doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ポルトガル代表、プレーオフ、岡ちゃんの不快感について

<<   作成日時 : 2009/10/16 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

■ポルトガル代表

最初から最後まで試合の主導権を握り続けたポルトガルは、クリスティアーノ・ロナウドの不在を感じさせない怒とうの攻撃を見せた。ポルトガルは、前半14分にナ二が鮮やかなボレーで先制ゴールを挙げると、反撃の糸口さえつかめないマルタに対し、ボジングワ、メイレレスらが容赦なく攻め上がり、次々とチャンスを作る。前半終了直前にはシマゥンのゴールで2点目を決めたポルトガルは、後半突入後の52分にもミゲル、90分にはエディーニョの追加点で4−0とし圧勝した。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/10southafrica/preliminary/headlines/20091015-00000014-spnavi-socc.html

この試合録画してなんとなく見ましたが、個人的にはポルトガルFWのリエジソンの存在の大きさを感じたなぁ。スポルティングではおなじみでしたが、この9月にブラジルから帰化していたとは知りませんでした。大きな特徴はこれといってないかもしれないけど、ブラジル人らしい「抜け目ないFW」という印象のリエジソン。ポルトガルっていつもFWに苦労しているイメージですが、彼の加入は大きな武器でしょう。なんかチームがガラッと変わった印象を受けました。ポルトガル代表には、もともとクリスチャーノ・ロナウド、ナニ、シモンら強烈なウインガーや、デコ、ボシングワらチャンスメイカーはいるわけで、リエジソンが前線に入ることでそれらの武器がさらに威力を増すという感じ? たぶんプレーオフ勝ち抜きは間違いないと思うんですが、本大会に出場すればポルトガルは間違いなくダークホース的な存在になれると感じました。監督は腐ってもケイロスだし。

■プレーオフ

これでプレーオフに進むのは、ポルトガル、ギリシャ、スロヴェニア、ロシア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ウクライナ、フランス、アイルランドの8チームとなり、グループ9で2位のノルウェーは勝ち点で及ばなかった。19日の組み合わせ抽選で4組のカードが決まり、試合は11月14日、18日に行われる。http://news.livedoor.com/article/detail/4396369/

というわけでワールドカップ予選も大詰めですが、欧州はプレーオフの抽選会が楽しみです。8チームの中では、ポルトガル、ロシア、フランスの3チームの力がちょっぴり飛びぬけている感じもしますが、もし、この3チームのうちの2チームが直接対戦することになって潰し合いとなったら大変。ポルトガル対フランスとかなったら笑うなぁ。さすがに、それはないと思うけど。このプレーオフの主役は間違いなくフランスになると思うんだけど、果たしてマラドーナ・アルゼンチンみたいに底力を見せる事が出来るか注目したいですね。

■欧州予選グループの厳しさ

クロアチアはワールドカップ欧州予選グループ6の3位で全日程を終え、本大会出場を逃している。チームを率いるスラヴェン・ビリッチ監督は、自身の去就をまだ決めておらず、今後はどうなるか分からないようだ。
イギリス『デイリー・エクスプレス』が、同指揮官のコメントを伝えた。
「何日か連盟の人間やスタッフと話し合って、この状況を分析する。(14日のカザフスタン戦では)多くのチャンスでミスをした。そして、本大会出場を逃している」
ビリッチ監督は、これまでに何度もプレミアリーグ行きが噂になっていた。クロアチア代表監督を辞めることになれば、複数のクラブが関心を示すものと思われる。http://news.livedoor.com/article/detail/4398087/

クロアチアはまさかの予選敗退となってしまいましたが、入ったグループが不運でした。イングランドに2敗&ウクライナとの直接対決は2分だったけど、それ以外はすべて勝利の勝ち点20という立派な成績だったわけですが、「イングランドがウクライナに負ける」という事故の巻き沿いを食らったという感じだったのかな? いや、やっぱ欧州予選は厳しいなぁ。それは同じく予選敗退となったスウェーデンにも言えることだとは思うんですが、デンマークに2敗はしたけどポルトガルとは2分&勝ち点18で予選敗退ですからね。モドリッチやズラタンの勇姿が南アフリカ大会で拝めないのは残念でなりませんが、逆に言うとその厳しさがワールドカップという大会を面白くしている要素でもあるのでしょう。

■マラドーナ

「(この勝利は)ジャーナリストを除く、すべてのアルゼンチン国民のものだ」と、マラドーナ監督は記者会見で述べている。
「ジャーナリストは私をほこりのように扱った。しかし我々は誇りを持って本大会の出場権を得た。私はこれをすべてのアルゼンチン国民と私の家族に捧げる。しかし、私をゴミのように扱ったジャーナリストはそれに値しない」
「この出場権は私の選手たちの功績だ」
http://news.livedoor.com/article/detail/4397267/

アルゼンチン代表は最後に何とか面目躍如って感じですが、やはり自力があるってことなのかな。残念ながらマラドーナが監督になってからのアルゼンチン代表は見た事がないので何ともいえませんが、南アフリカでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、ある意味、楽しみです。ちなみに上のコメントは「ほこり」と「誇り」をかけているんですか? 確かに「誇り」は大切だとは思うけど、マラドーナはやっぱ「それ」しか拠り所がないのかなぁ。

■岡ちゃんの不快感

番組では一般ファンの質問を岡田監督にぶつけるコーナーがあり、1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会の日本代表から三浦知良(現横浜FC)を外した理由を問う質問もあった。松田部長は「選手選考は監督の専任事項という確固たる信念があり、それを監督に当てたこと」が、監督の不快感を招いたと説明した。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/10southafrica/preliminary/headlines/20091015-00000044-kyodo_sp-spo.html

マラドーナ同様、この人もジャーナリストと対決のようです。前にも書いたけど、私は南アフリカ行きのメンバーを選定している今だからこそ「三浦知良(現横浜FC)を外した理由」が知りたいわけで、このTBSの質問はすばらしいと思うんですが、不快感と言われてしまうとどうしょうもない。岡ちゃんに不快感を与えたのはTBSに落ち度があったということになるんでしょうが、ただ、個人的には「ファンに不親切な岡ちゃんの本質」がこの事件に現れている気がしています。これまでも岡ちゃんは「秘密を秘密として閉ざす」ことが大好きなのを堂々とアピールしてきたわけですが、今回の事件も要はその延長線上だと思うんですよ。で、個人的にはその岡ちゃんの姿勢が嫌いなんですが、もっとメディアの先にいるファンの存在を考えて、言動してもいいと思うんだけどな。もちろん、どんな監督にも「企業秘密」や「シークレット」はあるんでしょうし、それを必ずしも公表する必要はないと思うけど、その隠し方にもいろいろやり方はあると思うんです。なんというか、ファンを喜ばす手法や、ファンをがっかりさせないにやり方というものが。まぁ、その朴訥な実直さや、世間に対して結界を張るところが、岡ちゃんの魅力なのかもしれませんが…。


人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
アーセナルのファンですがいつも楽しく拝見しています。
日本代表はW杯本大会くらいしか興味が湧かないんですが、このブログのような視点で見つめるのも面白いですね。
因みに、今大会から欧州予選プレーオフにはFIFAランキングによるシード制?が適用されるので、上位国同士の潰し合いはない筈です。お馴染みの顔触れは揃って出場するんじゃないですかね◎
玄関開けたらパットライス
2009/10/16 10:52
正直、プロとしてどうなの?という対応の仕方ですね。そんなこと聞かれるくらい、日本以外じゃ当たり前。むしろ、日本だからこの程度なのに、この対応は器の小ささをアピールしているとしか思えん。やっぱ、俊輔も外されるのかねぇ……
ワールドカップ予選は、デンマーク・スロバキアが抜けたことが少し驚きです。クロアチアは、対イングランド戦の負け方が悪すぎた印象。スペイン10連勝とかもありましたし。そんな中イタリアの安定感はやっぱすごい。
RR
2009/10/16 13:44
TBSはなぜ謝罪なんてしなければならないのだろう?
 「監督が答えたくない質問をしてはいけない」なんて前例を作ってしまってはメディアとして自殺行為以外の何物でもないと思うが。
 サッカー、代表チームにまったく関係のない岡田氏の個人的な問題を質問したわけでもなく、極めてまっとうな質問をしているのだし。
蹴球
2009/10/16 13:56
ポルトガルのようにブラジル人FWがいれば日本代表はもっと簡略化される気がするのですが、。
えびくた7
2009/10/16 16:42
私もこの番組(スパサカ)のこのコーナー見てましたが、ほんとに小さい人だな、と感じました。オシムはマスコミ批判もしましたが、いい意味でマスコミから好かれてましたよね。こういうスキルも差がありすぎるなあ、と感じました。
パベル
2009/10/16 19:17
こんばんは。
クロアチアの敗退は個人的には残念ですね。ユーロでのビディッチ率いるチームには魅力を感じていましたし。フランスはこけるんじゃないかなぁ〜と予想しときます(笑)旧ユーゴ系が台頭してきましたね!
岡田監督に関しては、同意です。
私も好かんです(笑)
コージ
2009/10/16 20:19
>玄関開けたらパットライスさま
コメントありがとうございます。なるほどFIFAランクが関係してくるんですね。知りませんでした。アーセナルはいいチームですよね。これからもよろしくお願いいたします。
doroguba
2009/10/18 20:54
>RRさんへ
イタリアは確かに安定感はすごいですよね。世代交代が遅れている気もしますが、南アでどこまで戦えるか注目したいです。
doroguba
2009/10/18 20:57
>蹴球さんへ
個人的な質問してないのには同意ですが、もしかしたら岡ちゃんにとっては個人的な質問という認識なのかもしれません。それを含めて俺流みたいな感じ?
doroguba
2009/10/18 21:01
>えびくた7さんへ
ブラジル人FWがいた時代もありましたよね。助っ人ではラモスが一番だったと思うんですが、彼を越える帰化人がいつの日か来ることを期待したいです。
doroguba
2009/10/18 21:06
>パベルさんへ
オシムは素晴らしかったですよね。当時はオシムのおかげでブログでのサッカー論も盛り上がってましたが、現状はこのありさまです(笑)
doroguba
2009/10/18 21:11
>コージさんへ
確かにフランスの行方が気になりますが、あの占い師はこういう逆境に強いんだよな。それよりリバプール厳しいですね。チェルシーも不安定ですが、シティだけにはやられないようにお互い応募しましょう。
doroguba
2009/10/18 21:16
ポルトガル代表、プレーオフ、岡ちゃんの不快感について doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる