doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS カーリングカップの大量点? チェルシー好調の理由ははたして?

<<   作成日時 : 2009/10/30 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ボルトンにも4ゴールでの勝利でした。試合は見ていないけど、ここ3試合ですべて4ゴール以上での勝利というのは素晴らしい。というわけで、今回はそんな絶好調なチェルシーの攻撃陣について書いてみたいと思います。まぁ単に3試合とも相手チームの守備がアレだったからゴール量産できただけと言えばそれで終わりな気もしますが(笑)、何にせよ4ゴール×3試合という数字がすばらしいのは間違いないわけで。その好調な理由を、暇つぶし程度に考えてみたいと思うわけです。と思ったら、こちらでチェルシーのマルダ選手が、ちょうどそれについて答えてました。
チェルシーMFフローラン・マルダは、チームの攻撃パターンの多さに満足している。多くの選手が異なる位置からゴールを奪っていることは、チームにとってポジティブな要素と考えているようだ。
イギリス『イブニング・スタンダード』の中で、マルダは以下のように話した。
「いろいろなところから脅威をつくっているね。それは今シーズンの僕たちの強みだよ」
「僕たちは誰か一人に頼る必要はないんだ。調子が良くなかったり、ゴールを奪うのに十分じゃない状況はシーズンの中で訪れる。でも、僕たちはチーム全体にクオリティーがあるね。選手みんなができることは大事だよ」
「それは今の僕たちの強さだ。このシステムで、僕たちはかなり良くなった」
「シーズンの序盤は、1点差で勝っていることが多かったけど、今はたくさんのゴールを奪っている。うまく戦えているね。このクオリティーを維持しなければいけない」
「目標は常に勝利だ。でも、たくさんのゴールを挙げて勝利することは、自信につながる。それは全選手にとってプラスだね」http://news.livedoor.com/article/detail/4423125/

なるほど、マルダが考える理由は「いろいろなところから崩せている」&「ピルロシステムのおかげ」って感じですか。確かに、そうかもしれませんね。というか同意。私もそんな「ピルロシステムが機能してきたからこそのゴール量産」というアプローチの仕方には賛成なんです。で、もっと言えば「ピルロシステムを生かせる中盤の構成となった」ことと、選手たちが「ピルロシステムを機能させるやり方がわかってきた」ことが、この3試合の好調さの原因なんじゃないかと言いたいんですよね。

まず「構成」についてですが、それはズバリ「バラックの復帰」と「ランパードがトップ下から外れたこと」と、そして「ジョー・コールが復帰したこと」などがその理由かなと。そもそもランパード&バラックの2人は、これまでの「4−3−3」においても中盤のサイドで仕事していたわけで、システムに多少の違いはあれど、そのポジションでのやり方はある程度わかっていたと思うんです。で、ピルロシステムにおいても、やっぱ彼らの適任はその「中盤サイド」だと思うわけで、この数試合で2人がその適正のポジションでプレイできていることは大きいと思っています。

というか、逆に言えば、“トップ下(ジョー・コール、デコ)”と“アンカー(エシエン、デコ)”の2つのポジションが、ランパードとバラックが定位置に復帰したことで機能しだしたと考えるほうが正しいのかもしれません。改めて「4−3−3」と「4−3−1−2(ピルロ)」の違いは何なのかって考えてみれば、それは「マケレレ→ピルロ(アンカー)」と「ウイング→トップ下」となるわけでして、ここがチェルシー的にはピルロシステムに対応するための肝なんですよね。その中盤のダイアモンドの頂点と底辺にそれなりの適材適所な選手が入れたことがゴール量産につながったのではないかと。まぁボルトン戦は見れてないですし、その試合のスタメンではランパードとエシエンは出てなかったわけで、一概に適材適所で事を片付けるのは間違いなのかもしれませんが、何にせよダイアモンドの中盤を機能させる上での陣容が整ったことが、いい結果を招いているのは確かなのかなって。あとはアネルカが代表するように「サイドの高い位置でウイングのように起点を作れるようになった」ことも大きいかなと。もっと単純に言えばピッチをワイドに使えるようになったこと? まぁ、それも好調の要因でしょう。あとドログバがポストプレイだけでなく、中盤のパサーと共同作業でDFの裏を突けるようになったことも要因かな。って、最後は駆け足になりましたが、要はみんなそれぞれのポジションでよくなったということです。相手の守備がしょぼかった影響もあって。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年のチェルシーは一段と強く感じます!中盤が堅いですよね!!!
個人的にチェルシーは、ほかのクラブよりアンカーが安定していて、そのため攻撃力ある豪華な前線が機能しているのかな...と思うんですが、どうでしょう??
BUBIMIR
2009/10/30 00:48
>BUBIMIRさんへ
遅くなりました。確かにアンカーが安定しているのかもしれません。というか、アンカーを重要視していると言うほうが正しいでしょうか? アーセナルは最近アンカー置いて戦ったりしてますが、プレミアは基本4−4−2が多いですしね。今後ともよろしくです。
doroguba
2009/11/02 22:53
カーリングカップの大量点? チェルシー好調の理由ははたして? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる