doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「エバートン対チェルシー」超雑感 テリーだって人間です

<<   作成日時 : 2010/02/11 18:37   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

よくモウリーニョがメンタルとコンディションは切り離せないと言ってますが、この試合のテリーの出来の悪さはやっぱメンタル面の影響抜きには語れないのですかね。

連戦の疲れはもちろん、例のスキャンダルによって精神的に疲労困憊しており、さらにアーセナルとのビッグマッチを終えた気の緩みも重なった結果、あの信じられないミスをしてしまった気がしてます。

いくら精神的に強いと言ってもテリーだって一人の人間ということなんでしょう。なので、まぁこの試合の彼のパフォーマンスの悪さは、仕方がないのかもしれません。というか、もしかして怪我している?

で、多分アンチェロッティ監督も、そのあたりはある程度は承知でテリーを使っていたところもあるのかな?

例えテリーのコンディションが悪くても、ここで渦中のテリーを外すことはできない。

メンバーから外れることでまた騒がれるだろうし、それはなんとしても避けたかったんはず。

だから負けてもいいからテリーを助けるためにも試合で使ったみたいな美しい話?

彼はキャプテンだ。ここで彼と心中するくらいわけない。大切なのは彼を信じることだみたいな意志表示?


ちょっと大げさに書きましたが、何はともあれテリーのパフォーマンスがいまいちだったことは確かでしょう。で、それが主な理由で負けましたが、まぁ状況が状況だけに仕方がなかったというのがベストアンサーというところでしょうか。

もちろん、悪かったのはテリーだけではなかったと思いますし、むしろそっちを問題視したいんですけどね。

相変わらずのセットプレイからの失点や、下がりすぎのゾーンディフェンスは今季チェルシーの守備組織の問題点であると思っているんですが、それがこの試合でも改善されなかったことは残念。

まぁ、むしろこれは治らないものと考えたほうがいいのかもしれません。そこは列記とした今季チェルシーの弱点であり、そこを上手く突いてくるチームに対しては苦戦やむ無しということ。

攻撃も良くなかった。怪我で選手がいないゆえの苦肉の策なのかもしれませんが、ジルコフの中盤での起用はまたしても失敗だったと思いますし、ドログバ真ん中の3トップでの起用もイマイチ噛み合ってないのも問題と言えば問題。

アネルカがイマイチ動きが悪いのも気になりますが、果たしてそれはコンディションの問題なのか、それともドログバとのコンピの問題なのか?

ちなみにデコやジョーコールは怪我ですか? ドログバとアネルカ併用するなら、彼らどちらかが必要な気がしました。まぁ気のせいだと思うけど。

とりあえず、この試合で過密日程の死のロードは終了。皆さんお疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私には「姿勢」が見えません。
対するエバートンにはそれがあったように思います。
paulosenior
2010/02/12 16:44
pauloseniorさんへ
コメントありがとうございます。姿勢はこれ以上は無理みたいですね。それでも、この試合は最後にジルコフからパワープレイを仕掛けていたし、いままでと比べたら少しは抵抗していた気もします。これからの試練で徐々にでも変わることに期待しましょう。
doroguba
2010/02/13 01:06
この試合ではありませんが、怒ったみたいですね。キレタ?少し安心しました。もう少し様子見ます。
でも正直言って夏からはヒディンクに代えたい。
paulosenior
2010/02/16 09:09
>pauloseniorさんへ
コメントありがとうございます。ヒディンクはトルコ代表みたいですね。これ、やはりアブラモビッチとの関係を考えて、クラブチームでなく代表チームの監督になった?
doroguba
2010/02/18 00:26
プレミア「エバートン対チェルシー」超雑感 テリーだって人間です doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる