコンセプトとしては謳ってなく、それはあくまで基礎部分であって、「攻守の切換えの早さ」をベースにどういうサッカーをするかってところで勝負していると思うんだけどね。「ボールポゼッション」であったり「個の力」であったり。

■「攻守の切換えというコンセプト」だけで世界と勝負するというのなら?

もちろん岡ちゃんだって、コンセプトはあくまでコンセプトであり、それをベースに「プラスアルファ」のところで世界と勝負しようと考えているだろう。それは中村俊輔のセットプレイであったり、遠藤の展開力だったり、例の「接近展開」ってやつなんだろうけど、もし仮にそれらすべてを放棄して「攻守の切換えというコンセプト」だけで世界と勝負するというなら、すくなくとも最低限、次のような決まりごとは徹底させるべきだろう。

その約束とはズバリ
攻撃時の約束…ボ−ルポゼッションすることよりもボールロストする危険性を第一に考えよ。つまり、ボールを奪われていけない地域ではむやみにボールつながず、ボールを奪われても安全な地域に早く運ぼう。つまり、危険な地域ではGKにすばやくバックパスして、前線へ放り込め。
守備時の約束…なるべく高い位置で守備することを考えろ。つまりFWが守備参加できるような状況を作り出すのだ。相手にボールゼッションされて自陣ペナルティエリア近くまで運ばれるなんてもってのほかだ。ボールを運ばれる前に高い位置で守備して防げ!

■チェルシーとは違うけど…

この2つの決まりごとが大切になる気がするんですが、どうでしょう? ちなみに欧州CLバルセロナ戦でのチェルシーは上の「攻撃時の約束事」は徹底してましたが、「守備時の約束事」に関しては違う方法論で戦っていました。違う方法論のが有効であると思ったのか、違う方法論じゃないと防ぐことができないと思ったのかは知りません。違う方法論でも「守れる」選手がいるという判断もあったんでしょう。では、もし岡ちゃん日本代表が今のバルセロナと戦うとしたら、どうするんだろう? コンセプトでいけば、チェルシーとは違うやり方で戦うことになると思うんだけど、はたして?

って、次の対戦相手はバルセロナでなくウズベキスタンでしたね。失礼。

 この日、目立った練習を挙げるとすれば、攻撃陣と守備陣のグループに分けて、守備陣のグループを岡田武史監督がつきっきりで指導したことだろうか。練習の意図について、左サイドバックに入っていた長友佑都は「相手がクロスを上げてきて、マークが外れると事故から失点になる。マークの確認とクロスを上げさせない守備をする練習でした」と語っている。ちなみにこうした守備の連係確認は、これまでの非公開練習では、たびたび行われていたらしく、決して「特別なことではない」(岡田監督)そうだ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2009/text/200906050003-spnavi.html



人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。


「じゃ、次のアルバムのコンセプトは火星人が宇宙から攻めてくるってのでどうだ?」
「あれ、デビットボウイにそんなんなかったっけ?」
「誰やそれ? 知らんだろ誰も。覚えてないだろ誰も、OKや?」
「違ったオーソンウェルズだった」
「誰やそれ? 知らんだろ誰も。覚えてないだろ誰も、OKや?」
「じゃ、それで行こう! で、どんな曲?」
「…。ちょっとレコード屋と本屋行ってくるわ。なんて名前だっけ? さっき言ってたデビルトなんとかって?」
David Bowie - Heroes (live)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「切り換え」の一言で選手を走らせ、攻撃と守備の約束事を要約しているのだから凄いです。

バルサみたいな相手とどう戦うんでしょうね。
それに近い相手とやっといたほうがいいとおもいます。
CSKA352
2009/06/10 13:44
>CSKA352さんへ
どうもです。理想はポゼッションサッカーもできて、守備もできて、主体的にも受動的にもできるサッカーだと思うんです。で、本来バルセロナはその受動的の部分はノーマターなんだけど、こっそり一生懸命にやっているときは強いと思うんです。で、そのこっそりのところが、岡ちゃんの今のコンセプト?
doroguba
2009/06/11 01:08
アジアW杯予選「ウズベキスタン対日本代表」プレビュー 岡ちゃんのコンセプトについて真面目に考えた! doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる