doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS サンドニでの「フランス代表 vs 日本代表」について、改めて考えてみましょうか?

<<   作成日時 : 2009/07/29 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サンドニをYoutubeで振り返ってみる。日本代表の失点は、1失点目はPK、2失点目は楢崎のキャツチミス。やっぱ、やってはいけない場所でのミスをしてしまうと試合は壊れてしまうということなんでしょう。3失点目はセットプレイから。高さのミスマッチは仕方がないところか。で、問題は4失点目と5失点目なんだけど、ピッチコンデョションや得点差が開いていたことが影響したとは思いますが、おなじみの後半途中以降の集中力の欠如はある意味わかりやすい。この「後半途中以降のメンタル&体力の保持ができないこと」の理由は、結局のところ「プレッシングのことだけ考えていて、ボールポゼッションできないから」であり、「ある程度の時間帯でも試合を支配できてない」ことの影響が大かなって思うですが、果たして当時のトルシエはそういう分析をしていたのでしょうかね? よく「ポゼッションのためのポゼッションは意味なし」とか「シュートしないのが悪い」的な話は聞くんだけど、それは日本代表が強くなるための根本的な問題ではないと思っている。問題は「90分間という時間を考えて、いかにして戦うか」ということであり、1試合トータルを戦うための選手ひとりひとりの戦略的な意識付けの問題であると思うんですが、どうでしょう? まぁ、それが簡単にできないから弱いわけだし、それができないからフラット35とか5バックとか他の方法で補うしかなかったというなら、それはそれで淋しい限りですが。
フランス代表 vs 日本代表 France vs Japan highlights

人気blogランキングへ
↑読んで面白かったら、クリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
サンドニでの「フランス代表 vs 日本代表」について、改めて考えてみましょうか? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる