doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS チェルシー:カーリング杯ボルトン戦プレビューとか

<<   作成日時 : 2009/10/29 00:03   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

■ボルトン戦

His starting 11 has Hilario in a goal; a defence of Juliano Belletti, Alex, Branislav Ivanovic and Paulo Ferreira; in midfield Michael Ballack, Deco, Florent Malouda and Joe Cole, and up front, Salomon Kalou and Daniel Sturridge.
The subs are: Ross Turnbull, Jeffrey Bruma, Nemanja Matic, Michael Essien, Frank Lampard, Fabio Borini and Didier Drogba.
http://www.chelseafc.com/page/LatestNews/0,,10268~1839393,00.html

今宵のカーリングカップのチェルシーのスタメンが発表となっているみたいですが、ほぼターンオーバーという布陣になるようです。開幕以来アンチェロッティは効果的にこの“ターンオーバー性”を駆使している感じですが、そのやり方を維持するためにもぜひこのカーリングカップ・ボルトン戦に勝ってほしいところ。モウリーニョのときはそれほどターンオーバーせずに「タイトル確保の一環」という感じでカーリングカップを戦っていましたが、私は今回やるようなアンチェロッティの「ターンオーバー性」のほうも支持したいと思っています。もちろんどんなタイトルも欲しいですし、モウリーニョ張りにしゃにむにタイトルを狙ってもらいたいのは変わらないのですが、一方でこのカーリングカップを“若手の育成”や“サブメンバーのモチベーションアップ&強化”のために使うというのも間違いではないと思うし、大切だと思うんですよね。つまり「タイトル狙いつつ」、その上で「育成、サブメンバーの強化」にもつなげるというのが理想だと思うわけで、ぜひアンチェロッティ監督には、そのあたりの勝負と育成のバランスを考えて勝負してもらいたいところです。

さてボルトン。チェルシーはなんと、今宵のカーリングカップと週末のプレミアリーグと2連戦になるんですが、正直、戦いにくい相手であると思っています。なぜかって、やっぱ彼らはアラダイスのころからの「高さ&フィジカル」や「セットプレイ」という武器があるし、今期のアンチェロッティ・チェルシーはそのような“単純だけど一途な戦術”に苦戦しているからです。確かにウィガン戦やビラ戦は「セットプレイの守備」で自滅した感がありますし、その後の何試合か見る限りは修正しているとは思いますが、やっぱ「セットプレイが強い相手」ってのは戦いにくいんですよね。テリーやイバノビッチやバラックは高さに強いけど、正直カルバーリョはあまり強くないし、ボシングワやエシエン、ランパードあたりも足元に比べれば、それほど高さに強いわけではないから。でもって、セットプレイ時のドログバ&アネルカらFW陣の役割がイマイチあいまいなところがこれまでの失態につながっているところもある気もするんですが、それは単純に戦術的な失敗なのか、それとも「高さにあまり強くない人の数が多い」ことによるメンタル的なものかは、どちらともいえない気がしているわけです。まぁ両方なんでしょうが、そう考えるとこのカーリングカップでCBに復帰する予定のアレックスの存在は非常に重要であると思うんですよね。イバノビッチも高さに強いしバラックも出るみたいなので、まずは「ボルトンの高さ対策」をバッチリ行って、その上でデコとジョーコールを中心にじっくりと攻撃してゴールを奪ってもらいたいところです。で、もし先制されて「やばく」なったら、後半にドログバ、ランパード、エシエンらを投入して「しゃにむに勝ちにいく」って算段ですかね。残念ながらテレビ放送なしですが、勝利を期待してます。ちなみに、もしアレックスが効果的のようだったら週末にもそのまま使うってのもありかもしれません。SBイバノビッチ、CBテリー&アレックス、MFバラックならかなり「高さ」でも見劣りしなそうなんで。

■守備がもろい?

「みんなは私たちの守備のもろさをターゲットにしたいようだ。しかし、プレミアリーグのデータを見れば、私たちより失点が少ないチームは、トップ6の中でチェルシーしかいない。無失点試合に関して言えば、チェルシーよりも多いね。批判するなら、正しいポイントにすべきだろう」
http://news.livedoor.com/article/detail/4421077/

これはその通りだと思いますね。まぁ前節の守備はハイライト見た限りではひどかったけど、今期のシティの守備はそんなに悪くないというか「いい」と私は思っています。どちらかというと「中盤のゲームメイク」と「勝負強さ」的なものが足りない気がするんだけど、まぁそれも手に入れたらちょっとビック4側の人たちにとっては怖いんだけどね。
人気ブログランキングへ


「JUMP」って、かっこいい曲だよね。
あのイントロがかっこいい。
思わず口ずさんじゃうような印象的なサビ
のメロディもステキだし。
あのピコピコ音も効果的だ。
えっ? ピコピコ音?
Jump

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
チェルシー:カーリング杯ボルトン戦プレビューとか doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる