doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレビュー「ポーツマス対チェルシー」&CL「セビージャ対CSKA」第2戦で本田選手のプレイを見て

<<   作成日時 : 2010/03/24 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

■プレビュー:ポーツマス戦。それは勝ち点を86へ向けての第1歩

「私は統計を好んでいる。私は過去に、あらゆるチームが勝ち点86で優勝したと思っているよ。私たちも勝ち点を86まで伸ばさなければね」http://news.livedoor.com/article/detail/4676011/

目標、勝ち点86ですか。私が掲げた目標よりポイント2多いですが、確かに今シーズンに限って言えばその「勝ち点86優勝説」は強ち間違いではない気もします。で、勝ち点86獲得するためには、残り8試合を7勝1敗か。うーん、厳しいね。達成は簡単ではないと思いますが、不可能ではない数字ではあるかな。どこかの国が掲げる「ワールドカップベスト4」という目標よりは、多少は現実可能な数値な気もするんで、ぜひ最後までがんばってほしいところです。

というわけで明朝はポーツマス戦ですが、上記の数字から考えると優勝するには絶対に落とせない試合と言って過言ではないでしょう。というわけで、最低でも勝ち点3が目標。引き分けは却下です(笑)。ただ、もちろんそれは簡単ではないのもわかっています。現在、最下位で、さらにポイントマイナスが課せられ、ほぼ降格確定のポーツマスとは言え、100%勝てる保障なんてどこにもありません。というか、むしろ今期チェルシーが苦手とする「守備でハードワークするチームとのアウェーでの戦い」という観点から考えると、勝つのは至難の業とさえ言えるところもあると思うわけでして。まぁ、もちろん選手のクオリティから考えればチェルシーに分があるのは確かなわけで。普通に戦えれば、勝てると信じています。あとは、後手後手に回らないような試合展開をすることですかね。前回のエントリーで書いたように、現状アンチェロッティの采配が怪しいところもあるのは確かなので、最初から気を抜かず全快でがんばってもらいたいなぁと。ちなみに、ポーツマス攻撃陣で気をつけたいのはMFオハラとFWピキオンヌ。チェルシーで期待したいのはランパードとドログバ。がんばれ。

■CL「セビージャ対CSKA」第2戦を見て。本田選手が目指すべき方向性

やっとCL「セビージャ対CSKA」第2戦を見ることができたんですが、本田選手素晴らしかったですね。ゴールという結果の残せたのはもちろんですが、何度かトップ下として有効なプレイができていたように見えたのは評価したいなぁと。何よりフィジカルでそこそこ勝負できていたことは特筆すべき点でしょう。日本人の弱点はフィジカルと言う人もいますが、そんなことはないんですよね。中田英寿選手もそうだったけどフィジカルだって通用する選手はいるし、逆に言うとフィジカルが通用すれば「日本時選手のほうが技術で勝る」ことだって出てくると思うんです。もちろんケース・バイ・ケースですが。

本田もフィジカルの強さは、しっかりと示した。序盤には、ゾコラともう1人に挟まれながら、強引にドリブルで突き進むプレーも見せた(結果的には頑張ったことでタッチが大きくなり外に出た)。一方で終盤に入り、相手も同じように読めるパスをスペースに出されると、ゾコラに先にコースに入られファウルをすることになった。走りやフィジカルを課題にするのは、向上心の表れであり、同時に謙虚に反省点を炙り出しているのだろう。(中略)ロシアは、今欧州で最も急成長を遂げている市場だ。日本人にとって未知の世界だから入っていくには勇気がいるが、賢明な判断だったと思う。本田に先駆けて、この国にはブラジルを皮切りに、あちこちから有望な選手が集まり、レベルが上がり注目度も高まっている。「こんなに重要な試合が中3日くらいのペースで続く環境でやったことがない」チャンピオンズリーグが終われば、次は国内リーグ。既に本田は、シーズンを通して、未知の重圧と緊張を継続させなければならない環境の中にいる。欧州のビッグクラブの一歩手前までは到達しているという証だ。
http://news.livedoor.com/article/detail/4676597/

「走りやフィジカルを課題にするのは、向上心の表れ」というのはその通りかもしれないですが、それだけでなく「ボールを扱うテクニック」についても向上心を持ってもらいたいですね。つまり「フィジカルとテクニックのバランス」をどう取り入れることができるのかというのが、今後の本田選手のポイントになる気がするということ。たとえば中田英寿選手の現役時代を振り返ってみると、フィジカル力がUPするにつれて、逆に「サッカーのテクニック力」が後退していったように見えた気もするわけで、そんな「フィジカル至上主義」にならないようにがんばってもらいたいんです。まぁ中田英寿選手の場合は怪我の影響やポジションの影響もあったとは思うんですが、本田選手にはぜひ「走りやフィジカル」のみならず「テクニックの向上」も忘れずに練習に取り組んでもらいたいなぁと。ぶっちゃけ、それくらいの意識がないと、欧州でずっとプレイするのは厳しいと思うんです。今後、さらなるビッククラブへ栄転できるかわかりませんが、移ったチームが必ずしも「トップ下のポジション」を用意している保障はないですし、今のCSKAみたいに「個人の突破力重視のサッカー」を採用しているとは限らないわけです。なので「中盤のポジションならどこでもできる」くらいのプレイヤーとしての幅を持つことは、今後絶対に必要になると思うんですよね。もちろん、今のCSKAで萎縮せずにプレイしていることはもう本当に評価すべきだとは思うんですが、逆に言うと今のCSKAが「本田選手がプレイしやすい戦術」を採用していることも忘れてはいけないのではないでしょうか。まぁトップ下の役割なんてどこでも変わらないのかもしれないけど、例えばルーニーのポストプレイ&オフ・ザ・ボールの動きとか見ると、本田選手が目指すべきスタイルは何となく見えてくる気もするんですがね。そう、目指すはパクチソンではなくルーニーですよ(笑)。

ちなみに次のCLインテル戦では、たぶん厳しい肉弾戦となると思うので、その状況でどれくらいできるのかは注目ですね。本田選手的にはペナルティエリア周辺でファウルゲットして得意のFKからゴールを狙うというのが1つの戦い方になると思うんでがんばってほしい。ただCSKAは左サイドバックの守備が脆いから、そこを狙われるんだろうなぁ。マイコンとかエトーとかに。というか左に限らず最終ラインが全体的に脆い気がしてますが、GKは素晴らしいので彼のがんばり次第ではいい試合になる気も。

■バルセロナを見習おう!

「我々のチームはバルセロナとカタルーニャにとって特別な場所に居続けると思っている。我々は多くの成功を手にした最初のチームだった。だが今のチームは、これまでのすべてのチームを上回っている」というM・ラウドルップ氏のコメントを、スペイン『アス』が伝えた。
http://news.livedoor.com/article/detail/4674578/

今のバルセロナは確かに強いですよね。CLシュツットガルト戦をほんの少し見たけど、前線の選手のポジショニングとかオフ・ザ・ボールの動きはやっぱ素晴らしいと思いました。特にメッシのポジショニングとかすばらしい。ドリブル力やシュート決定力がすごいのはもちろんだけど、それと合わせてボールがないところでの動き&ポジショニングが秀逸なんですよね。まぁメッシだけでなくバルセロナの選手全員のポジショニングが素晴らしいんだけど、試合中に4−3−3とか4−4−2とか3−4−3とか相手の守備状況に応じていろいろと変化を付けているように見えたので、それが何よりも素晴らしいと感じました。チェルシーもそのあたりのポジショニング&パス回しは見習いたいね。というか決定力あるウインガーがほしい!

■現役にこだわる姿&いい顔つき

私自身、カズに否定的な頃がありましたが、本当にサッカーが好きで現役にこだわる姿にはとても感服しています。ロベルト・プロシネチュキがここでボバンやシュケルよりも評価されるのは、彼もまたクラブの格に関係なく現役にこだわったことでした。そのプロシネチュキもまたカズとクロアチア時代はチームメイトで、カズを評価する人物でしたよね。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/nogomet/article/298

NHKのその番組は見てないんですが、カズがクロアチア時代のある選手に感化されて現役にこだわってがんばっているという話は聞いたことがありました。私もそんなカズの姿勢は好きですし、ぜひ今度はカズ自身が「ユーリッチ選手のような存在」となってもらえればうれしい限りです。もちろん中田英寿選手のようにスパッとまだできるのに現役辞めるのも生き方の1つだとは思いますが…。

ミランのオーナーであるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏は24日、イタリア『テレロンバルディア』に電話出演し、バロテッリがミランのユニフォームを着る可能性について問われると、「分からないよ。それは私に聞くべきことじゃない。いずれにしても、彼はとても感じの良い顔つきをしているね。ミランの顔つきをしているよ」と答えた。http://news.livedoor.com/article/detail/4677623/

「ミランの顔つきをしている」とはなんと素晴らしいコメント! さすが天下のベルルスコーニ様です。尊敬できる。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

マリーナ・ショウのこの曲は、ほんとすばらしいな。
私的には、どんより曇っている土曜日の午後15時に、ソファで紅茶を飲みながら聴く雰囲気の曲かな。
またはFMファンを読みながらでもいけど。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~rap/b.song.jazz.html#lookatme
Marlena Shaw "Look At Me Look At You"

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
プレビュー「ポーツマス対チェルシー」&CL「セビージャ対CSKA」第2戦で本田選手のプレイを見て doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる