doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 武藤氏の「(書評)世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術的ミス」を読んで

<<   作成日時 : 2010/04/25 18:47   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

■「岡田ジャパン」ではなく「日本サッカー界」への提言?

そう言う意味では、本書の主題は、書名の「岡田ジャパン」ではなく「日本サッカー界」への提言と捉えるべきであろう。そう言う意味では、切り口を南アフリカにとどめるのではなく、今後の日本サッカーと言うところに持って行って欲しかった。http://hsyf610muto.seesaa.net/article/147421103.html

みなさんご存知の「武藤文雄のサッカー講釈」さまからの引用ですが、個人的には上記のように、岡ちゃん日本代表の問題点を「監督の戦術のせい」でなく「日本代表選手の下地のせい」にするのは反対だったりします。確かにその本には「日本の選手たちのユース時代からの下地(byウリビエリ)の問題かもしれない」と問題提起されてはおりますが、それは武藤氏のエントリー内の引用部分を読んでもお分かりの通り、あくまで「初歩的なミスを見る限り、そう考えざるを得ない」というウリビエリ氏の推測であるわけでして。個人的には、その部分を都合よく読んで『「岡田ジャパン」ではなく「日本サッカー界」への提言』というふうに問題を摺りかえてしまうことは正しくない気がするんです。

■F・マリノスと代表では守備のやり方が違った

たとえば例のセルビア戦について考えてみます。CBの栗原選手は、試合後このようなコメントを残しておりました。

「いろいろあるけど、やられちゃったという感じ。ラインのところでちょっとチームと代表のやり方で合ってなかったし、一番危ないところについていけばよかったが、それができなくてやられた。個人的にはもうちょっとやれたというか、ちょっと悔しい。(中略)もっとコミュニケーションを取ってやっていれば問題なかったかもしれない。やられてからでは遅いし、その辺は反省したい。(中略)(試合後に中澤と話した?)ちょっとチームと違うと話したが、ここはF・マリノスじゃないし、代表のやり方に合わせないと。ある意味、ぶっつけ本番のようなところはあったから難しかった。相手も結構強かったので、そういう意味では試しながらやる相手ではなかった」
http://www.jsgoal.jp/news/_prog/view.php?press_code=00099338&search%5Bkeyword%5D=%8CI%8C%B4

かいつまんで言うと、「F・マリノスと代表では守備のやり方が違った」こと、さらに「コミュニケーション不足」「ぶっつけ本番」が問題だったという趣旨のことを言っております。で、私はこれを全部「選手たちのユース時代からの下地の問題」として片付けるのはちょっと違う気がするんです。それを承知してなかった監督の問題というか、または、それを承知の上で修正しないでそのまんま試合で使った監督の問題が多分にあると言いたいんです。

■監督の問題が多分にある

そもそも、現日本代表の監督はウリビエリ氏の言うところの「初歩的なミス=ユース時代からの下地の問題」こそが諸悪の原因と考えているのでしょうか? もっと言えば、そもそも現日本代表監督はウリビエリ氏が指摘するところの「基本」とやらを軸にしたサッカーを、日本代表で採用しようとしているのかというのが甚だ疑問であると指摘したいんです。

■普遍が問題というより、特殊が問題?

たとえば現イングランド代表監督のカペッロは「選手たちがみんな知っているから4−4−2を採用」となんかの雑誌で言っていました。たとえば元日本代表監督であったジーコ氏は、代表監督時代に「Jリーグでは3バックのが主流みたいだから、国内組の時はそれにする」的な趣旨の発言をしていたと記憶しています。現日本代表監督のスタンスもそれと同じなんでしょうか? 「4−4−2はみんな知っているだろ。だからそんなみんなが知っているサッカーを代表でもやろう」というコンセプトなんでしょうか、または「Jリーグの主流のコンセプトを日本代表でもまんまやる」というコンセプトなんでしょうか? 私は、現日本代表監督のコンセプトはそうではないと思ってますし、だからこそ批判してきました。みんなの共通認識があるサッカーを採用するのではなく、特殊なことを日本代表に採用しようとし、さらに、その特殊なことが「無謀」のように思えたから批判してきました。今も同様です。確かに「選手たちのユース時代からの下地の問題」もあるのかもしれないけど、そもそも「それを放棄」したサッカーをやろうとしてる現監督のコンセプトこそが問題だと言いたいんです。

もっとも、別にウリビエリ氏が言う「基本」通りにやるのがすべてではないとも思っています。オリジナルサッカーだって、それで機能するなら結構です。それで勝てるなら、それで結構なんです。ただ、その現日本代表の特殊性を持って「選手たちのユース時代からの下地の問題」とされたり、「クラブと代表で守備のやり方が違うつけを、選手のせいだけにする」のは違うではないでしょうか? そんな感じです。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

【関連エントリー】
岡田監督のインタビューから見えてきた「サッカーの日本化」、「オシムとの違い」(ネガティブ編)
サッカー岡田日本代表と早稲田が勝てなかった最大の理由 または北島と未来泥棒の関係
恒例の岡ちゃん新春インタビューを読んで! 
Re.日本代表の昨今から思うところ 「摺り合せ」「造り込み」「熟成」 またはミラクルガイ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[サッカー]2010/04/25 サッカー〜セレッソ大阪は楢崎と玉田に敗れる
終了間際に…C大阪、今季最高の内容も敗戦 - サッカー - SANSPO.COM 名古屋・楢崎、好セーブで勝利呼び込む - サッカー - SANSPO.COM J’s GOAL | J’sGOALニュース | 【J1:第8節 C大阪 vs 名古屋】試合終了後の各選手コメント J’s GOAL | J’sGOALニュース | 【J1:第8節 ...続きを見る
昨日の風はどんなのだっけ?
2010/04/27 22:00
武藤氏の「(書評)世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術的ミス」を読んで doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる