doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS カタール戦は見てないけど、日本代表のコンセプトについて

<<   作成日時 : 2009/06/11 04:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

主力が抜けると機能しなくなることは、サッカーでは普通によくあることですよ。

ただコンセプトなるものがあるなら、それが出来ていたのか、出来てなかったのかは考える余地はありますよね。

で、勝てなかったのはそのコンセプトが実践できていなかったからなのか、それともコンセプトはできていたけど勝てなかったのか?

そんな視点から考えてみるのもいいと思うんです。


さて、唐突ですが、ここでオシムという切り口から、岡ちゃんの「切り替えの早いサッカーというコンセプト」を考えてみたいと思います。

で、すぐに頭に思い浮かぶのは例のビブス練習です。

あれは、状況判断能力を付ける練習だったと思われるわけですが、あの練習はまさに岡ちゃんのコンセプト同様「切り替えの早さ」を鍛練させるのが狙いだったと思うんです。

ただ、オシムの場合は、あくまでも「相手チームと味方の状況を考慮して、切り替えの仕方を考えろ」という高度で複雑で頭を使うものだったのに対し、岡ちゃんのはもっと単純に「相手は関係なく、自分たちだけの問題として」切り替えを早くするというもの。

つまり、岡ちゃんのコンセプトを良く言えば選手は悩まないでプレイできると言えるし、悪く言えば、岡ちゃんのコンセプトのほうが頭を使わないですむみたいな感じ?

ほら、オシムの時は頭痛が痛いとか言う選手がいたけど、岡ちゃんになってからはそんな選手いないでしょ?

むしろ、悩まないので万歳みたいな意見が多くなったわけで。

別にどちらがいいわるいって話ではなく、要は切り替えの早さに対する考え方の問題ってことだと思うんだ。

いろんな状況判断ができるように鍛練させるのか、それともなるべく状況判断しなくていいようにプレイを規制するのか?

理想は前者なんだろうけど、短期間で手っ取り早くできるのは後者みたいな感じなのかな?

さて、日本代表にはどちらが合っているのだろうか?

そんなことも頭に置きつつオーストラリア戦でも見ようじゃないですか。

人気blogランキングへ
クリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
無駄なコメントに応じてくださりどうも。
お父ちゃん理論はオシムやトルシェの悩みですかね。
バルサみたいに押されても能動的に出ればいいんですけど、そんな魔法のようなコンセプトが出てくるか。

オシムはオトナ扱いでチームワークの大切さを練習メニューから自分で納得させていたのでしょうね。
だからオシムジャパンでは選手が自分をチームの歯車にして迷い無く無駄なく走れたし、それが出来ない選手は使ってもらえなかったですね。
巻や山岸は色気も持たず自分の役割に専念してそれをまっとうできる選手だったと思います。

岡田ジャパンはコンセプトは言い聞かされて共有出来ているから誰が出ても出来るけど、出来ないときのフォローが課題ですね。
ただコンセプトが具体的でないのか体で分かってないのか、迷っていたりムダにかぶったりしてのを見ると規律はまったく感じないですね。個人の裁量にゆだねられているからだと思います。

チームプレーで必要なのは前者の役割理解だけど、
日本人は民主主義で和を重んじるから仲良くコンセプトを実行しながら好き勝手にやってる岡田ジャパンの方が日本らしいとは思います。
CSKA352
2009/06/12 13:19
>CSKA352さんへ
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。CSKA352さんのコメントには、いつもいろいろ勉強させていただいてます。
日本に合っているはそうかもしれません。エントリーにも書かせていただきましたが、身の丈にあった監督な気もしてきました。進学校で落ちこぼれるより、普通の学校で上位にいるほうがいい場合もあるみたいな。
doroguba
2009/06/13 00:43
カタール戦は見てないけど、日本代表のコンセプトについて doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる