doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 杉山茂樹コラム「中盤選手の定義が狭すぎる」を読んで!

<<   作成日時 : 2010/01/15 02:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

■「奪われないか」から「奪うか」に変化する?

特に中盤にそれは当てはまる。好むと好まざるとにかかわらず、仕事の中身は変化する。それに相応しい対応が不可欠になる。予選と同じメンバーでいいはずがない。最大5人いる中盤のメンバー構成は、本大会用に考え直すべきだと強く思う。「奪う」プレイが得意な選手の比率を高めるべきなのだ。
 長谷部、遠藤、中村俊、中村憲は、いずれもパッサーだ。来るベネズエラ戦に初めて招集されること担った小笠原も然り。「平素」は彼らをメインに使ってもいいかもしれないが「本番」ではダメだ。2人で十分。この中で、ボール奪回能力に最も優れている長谷部を外せないなら、遠藤、中村俊、中村憲が、外れる候補になる。小笠原もこのグループに入る。http://news.livedoor.com/article/detail/4548306/

これってつまり「水を運ぶ人が必要」ということが言いたいんですかね。「水を運ぶ人」ってもう死語(笑)? いやいや、そんなことないでしょう。というか、やっぱ監督が岡ちゃんに代わってからこういうまともなサッカー議論がほとんどなくなってしまったことが、今の日本代表の悲劇なんだよなぁ。4年前のドイツW杯でオシム御大が提唱した「水を運ぶ人重宝論」ですが、本来ならこの2年間で、もっとこういうことが議論されてしかるべきだと思うんですよ。それが、メガネをかけた日本人になってからラグビー理論やらよくわからん俺流やらで、こういうサッカーの話があまりされなくなってしまった。それが監督が岡ちゃんになってから日本代表の最も残念なところなんですよね。まぁ、そういう視点から見なければ、岡ちゃんでも楽しめるのかもしれないし、それはそれでいいとは思いますけどね。

まぁ、岡ちゃんのことはココではどうでもいいので置いておいて、「水を運ぶ論」に話を戻しますと、オシムが提唱した当時から感じていたのが、その「水を運ぶ人」と「運ばない人」のバランス感覚が難しいのではないかということでした。「(W杯では日本は弱いんだから)水を運ぶ人だけで構成すれば、いいんじゃない」という意見もあるかもしれないですが、私はそれじゃダメだ派なんですよね。日本が誇るサッカータレントはやっぱ活かすべきというのが私の考え。で、それはきっとジーコが日本代表でやろうとしたことに近い感覚。トルシエが2002年W杯に中村俊輔外したりして一応の結果は出したけど、そのタレント外しのやり方に反旗を翻したのがジーコだったと思うんですが、そのジーコの思考は結果主義の私ではありますが、わからないでもないんですよね。

「日本には中田英寿、中村俊輔、小野、稲本というタレントがいるわけだから、それを活かすべきだ」というののが初期のジーコ日本代表であったと思うんですが、そこには「ふつうに(というかブラジルみたいに)サッカーというスポーツを謳歌すべき=それが日本のサッカーの未来につながるはず(たとえドイツでは虐殺されようとも)」という「少年よ大志を抱け」的な立派な(少年のような?)哲学があったと思うわけです。もちろん、そのジーコの大志というか哲学は当時の日本代表にとってはあまりに青すぎたとは思うし、オシムが指摘したように「もうちょい現実路線」で戦うべきだったと思うけど、個人的には三浦カズや中村俊輔のようなスター選手をメンバーから外して戦うより、ジーコの青さのがよっぽどマシだったと思うんです。個人的には「スター選手にハードワークを課して」もうちょい抵抗してほしかったところはありますが、まぁジーコのあれで、あのとき虐殺されるのも、長い長い日本サッカーの歴史から考えると、それほど悪くはなかったのかもしれないかななんて達観した考えを持っておりました(嘘ですが)。まぁ4年後には、ジーコショックでトルシエ時代に振り子がちょい戻るんだろうし、その振り子の戻し方はオシムならそれなりにバランスよくやるんだろうなぁ? って、どうバランス取るんだろう? まさかトルシエ時代まで完全に戻しきることはないでしょ。きっとスター選手と水を運ぶ選手を絶妙なバランスで融合させるハズだ。アジア杯では失敗していたみたいだけど、欧州遠征あたりの様子をみると、1年後や2年後はそれなりなバランス感ある日本代表が拝めそうだな…。

すみません。今書いたことは嘘です。こんな、妄想なんて、しておりません。岡田監督万歳!

■ニール移籍?

エヴァトンのオーストラリア代表主将ルーカス・ニール(31歳)がトルコのガラタサライと18カ月の契約を結んだ。代表チームメートのハリー・キューウェルと一緒にプレーすることになる。
「ガラタサライと契約できて喜んでいる。大きな野望を持っているビッグクラブだからね。ガラタサライにはすばらしい選手が揃っているし、新天地での挑戦が楽しみだ」とニールは話した。http://news.livedoor.com/article/detail/4549161/

おいおい、大丈夫かエバートンは? ニール出しちゃってさ。アーセナル戦でがんばっていたし、今のエバートンのDFの要って感じだったじゃん。まぁハイティンガもフィットしてきたみたいだし、ジャギエルカが戻ってくればOKなのかもしれませんが、まさか、このタイミングでニール出すとはねぇ。

■マンチーニ効果?

マンチェスター・シティの守護神シェイ・ギブンは、チームの守備がより堅くなっていると感じている。ロベルト・マンチーニ監督が指導するようになってから、大きな成果が出ていると実感しているようだ。
実際、シティは最近4試合のうち3試合が無失点。ギブンはクラブの公式HPで、以下のように語った。http://news.livedoor.com/article/detail/4549183/

今のシティでチェックしたいのは、まさにこのDFの組織力なんだよね。ここがよくなれば4以内も夢ではないよね。マジで。FAカップ見た感じだとかなりいい守備していたようには見えたんだけど、その守備はプレミアでどんだけ継続できるかはポイントかなと、シェイ・ギブンという天才GKもいるわけで、モウリーニョ時代のチェルシーばりの守備網を構築するのも不可能ではないと思うんですがね。ちょいサイドバックとMFが弱い気もしないでもないけど、今のリバプールより強固な守備組織が構築できるのは夢ではないでしょう。あっ、リバプールっていっちゃったね。
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。



日本代表 Go for 2006 ! 初回限定コンプリートBOX [DVD]
日活

ユーザレビュー:
全軌跡がみれます02 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

THE No.10 [サッカーベストシーン15] (DVD付) (COSMIC MOOK)
コスミック出版
サッカーベストシーン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

日本代表 スターズ & ゴールズ [DVD]
日活

ユーザレビュー:
そうなんだなんだかん ...
色んな時代が楽しめる ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コラムに関して言えば、代表候補で言えば稲本、小笠原、今野は「奪うのがうまい選手」だと思ってます。まあ、いくら奪うのがうまかろうが組み立てに役立たなければ中盤においておくのはリスクだと思いますが。中田ヒデもうまいですね。攻撃よりもコチラの方に才能があります。

「水を運ぶ人」に関しては中田ヒデは才能やらプレイのタイプでいえば、こういう選手にしか成りえない人だったと思うんですが、なんだか色々やろうとしすぎて大成しなかった選手、というイメージです。それさえなければ彼はローマだろうがミランだろうがどこでもレギュラーになれた人だと思うんですが。一番彼の才能を利用し尽くしたのがブランデッリのパルマ、というのもそれを表してます。本人は嫌だったんでしょうがね。
jerry
2010/01/15 09:50
カズが外されたのは「スター」だったからではなくて、むしろ(衰えて)攻撃能力が低かったからじゃないでしょうか。少なくとも岡田さんの中では。ジョホールバルの時点で既に、「試合の入り用のプレッシング要員」という扱いだったと思いますし。(で、"攻撃"用が、控えの城と呂比須と岡野)
一緒に北澤が外れて、でも伊東テルとか小野シンジ(あるいは平野)は入ってるのも、傍証になると思います。アジア予選と比べてより少ない人数で攻撃しなくてはならない可能性を睨んで、個人能力の低いカズの入る余地は無いという、そういう"非情な"計算でしょう。ちなみに北澤については、加えて3バック適性・経験というのも、考慮されたんでしょうね、特に伊東テルとの比較において。

入れる入れないの賛否はまた別です。僕は「誰入れてもどうせ大して役には立たないんだから、わざわざ波風立てるのは&城に余計なプレッシャーを与えるのは得策じゃないから入れとけば良かった」派ですけど(笑)。要はマネージメント視点ですね。
アト
2010/01/16 03:35
>jerryさんへ
コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
中田英はイタリアでは守備もうまい印象はあったんですが、ボルトン時代は驚くほどヘタレ守備だったんでそれをどう考えるかですかね。要はファーストプレス的な守備はうまいが、マケレレ的な守備は駄目みたいな感じ?
doroguba
2010/01/16 14:06
>アトさんへ
コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。カズの話は仰せの通りかもしれません。まぁ個人的にはカズ=スターの扱い方(はずし方)が下手くそだったのが一番の問題だったと思いますし、小笠原にも同じことしちゃうのかしらってのが気になるところですかね。水を運ぶとは関係ありませんが…。
doroguba
2010/01/16 14:25
杉山茂樹コラム「中盤選手の定義が狭すぎる」を読んで! doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる