doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「岡ちゃん日本代表対ガーナ代表」超雑感目指すべき仕様は?

<<   作成日時 : 2009/09/10 02:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

試合に勝ったことは素直に評価すべきでしょう。

四点も取ったし、しかも、オランダ戦で問題とされていた後半70分過ぎからの逆転だったわけですし尚更に。

この試合を見てお分かりの通り、結局のところ90分ハイプレス問題は日本代表特有のものではなかったということなんでしょうかね。

少なくとも、この日のガーナ代表も同じ問題を抱えているように感じました。

疲労? テスト? 手を抜いた? そういうことは、あまり言い訳になりませんよね。

というわけでガーナ代表の問題ですが、最終ラインの高さと、守備時の状況判断能力の不味さにあったように感じました。うーん。ドイツワールドカップの時と、あまり変わってない感じですね。

エジプト代表と比べたらワンランク落ちるのかしら?まぁ守備の不味さは、アフリカのチームの特徴と言えばそうかもしれないけどさ。

ちなみに、この日の岡ちゃん日本代表も、ドイツでブラジル代表がガーナ戦で見せてたような「最終ラインの裏」を狙うような攻撃をもっと意図的にしてれば、かなり楽な展開に持ち込めた気がしてます。

まぁ、前半はガーナ代表の左サイドバックの裏を攻略できていたし、後半の三点目を演出した稲本のピンポイントパスは、まさにそんな攻略方法だったわけだけどね。

最後に、この試合の岡ちゃん日本代表の問題点と思ったことについて。

岡ちゃん的には、この試合のように攻撃力で打ち合いを制する戦い方を、ワールドカップ本大会でも想定しているんでしょうか?

つまり、守備力で僅差を守って勝つよりも、攻撃力で打ち勝つチームを構築中?

まぁ、攻撃力も守備力もあるチームが理想なんでしょうし、どんな展開になっても勝ちきれるチームになるのが理想なんでしょうけど、正直、この試合のような三点取られてリードされる展開はあまりよろしくないように感じました。

もっと失点しない戦い方を模索すべきなのではないでしょうか?

まぁ、そもそも日本代表には伝統的に「守備の文化」がないわけだし、打ち合いで勝つチームを目指すほうが正しいのかもしれないけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
後半メンバーをおとしてきてる感じでしたね。ガーナは。あれだけ大雑把にやってくれるとこちらのやり方にハマル要素はあるようですね。稲本は案外いいかもしれませんよ。
えびくた7
2009/09/10 11:23
>えびくた7さんへ
トルシエの申し子である稲本は、基本「プレッシングサッカー」向きであると思うんで、90分ハイプレス戦術にはそれなりに合う気はします。って、今から7年前の話ではありますけど。
doroguba
2009/09/10 22:47
「岡ちゃん日本代表対ガーナ代表」超雑感目指すべき仕様は? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる