doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サンダーランド対チェルシー」戦の補足 &それぞれのファイナルカウントダウン

<<   作成日時 : 2009/08/20 22:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

■サンダーランド戦補足

昨日書いたサンダーランド戦のレビューですが、「ジョン・テリーを主人公とした物語」はちょっと無理があったかもしれません。まぁ後半のチェルシーの攻撃が活性化したのは「左サイドが機能しだしたから」であると思うんですが、その主人公はあくまで「アシュリー・コール」であって、ジョン・テリーはあくまで脇役だったと考えるのが正しいのかなって、あれ書いた後に再度、サンダーランド戦見ながら感じてしまいました。

特筆すべきは、やっぱアシュリー・コールがボールポゼッション時に「高い位置にポジションニングをとった」ことなんですよね。それがすべての始まりであり、ジョン・テリーはあくまで「そのアシュリー・コールが上がって明けたスペース」をカバーしていたというのが第一の仕事であって、ボールを運んでいたってのはあくまで「副次的なこと」であったと考えるほうがベターな気がするんです。もちろんジョン・テリーが積極的に左サイドでボールを運んでいたことは評価すべきだし、テリーが積極的にボールを運べたからこそ、アシュリー・コールの「高い位置取り」が生きたわけではあるんですが。ただ、戦術的にこの一連の構造を考えるとするなら、テリーよりもアシュリー・コールのポジション取りを主として考えたほうがベストであり、テリーを主として話を進めると、ちょっと間違った方向に話が進んでしまいそうな気がしたんで、一応、ここで補足させていただきます。ちなみに本当の正解は「アシュリーのポジショング」も「テリーの運び」も、どちらも大事ってことなんでしょうけど…。

■まさか、このタイミングで!

「カリックはペナルティエリア内に進入して最高のチャンスを迎えたが、シュートを打たずにチャンスをフイにしてしまったんだ。他にも2、3人の選手がゴールを決めるチャンスがあった。オーウェンは前半にチャンスを迎え、ギグスにも後半チャンスがあった。ルーニーにいたっては2、3回ゴールチャンスがあった。土曜日の試合でも多くのチャンスを得られればと願っている」http://news.livedoor.com/article/detail/4306768/

さすがに2日連続で早朝サッカー観戦するほどの体力・気力はなく、リバプール戦のほうを録画予約して寝たんですが、まさかこちらの試合のほうで事件が起こるとは! まぁ「ゴール欠乏症による勝ち点のロス」はそのうち起こるだろうとは思っていたんですけど、早速このバーンリー戦でそれが拝めるとはねぇ。試合見てないのでなんともいえませんが、どうやらオーエン、ルーニーの2トップだったようで。ファーガソンはオーエンのことをどう考えているのかわかりませんが、もしかして昨年のニューカッスルのように「オーエンの出来によって勝敗が左右するチーム」にしちゃうんでしょうか? まさか、そんなことはしないと思うけど、はたして移籍市場が閉まる今月中にFWを補強するのかどうかは注目ですかね。まぁ、ふつう補強すると思うけど…誰?

■レスコットは移籍決定?

「レスコットはチームに入れなかった。ここ数日の彼の態度は良くなかったからだ」
「私はずっと彼がいい選手だと思ってきた。だが、彼は自分だけではなく、チームメートたちの士気も下げてしまったと思う」
レスコットは19日、チーム練習を欠席しているが、クラブから理由は明かされていない。同選手の獲得を諦めないシティは、DFリチャード・ダンとMFマルティン・ペトロフ、あるいはFWジョーを代役に差し出し、さらに1800万ポンドを提示すると言われている。http://news.livedoor.com/article/detail/4306626/

あらら、これはもう移籍決定って感じですね。レスコットからすれば、シティへの移籍したほうが給料いいし、CL出場権ゲットの可能性も高いし、いいことだらけってことなんでしょう。より待遇のいいところへステップアップするというのは、プロとしては間違ってないと思うんで“レスコットの意思”は尊重したいと思っているんですが、これエバートンとシティとの話し合いはきちんと手続きを追ってされたんでしょうか? いや、その昔、チェルシーはアーセナルとアシュリー・コールを巡って「タッピング」とかいう問題起こしたことあるじゃないですか(あれ、罰金とか罰則とか受けたんだっけ?)。そういうタッピング的な問題って、この夏のレアルマドリードとかシティとかの札束攻撃ではなかったんですかね? というか、そもそもタッピングは“問題になるようなこと”ではない? よくわかりませんが、選手の移籍には「チーム間で合意することが大前提」だけど、そのチーム間で合意には「選手の意思」というのも少なからず影響を与えることができるってことなんでしょう。当たり前といえば当たり前なんですが。

■ファイナルカウントダウン?

「どうなるかはわからない。それはクラブ次第だよ。でも僕は残留を望んでいるし、ここで幸せなんだ。レアル・マドリーに来てから、フィジカルコンディションは良くなった。それに信頼も感じているんだ」http://news.livedoor.com/article/detail/4307224/

つまりチェルシーのときはフィジカルコンディションが良くなかったということですね(にっこり)。まぁ確かに怪我ばかりしていましたものね。でも〜。レアル・マドリーでも怪我でよく欠場していませんでしたか? そうか怪我するのとフィジカルコンデョションは別ですか。それは失礼しました。

というわけで元チェルシーのロッベンさんのフェイバリットソングという噂の
この曲で本日はお開きにしたいと思います。

Europe - The Final Countdown (Live)

というか、レアルマドリーはスナイデルにファイナルカウントダンしている場合じゃない気もするけどね。
スナイデルって、本当に必要ないんですか?

■追加

イタリア代表のマルチェッロ・リッピ監督がセリエAの優勝候補にユヴェントスを挙げ、インテルのジョゼ・モウリーニョ監督が「敬意を欠いている」と批判したことが、さらに論争を呼んでいる。リッピ監督が「ただの予想だ」としたのに対し、モウリーニョ監督は19日、再びイタリア代表指揮官にかみついたのだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/4306245/

追加でこのニュースにとりあげちゃおう! 確かリッピはこれまでも似たような「予想」をしていた気はするけど、それは監督ではなかった時の発言でえしたっけ? しかも、そのときは「インテルが優勝」的な発言で、モウリーニョも特に噛み付かなかったような…。確かに代表監督がその手の発言するのは軽率だとは思うけど、正直、セリエAもイタリアもあまり興味ないからどうでもいいってのが本音です。ただ、このアリーゴサッキのコメントはおもしろいね。ウン。

「どのクラブが優勝する? わたしには分からないね。トトカルチョはやらないんだ。どこがスクデットを獲得するのか、リッピに聞いてくれ」
http://news.livedoor.com/article/detail/4307673/


人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サッキのコメントはおもしろいですね。ホントにリッピに聞いてたりして。モウリーニョはこの手のことはあんまり関心無かった気もしますが、チームのメンタルに影響すると考えたのでしょうか……ただマスコミが暴れただけだと思いますけどね。

レアルはスナイデルよりファンデルファールトだせよと思いますが、ボランチ足りてないよね? ラウールアルビオルでも使う気なのか? でもあのCB陣はそこまで信用できるのか?? ディアラに一人で頑張って貰うのか……。つかアロンソ怪我したらやばそうな気がするのは俺だけ……??
RR
2009/08/20 22:45
>RRさんへ
どうもです。個人的にはあの事件以来アンチ・ユベントスなんで、モウリーニョには是非とも頑張ってほしい。あとレアルマドリードは中盤をどうするつもりなのか興味深いですよね。これまでの遺産をとことんぶっこわすのが、果たして吉とでるのか?
doroguba
2009/08/21 23:09
「サンダーランド対チェルシー」戦の補足 &それぞれのファイナルカウントダウン doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる