doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯アジア予選「ウズベキスタン対 日本代表」超雑感 勝因とFIFAの問題点

<<   作成日時 : 2009/06/08 00:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 4

勝因はプレビューで書いた通り、相手にカウンター攻撃させなかったことだと思っています。

この試合、前半途中くらいまで見ていて、ウズベキスタンにゴールされる可能性があるとすればカウンターからくらいだろうと思ってましたが、そういうカウンター攻撃は一度しか許さなかったことは評価すべきでしょう。

もちろん中澤とトゥーリオの個の守備力が素晴らしかったのは言うまでもないんですが、それ以上にウズベキスタンの攻撃力(特にシュート力)がショボく、ボールをポゼッションされていても正直まったく怖くありませんでしたからね。

確かにウズベキスタンに中盤を支配されたことは課題が残るとは思いますが、無失点で試合を終えることができたのは想定の範囲内だった気もします。

はっきり言って、ウズベキスタンは弱かった。もちろん、日本代表がフランスW杯の頃と比べると格段に強くなったこともあるんでしょうが、それを差し引いてもウズベキスタンは弱かった。

まぁ全世界的にサッカーのレベルが低くなっているのかもしれないけど、それでもこのウズベキスタンはW杯の出場を狙うレベルでないのは明らか。

四年前の予選も楽だったのかもしれないけど、改めてアジア枠4・5は緩いと思ってしまいました。

まぁ岡ちゃんが試合後に言ってたように、これからがスタートと考えればいいんでしょうが、ワールドカップ予選の醍醐味が失われつつあるのは確かですね。

組み合わせに恵まれたところもあったんでしょうけど、FIFAはワールドカップの大会方式を見直す時期にきているのかもしれません。
誰かがサッカー日本代表の金満主義を改めるべきだとブログで書いていたけど、一番改めるべきはFIFAの金満主義だと思うんですわ。

FIFAというか、ブラッター?

アジアとアフリカ市場が大切なのはわかるけど、金満主義ゆえの緩和措置が逆効果になっていると思うんです。

今回、オーストラリア代表も、そのアジア緩和措置の恩恵で楽々ワールドカップ出場を手にしましたが、これまで彼らが苦しんでた南米勢とのプレイオフはレベルも高く、第三者的におもしろかったのは確かなわけで。

フランスW杯時のアジア予選も今より出場枠が狭くおもしろかったわけですが、そういう予選の醍醐味が失われていくことは、結果としてワールドカップという大会そのものをつまらなくしていく気がするんです。

もちろん、ワールドカップに日本代表が簡単に出場できることは歓迎すべきことなのかもしれないけど、個人的にはもっとワールドカップアジア予選を厳しくおもしろくしてもらいたいなぁと。

まぁFIFA的にはクラブワールドカップと同じで、欧州と南米の強豪さえ出場すれば、あとは賑やかしてくれさえすればいいのでしょうけど。

というか、金を落としてくれる国ならより大歓迎みたいな感じ?

まぁ、いいや。

というわけで、何はともあれ岡ちゃん出場おめでとう。次こそ、一勝一敗一分を目指して頑張ってください。

人気blogランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ウズベキスタン」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「ウズベキスタン」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「ウズベキスタン」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2009/06/08 11:31
サッカー日本代表 2010年W杯出場1番乗り 
サッカー日本代表が2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選のウズベキスタン戦にアウェーで1-0と勝利。早々と本大会出場を決めました。 ...続きを見る
マチルダベイビー!
2009/06/08 11:46

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アジアのレベルは間違いなく下がってると思います。
でもヨーロッパは上がってるので差はよりついてるのでしょう。
ということはヨーロッパで働いてる選手が多い南米、アフリカも上がってるということなんですかね。。。
えびくた7
2009/06/08 19:48
>えびくた7さんへ
どうもです。アジアは同意ですが、私はヨーロッパも南米も下がっている気がしないでもないんです。もちろんスペインとかイタリアとかイングランドとかブラジル、アルゼンチンは強いのは間違いないと思うんですが。
doroguba
2009/06/10 00:07
>私はヨーロッパも南米も下がっている気がしないでもないんです。
ああ、言っちゃいましたか…。まあ、同意です。バルセロナVSマンチェスターUの決勝とか見ると、再確認してしまうというか。まあ、あの試合はここ最近のCL決勝でも極端にレベルの低い試合でしたからフェアじゃない気もしますが。

戦術的な部分は色々な意見があるので良いとしても、個々の面でメッシやCロナウド・カカが世界一の選手、と言われるとたしかに凄い選手だけど…。メッシにしろカカにしろ妙に欧州向けにカスタマイズされた選手みたいで、過去の南米変態選手と比べると評価が辛くなります。メッシをマラドーナ二世とか言ってる新聞も有りますが、プレースタイルの面でも能力の面でも全くかけ離れていると思います。

上でdorogubaさんが強い、と挙げられた国も、変態さんが少なくなっているからなのか、さらに戦術的な平準化が見られて、一昔ほどじゃないんじゃないでしょうか?
jerry
2009/06/14 07:59
>Jerryさんへ
どうもです。レベルの高低は、あくまでも感覚的な問題ですから、一概に低くなったとは言えないとは思いますが、仰せの変態さはなんとなくわかります。マラドーナやジタンやストイコビッチみたいな選手が、出てきてもらいたいなぁ。
doroguba
2009/06/15 12:37
W杯アジア予選「ウズベキスタン対 日本代表」超雑感 勝因とFIFAの問題点 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる