doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「スパーズ対アーセナル」超雑感&ジーコ日本代表と岡ちゃん日本代表は同じか?

<<   作成日時 : 2010/04/15 22:43   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

■プレミア「スパーズ対アーセナル」超雑感

「昨日、私は選手たちに対して、『明日の試合でアーセナルを倒せれば、4位以内に入ることはできる』と言ったよ。難しいことだけど、まだいけるね」http://news.livedoor.com/article/detail/4719034/

スパーズが勝ちましたか〜。レドナップ監督の大胆な選手入れ替えが功を奏したってところですかね。この因縁のダービーで思い切ってローズを起用したそのメンタルに拍手。ベイルを左SHの位置に上げ、左SBにアスエコトという采配もバッチリだったし、そんなレドナップの積極采配が勝利を掴んだように見えました。スタジアムの雰囲気もすばらしかったし。って、それはベンゲル監督のスパーズにとってのユダ・ソルキャンベルの起用という恩恵もあったとは思いますが。というかスパーズがよかったというよりも、アーセナルがイマイチだった感のが強いのかなぁ…。特に攻撃に問題があったように感じましたが、フィニッシュ部分の雑さはやっぱセスク、アルシャーフィンの不在の影響だったんでしゅおう。改めて彼らの不在は非常に痛かったように思えました。DFもギャラスの不在が痛かった。まぁ代役のソル・キャンベルはがんばっていたとは思いますがね。あのすさまじいブーイングの中で。

というわけで、チェルシーは次にこのスパーズとの対戦となるわけですが、優勝のためには是が非でも勝ちたいなぁ。勝てば、かなりの確率で決まりだと思うし。って、ここまで来ると最後までそう転ぶかわかりませんけどね。スパーズはレノンが間に合うのかなぁ? わかりませんが、このアーセナル戦とはまた違うメンツをターンオーバー的に組んでくる可能性は高いんでしょう。何にせよ、両チームにとって大切な試合になると思うので好試合を期待したい。

■「カオス対策」

それぞれ、「カオス対策」、「敵の反撃対策」、「試合を安全に終わらせる」と狙いとミッションが違っており、これはそのままこの夜の試合展開にぴったりはまった。もしカオス状態で失点していれば、後半頭からプランCに切り替える手もあっただろう(早い段階からベストメンバーのプランCでなかったのは、イニエスタが100%の体調ではなかったからに違いない。後半、本人の独走シーンで本調子ならシュートに持ち込むところを、途中で足を止めメッシを探したシーンに、それがよく表れていた)。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0910/spain/text/201004130007-spnavi_2.html

なるほど3つのプランですか。木村さんの文章は非常にわかりやすくさすがという感じですが、中でも「カオス対策」という考え方がすばらしいなぁと思いました。この試合、バルサTVで拝見しようと思っているのですが、こちらのコラムを参考に見させていただきます。ちなみにメッシ対策は「マンマーク+ゾーン」の両方が基本かなと。その昔のミニラ中村ばりのマンマークだと、逆に守備組織に穴が開く気がするし。

■ジーコ日本代表と岡ちゃん日本代表は同じか?

それを前提に続けますが、チェコ戦にしても、結局は久保と稲本の個の力が大きかった。ジーコジャパンは「個の力で勝つ」がチームコンセプトなんだから、それは良いんだけど、「個の力で勝てない相手にはどうするの?」という命題に対しては、ついに答えが無く、答える必要もないまま本大会を迎えてしまった。他の代表マッチで印象的な勝利というのは、全て格下相手に苦労した上で、久保、大黒、藤田、田中誠、楢崎等のスーパープレイがあったけど、それも個の力がチームの方針によって高まったわけではなく、オマーン、北朝鮮、シンガポールが相手の試合でのことだったわけですからね。
http://d.hatena.ne.jp/toronei/20100412/F

確かにこちらで書かれている通り、ジーコ日本代表には「個の力で勝てない相手にはどうするの?」という命題に対する答えはなかったと思います。そもそも「日本の黄金の中盤は世界で通用する」という理論がジーコの出発点だった気がするし、途中でその考えはちょっと変わったかもしれないけど、基本は「テレサンターナ時代のブラジル代表万歳」な戦術だったわけで。それこそ、今のドゥンガ・ブラジル代表みたいな「欧州戦術かぶれサッカー」を取り入れることは、ブラジルの英雄であるジーコの心情的にはできなかったんだろうと私はこのブログでも書いてきました。なので、その部分「=日本代表はブラジル代表じゃねぇ」と非難するのは日本人としては全然ありだと思うんですが、一方で、たぶんジーコからすれば「じゃ、そういうサッカーしたいなら俺じゃなくていいだろ」的な感じだったのかなって思っていたりします。で、「日本代表=ブラジル代表」というジーコの考え方が無能だと言う考え方も、それはそれでありであると思うんです。ドゥンガのように「ブラジルの伝統なんか関係なく、勝つための最善を尽くす」やり方だって、きっとできたハズなんですから。ただ、ジーコはそれをしなかった。なぜだろう。って、そんな哲学云々以前にチームマネージメントの部分でダメだったじゃんという指摘もあるとは思いますが、私はそのマネージメントの部分も踏まえて「ジーコの哲学」だったと考えるわけで(笑)。まぁ、野球で例えるなら長島監督時代の巨人みたいなものだったのかなと。異論はあるとは思いますが、私はそう思ってます。で、じゃ岡ちゃん日本代表はそんなジーコの哲学サッカーと比べてみるとどうなんでしょう。上で書いたジーコ理論の「ブラジル代表」の部分が「日本化=接近、展開…」に変わるだけですか? 「ジーコのブラジル代表=岡ちゃんの日本化」なんでしょうか。それを同じと考えるのか、違うと考えるのかは人それぞれだと思うんですが、ジーコ信者である私から言わせてもらうと「違う」ってなるんです。少なくとも、これまでの第2次岡ちゃん日本代表に関して言えば、そうかなと。

■マラドーナ監督には、自らの考えを変えるだけの柔軟性がある?

耳を傾けていたマラドーナはメッシの言葉を書き留めると、この決定を尊重すると約束した。意外に思えるかもしれないが、彼には知識不足を受け入れ、母国の最高選手に適したポジションを与えるために、自らの考えを変えるだけの柔軟性がある。1982年の地元開催のW杯、18歳だったマラドーナは当時の代表監督セサル・ルイス・メノッティから招集されず、優勝カップを掲げるチャンスを逃したが、この時の苦い経験が記憶に残っているのかもしれない。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/10southafrica/text/201004140011-spnavi_2.html

で、上のジーコ日本代表論を踏まえてこちらのコラムを読むと、非常に興味深い。つまりこれって、アルゼンチンの英雄が、欧州最前線のサッカースタイルを取り入れることを厭わないってことなんでしょう。まぁ、もともとマラドーナはモウリーニョ万歳とか公言しているし、あまり「アルゼンチン代表のアルゼンチン化」には興味ないようにも見えるけど、どうなんですかね。って逆に、単純に「世界の最先端のサッカーを取り入れたいけど、その取り入れ方がわからない」だけだったりして(笑)。何にせよメッシの意見を取り入れるってのは悪いことではないと思いますよ。というか、いっそのことグラウディオラかモウリーニョをW杯期間中に特別コーチとして招聘するとかもありだと思うけど、さすがにそれはできないか。そういえばジーコ日本代表でもあったね「ジーコ中田英寿会談」。いったい、あのとき何を話していたんだろう。
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

追記■今回の日本代表チームは、個人で守って組織で攻めている?

サッカーの岡田日本代表チームが、どうしてそのように守らないのか、素人ながら僕は不思議に思う。サッカーは組織で守って個人で攻めるスポーツだと僕は思っている。しかしながら今回の日本代表チームは、個人で守って組織で攻めているようだ。http://dancex2.cocolog-nifty.com/weblog/2010/04/post-0a74.html

こちらは、なかなか鋭い意見であると思います。私もサッカーの本質は「組織で守って個人で攻めるスポーツ」であるとは思います。もちろん攻撃にも組織的コンビネーションは必要だと思うし、守備にも個の力は必要であるとは思うけど。

追記■「twitterについて」について

フォロー数の多さはどうしても知名度を反映してしまう。ウェブサイト黎明期やブログ草創期のように、「無名の人間がある日とつぜん面白いことを始めて、それがどんどん膨れ上がっていく」というエキサイティングな感じは、私にはあまりしません。http://funuke01.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/twitter-8c13.html

twitterやってないけど、その考え、なんか分る気がする。でも、きっと「ウェブサイト黎明期やブログ草創期」とは違うものなんだろうね。ちなみに私は今のところtwitterは手を出せない感じ。
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スパーズはケガ人だらけなんでローズ→ベントリーぐらいで後は同じメンバーでしょう。レノン、クラニチャル、コルルカに復帰の可能性はあるそうですが。
チャッピー
2010/04/16 02:38
>チャッピーさんへ
コメントありがとうございます。パラシオスは単なる出場停止だったんでしたっけ? 単なるって表現は失礼か。レノン復帰ならベントリーはベンチですかね。
あとベイルとアスエコトのどちらでくるのかとか興味あります。では。
doroguba
2010/04/16 22:13
プレミア「スパーズ対アーセナル」超雑感&ジーコ日本代表と岡ちゃん日本代表は同じか? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる