doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡ちゃん日本代表のプチ雑感 チェルシー戦ピチプレビュー

<<   作成日時 : 2010/02/02 23:44   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 2

■プレビュー:チェルシー戦

急に忙しくなりブログの更新もままならない状態なんですが、明日の朝はプレミアリーグ「ハル対チェルシー」戦なんでがんばってテレビ観戦しようかなと。このところ週2試合ペースと過密日程のチェルシーですが、この試合からやっとドログバが帰ってくるみたいなので、ちょいと攻撃陣をローテできるんですかね? アネルカあたり少し休ませてあげたい気もしますが、ユナイテッドとの差を広げるチャンスなので、ここはぜひ勝ち点3を貪欲に目指してがんばってほしい。試合のポイントは、前回のバーンリー戦でイマイチだった中盤の連携になんですかね。さすがにこの試合ではジルコフの中盤起用はないと思うんですが、アンチェロッティが週末のアーセナル戦を睨んだ選手起用をするのかどうかに注目したいです。個人的には先日ユナイテッドに負けた「手負いのアーセナル」は手強いと思うので、ここは一つハル戦に全力投球で勝ち点を稼いでもらいたいところではあるんですが、まぁメンタル的にもコンディション的にも簡単な試合にならないのは確かですかね。ドログバやカルーといった「アフリカ帰り」の選手たちの奮起に期待したいです。

■岡ちゃん日本代表対ベネゼイラについても、ちょいと

後半に入り、平山相太を投入するなど、少しずつ選手を代えていくが、試合の流れは変わらない。70分に大久保嘉人の縦への動きから、72分にも大久保と、左からクロスを上げるが、ゴール前での惜しいシーンまでにはつながらない。結局ノーゴールのまま、試合終了のホイッスルを聞いた。
http://news.livedoor.com/article/detail/4583915/

ほとんど見れなかったんだけど、引き分けだったみたいですね。ちょうど、上記の大久保のシーンは、なんとなくテレビで見ることができたんですが、お約束の「ニアサイドへの速いクロス」を放り込んでいたのは、律儀というか、何というか。まぁ岡ちゃんの戦術が浸透している証拠なんでしょうけど、なんとなくピッチ上の選手たちがあまり「ゴールをイメージできてない」感じに見えたのは気のせいでしょうか? もちろん、ベネゼイラ代表が頑張っていたから「ゴールの予感がしなかった」ところもあるんでしょうが、なんかコンセプトの確認ばかりしている感じで「目の前の試合に勝つこと」がそっちのけになっているように感じられたのが残念でした。にしても、スタジアムにお客さんが入ってないのは気になるなぁ。まぁ、この時期の観戦は寒いからお客さんの入りが少ないのは仕方ないとは思いますが、ワールドカップイヤーだし、もうちょい盛り上がってもいい気もしますけどね。

ただ攻撃に関して、立ち上がりプレッシャーに慣れてないこともあったんですが、いかんせん中盤の選手が中でプレーするタイプが多くて、ああいう風にサイドバックをあけて、ボールを出させてプレッシャーをかけてくる相手で、1回、2回はかわせてもその次で崩される場面が続いていて、どう対処するかなとずっと我慢していたんですが、なかなか対処できなかったので、ヒントとして『中盤が中に入りすぎるならサイドバックを高い位置にもっていってはどうか』という話をしました。それからは少しできるようになったかなと思いますが、そのあと大久保(神戸)をサイドにある程度はらせてからは、だいぶボールが動くようになったと思っています。http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00095970.html

ヒントねぇ。まぁ間違ってないとは思うけど、そもそもボールポゼッションに関する戦術ができないのが問題であると思うんだけど、そうでもないのかな? 「1回、2回はかわせてもその次で崩される場面」と言いますが、相手の守備がそれなりに良ければ、そうなる場合は別に珍しくもないわけで。で、そうなった場合を想定して「前線に電柱」を配置したりするチームが欧州の代表チームで増えてきているんでしょ? 確か。で、我ら日本オリジナルでは、それはやらないってのがコンセプトみたいだけど、そのコンセプト遂行のための練習が果たしてどれくらいできているのは気になるところ。上のヒントから察するに、あまり有意義な練習はできなさそうだな。あと、サイドで起点作るも間違ってないと思うけど、じゃ、そこからどう崩そうってアイデアはどれくらいあったんだろうか?

■追記:汗かきのチェイス&チェックで人を判断するという発想がキモイ

そんなだったら、(いくらフリーでも!)足を止めて「オレにボールをよこせ!」という態度をしても、周りに無視されるのも道理だよね。彼は、ディエゴ・マラドーナではないのですよ。
 たしかに、何本か魅力的な勝負パスを供給したし、見事な中距離シュートも放った。それは、彼が秘める素晴らしい才能の証明です。でも・・ネ、やはり、そんな彼の「部分的な才能」もまた、人代表が目指すサッカーにとっての「価値」という視点で考えれば、彼に賭けられるレベルじゃない。
 だからこそ彼も、攻守にわたる汗かきプレーに「も」全力で取り組まなければならないのですよ。もし小笠原満男が、中村憲剛や遠藤保仁のように、攻守にわたって、目立たないところで「も」素晴らしい汗かきのプレーを展開し、互いに使い、使われながら、 動きのなかでボールの動きを「加速」させていけるならば(究極の組織プレーというベクトルに本当の意味で乗っていけるならば)、もちろん素晴らしい「補強」になるでしょう。でも、今日のパフォーマンスでは・・ http://www.yuasakenji-soccer.com/yuasa/html/topics_4.folder/10_japan_2.2.html

この人も相変わらずなこと書いているなぁ。「汗かきのチェイス&チェック」が大切なのはわかるけど、「それができてない」から「フリーでも無視されるのは道理」という考え方はどう考えても違うんじゃないか? そこまで岡ちゃん日本代表の選手は「汗かきで他の選手を採点」しているとは思えないし、もし「汗かきしているか、どうか」で判断して、パス出す出さないの判断をしているとしたら、その選手はサッカーを辞めたほうがいい。アホ過ぎる。というか、その「汗かき仲間意識」はキモ過ぎ。もちろん、単純に小笠原にここでパス出すより、他の選択肢のがいい攻撃となると判断してプレイするのはいいと思いますよ。それは普通だと思うけど、もし湯浅が言うように「小笠原は汗かきチェイス&チェックしてないから無視」して、逆に「おっ、遠藤はいい汗かいているから、パスしちゃおう」って感じでプレイしている選手がいるとしたら、その選手はマジでアホだと思います。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本、まあひどい試合だったと思いますよ。サイド崩せ!と言ってるのに単独突破まかせで長友&徳永は困ってる顔(;´Д`)でやってるし。
どうなんだろうか?もうわからないとこまでいってるようです。
えびくた7
2010/02/03 17:59
>えびくた7さんへ
コメントありがとうございます。なるほど「困っている顔」でしたか。その疑問の解決の仕方はいろいろあると思うんですが、選手たち自らに見つけさせるのがベストなんでしょう。でも、果たして「その答え」を問題を出した当人である岡ちゃん自身が持っているのかってところが気になっていたりします。
doroguba
2010/02/04 23:01
岡ちゃん日本代表のプチ雑感 チェルシー戦ピチプレビュー doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる