doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「チェルシー対エバートン」超雑感さようならモウリーニョチェルシー

<<   作成日時 : 2009/12/14 00:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

今こそチェルシーファンは、勝者のメンタリティを捨てる時なのかもしれない。

つまり、ラニエリ監督の時代まで、感覚を戻しましょうということ。

そうすれば、ほら4試合勝てないくらいでイライラすることもないじゃないですか。

長いシーズン、負けることもあるさくらいのユルーイ気持ちで応援するのがちょうどいいのかもしれません。

だって監督や選手がそんなユルーイ感じなのに、ファンだけ全部勝たないとけしからん的な感覚はアホみたいじゃん。

エバートン戦、試合後に笑っている選手がいました。
監督も内容は悪くない的な発言しているみたいです。

まぁ、長いシーズン、いちいち勝てないことで一喜一憂してたらきりがないという感じなんでしょう。

たかだか4試合勝てないくらいで、オタオタするなと。

正直、昨日はそんな光景を見てハラワタにえくりかえってましたが、一日たって、それが間違いだと気がつきました。

変わらなければいけないのはこちら側です。

だって、もうチェルシーにはモウリーニョもヒディンクもいないのです。

そういう感覚で物事を考えちゃいかんのです。

バブルはとっくに弾けていたのかもしれません。

こちらは、それに気がつかないふりをしていただけなんだけど、いい加減、もうそろそろ現実を直視しないといけないでしょう。

悲しいけど、どうやらそういうことみたいです。

さて、どうしよう。どう書こう。長いこと、勝者のメンタリティあるのが前提というスタンスで書いていたから、それ以外のスタイルで書くことに、ちょっと戸惑ってます。

バルセロナ信者的な文章スタイルがベストなのかな?
わからないけど。

とりあえず、今回はこれまでのモウリーニョ時代的なスタンスから、試合レビューをさせていただきます。
これが一番書きやすいというか、今までこのスタイルで書けていたことを神様に感謝しないとね(笑)。

というわけで、書かせていただくと、エバートン戦に勝てなかった原因=の悪いのは、ずばりGKチェフだと思ってます。

もちろん不運なところもあったとは思いますが、何にせよ3失点はいただけません。

センターバックの2人にも問題があったように見えました。

テリーは絶対神です。現状、何があっても彼は代わりません。

ですがチェフとカルバーリョはそういう存在ではありません。

彼ら2人は、ちょっと変化を与える=スタメン落ちさせる必要がある気がしました。

たかだか一試合のミスと考えると、それはやり過ぎと思う方もいるかもしれませんが、その一試合の勝ち負けに右往左往するなら、そうすべきだと思うんです。
もちろん、彼らの力は信じてますし、再びすぐにチャンスを与えるべきだとは思いますが、このタイミングで一度、なんらかの強烈なメッセージを発するべきです。

一試合の勝ち負けにこだわるなら、そうすべきでしょう。

勝者のメンタリティがあるなら、この引き分けを神様のせいにしてはいけないと思うんです。

勝者のメンタリティがあるなら。

ちなみに、3失点目のあと、ピッチ上に何となく諦めムードが漂っていたように感じました。絶対に勝つという雰囲気は微塵も感じませんでした。

アンチェロッティの交代策も同様でした。

ジョーコールに代えてマルダ?

勝ちたいなら、そのタイミングで代えるのはミケルだろ!!

まぁ、負けなかったことを評価すべきなのかもしれません。

さようならモウリーニョチェルシー。

さようなら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
スコラーリあたりから、録画したチェルシーの試合を夜中にみてると、寝ちゃうようになりました。
昔のリバポとのリーグ戦とか、ものすごい面白かったなー。昔はdoroguba様も、試合の詳細な分析が中心でしたよね。

僕はチェルシーが好きだったんじゃなくて、その場にあった熱みたいのが好きだったんだと思います。センチメンタルにしたくないので、次に行くことになると思います。
タマチック
2009/12/14 01:36
たしかにここ何試合かのチェフは酷いと思いますね。力が落ちてきたのか?
モチベーションが低いのか?CBも同様ですね。
えびくた7
2009/12/14 15:37
とはいえ…まだリーグ首位です。CLもありますよ。
我が浪花節リバポとは違いますね。

結果がすべてですので、硬派チェルシーファンの皆様が
諦めるのはまだ早いかなと。

サッカーには勝者がありますが、現実世界でいう勝者は幻想だと思います。
つまり、サッカー以外においては勝者のメンタリティーというのは
幻想という事になりますでしょうか。

脱線失礼しました。
レッドメンバー
2009/12/14 16:23
>タマチックさんへ
コメントありがとうございます。モウリーニョ時代は負け試合でも熱かったですよね。まぁ、思い出は多分に美化されていることもありますが、私はマジで全部勝つつもりで見てましたし(笑)。懐かしいなぁ。
doroguba
2009/12/15 00:44
>えびくた7さんへ
コメントありがとうございます。チェフのポジショニングが悪い気がしてます。中途半端なんですよね。もっとチェフが前に出て、代わりに誰か2人くらいゴールラインあたりまで下がって守るとかのがいい気がしてます。ゾーン構築するエリアが常に低いのも影響している?
doroguba
2009/12/15 00:51
>レッドメンバーさまへ
コメントありがとうございます。すみません、わかりにくくて。もちろん優勝はまだあきらめてはいませんが、チームの姿勢にがっかりしたという感じです。にしても、リバプールはヤバイですね。これから数試合がキモですね。お互いに
doroguba
2009/12/15 01:02
ハラワタ煮えくり返ってました。
笑ってましたよ、確かに。サハと。
負けても勝てなくてもあまり悔しくないんですかねー?
モウリーニョならハーフタイムにどんなゲキを飛ばしてくれたことか。
笑顔を見せた選手は次節ベンチにも入れないんじゃないんでしょうか。

チェフはほんと酷い。もともと神がかることがほとんどなかったけど。
チェコがw杯出られなかったのも、gkのせいでは?

どんな状況でもそのまま受け入れる癖がついてるアンチェロッティじゃダメなんだと思います。
paulosenior
2009/12/15 09:08
>pauloseniorさんへ
コメントありがとうございます。チェフは本来はいいGKであると思ってますので、立ち直りを期待してます。ポーツマス戦から年末までの数試合で結果を出してもらいたい。アンチェロッティも同様。
doroguba
2009/12/17 01:08
プレミア「チェルシー対エバートン」超雑感さようならモウリーニョチェルシー doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる