doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミアリーグ「チェルシー対リバプール」超雑感  イタリア紳士という面から考えてみると?

<<   作成日時 : 2009/10/05 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

残念ながらあまり時間がないので簡潔に。

勝利のポイントは、ずばりデコのトップ下起用と、それに伴うランパードの3列目左へのコンバートにあったと思っています。

最初はアンチェロッティが「攻撃」を考えてそうしたのだろうと単純に思っていたんですが、試合が終わってから改めて考えると、そうではなく「攻撃よりも守備」を考えての策だった気がするのは気のせいでしょうか?

マルダとランパードを単純に中盤の守備面から比較してみましょう。

あくまで私個人の感覚ですが、ランパードの方が守備の意識が高い気がするし、プレスも鋭いし、運動量も豊富だと思うんです。マルダのがドリブルとかアシュリーとの連携とか攻撃面では優れているところはあるかもしれないけど、守備で考えればランパード?

って、攻撃で考えてもマルダよりランパードじゃんって言われればそうかもしれないけど、それはそれとして(笑)。

で、ランパードの代わりのトップ下候補はデコ、ジョーコール、カルー、マルダになるわけですが、この中で守備が一番いい人はって考えると、中盤の選手としての守備センスがあるという面で考えてデコになるのかなと。ジョーコールもカルーも守備はするけど、彼らはなんとなくFWの守備って感じだからね。まぁジョーコールは思いっきり中盤なんだけどさ。

と、こんな感じで妄想を膨らませると「守備」から考えたメンバーチョイスだったようにも思えてくるじゃありませんか?
えっ? 攻撃から妄想してもデコとランパードで違和感ないじゃんだって? まぁ、そうなんですがね。

じゃ、わかった。こうなったら結果論で言わせていただこう。

アネルカの先制ゴールはどうやって生まれました? そうだよね「ランパードの3列目左での守備」が起点で、彼の3列目左でのインターセプトからのカウンターでしたよね。
マルダちゃんだったら、果たしてあのインターセプトは生まれたかしら? 

結果論の次は、一般論でいってみよう。

アンチェロッティ監督はどこの国の人? そうイタリア紳士の出身国はイタリア。イタリアといえば、カテナチオですよ。守備ですよ。

現役時代は誰の下で働いてました? そう。あのゾーンプレスの生みの親である靴屋のハゲの元でプレイしておりました。

OK? 以上が、デコとランパードの起用が「攻撃よりも守備」を考えてのものであったと考えた理由です。

イバノビッチの右サイドバック起用はボシングワの怪我によるものなのかどうかはわかりませんが、結果的にはそれも「守備の強化」につながったのも確かでしょう。


もちろんアンチェロッティが守備面だけを考えてメンバー選定したとは思いませんよ。当然、攻撃面も考慮してデコ、ランパード、バラック、エシエンを中盤に起用し、ドログバとアネルカの2トップにしたんでしょう。

つまりは攻撃と守備の両方のバランスを考えてのメンバー選定であり、ちょっぴり守備の方に趣を置いてバランスを考慮した戦いが功を奏したってことになるのかな? 

守備に比重があったかはわかりませんが、どちらにせよサッカーとはそういう攻撃と守備のバランスの上に成り立っているスポーツなのは間違いないわけで。で、試合に勝つためには「相手チームの力量と自分たちの力量を客観的に考慮した」攻守のバランス感覚が必要だと思うわけですが、アンチェロッティはその感覚が優れていたってことになるのかな。モウリーニョやヒディンクや歴代のチェルシーの名将と同様に。

まぁリバプールに問題があったところもあるとは思いますが、それについては時間があれば後日。というか、簡単に書けばジェラードをトップ下に起用するという「安全策」が、裏目に出たって感じ?

要はベニテスもアンチェロッティも中盤の守備を第一に考えて戦っていたけど、チェルシーがその守備合戦で勝利したってことなんでしょう。違う??

何にせよ勝ててよかったですよ。でもこの勝利が終わりではないんです。

むしろ、始まりに過ぎない。

そうだスタートだ!

始まるって最高だ!

というか「終わらない」って、なんて晴らしいんだろう。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

「蛍の光」が聞こえてくると、どうして終わりって気持ちになるんだろう?
サブリミナル効果でもないんだろうに。

The Jam - Start! (live on ABC's Fridays)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
アンチェロッティ戦術のベストメンバーじゃないですかそれ。リバプールだからというより、基本メンバーがそれなのかもしれませんよ? もちろん、ジョーコールやらカルーの出番や役割はいっぱいあるだろうけど、試合運びを重視するならそのスタメンで行きますね、自分なら。んで、途中でジョーコール。卑怯くさっ!
RR
2009/10/06 00:06
お久し振りです。
完敗でした(T_T)

言い訳ないくらいチェルシーは今シーズンから新監督?って思うくらい攻撃面では目を見張るものがありました。勿論、守備が良いからなんでしょうけど・・・単純にLiverpoolとのこの試合だけの比較をすれば、非常にオーガナイズされていましたね。個人的にはデコは良かったし2トップも素晴らしかった。
ビッグイヤーも取れるでしょ!?
その変わりプレミア優勝は譲って〜〜(笑)
コージ
2009/10/06 00:34
 パスを行った領域で見ると、明らかにリバプールはセンターエリアでのパスが少なくU字型になっており、チェルシーが相手をサイドに追い込むことに成功していたのが分かります。
 一方、チェルシーは満遍なく広がっていて、フィールド全域を制圧。
蹴球
2009/10/06 09:05
>RRさんへ
どうもです。確かにベストセレクションかもしれません。デコとイバノビッチをどう考えるかってところはあるかもしれませんけど。やっぱ守備なんですかね、チェルシーの持ち味は。
doroguba
2009/10/08 23:41
>コージさんへ
お久しぶりです。先制ゴールは理想的でしたが、それ以外はリバプールの守備に押さえ込まれていた気も。やっぱトーレスとジェラードを押されることができたのがよかったのでしょうか?
doroguba
2009/10/08 23:48
>蹴球さんへ
バラックが入るとやっぱ違うと感じました。もちろんコンディションによるのでしょうが。リバプールは意識的にサイド狙ってたように見えました。チェルシーの守備はカルバーリョが効いてましたね。
doroguba
2009/10/08 23:53
プレミアリーグ「チェルシー対リバプール」超雑感  イタリア紳士という面から考えてみると? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる