doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国戦と岡田武史の責任 【キリタニ】を読んで

<<   作成日時 : 2010/05/26 23:56   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

なぜすべての選手が、長谷部誠や長友佑都のように身体を張って、魂を込めて、戦えていないのだろうか?森本貴幸や大久保嘉人のように、負けてもケンカ腰で、立ち向かっていけないのだろうか?(中略)

この方式であれば、選手も監督も誰も傷つかなくて済むだろうし、レプリカユニフォームの販促にも好都合だろう。が、本当にこれで良かったのだろうか?少なくともこの試合を見る限り、その必死さ、懸命さの部分で、両国の選手の間に、大きな格差が見受けられたことは確かである。選抜方式を含めた、サッカーに対する甘さ、勝負に対する甘さ……。それこそが、韓国と日本の、この大きな格差を産む、見過ごしのできないひとつの重要な要素なのではないかと、僕自身は思っている。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kiritanishin/article/327

言いたいことは非常にわかるけど、個人的にはこの手の根性論は危険で間違った思想であると思っている。「長谷部誠や長友佑都のように身体を張って、魂を込めて、戦えていない」って言うけど、これってフランスワールドカップの時の「城がヘラヘラ笑って、ガムを噛んでいるのがけしからん」と同じ理屈じゃないだろうか? 大切なのは、我々に必死さをアピールすることではなく、ピッチでサッカーをすることです。そこをきちんと見てあげましょう。で、もしピッチでうまくサッカーができてないのだとしたら、それが何故なのかをもっと多角的に考えましょう。すべての選手がケンカできるわけではないし、岡ちゃんもそういう基準で選手を選んでいるわけではないハズです。イングランドの某チームみたいない、スタジアムのある場所は高級住宅地だけど、選手たちはお下品でケンカ好きがいっぱいという「戦う&ケンカ的なところがスタイル」というチームなら、そういう罵倒してもいい気もするけど、日本代表は果たしてそういうカラーのチームなんでしょうか? まぁトゥーリオとかいるし、もしかしたらそういうチームなのかもしれないけど、あまりの「必死さ、懸命さ万歳」論は、岡ちゃんの「戸塚ヨットスク-ル万歳&ライオンと戦うべき」と同じだと思うんだ。もちろん、サッカーにはフィジカルが大切だとは思うし、そのことを言っているというのならその通りだと思いますよ。ただ、「城がガムかんでいたのは何故か」なんてことを考えるのは、もう卒業しましょう。それだけです。

人気ブログランキングへ
↑読んでおもしろかった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして

同感!こういうご意見、初めて拝見しました♪
根性論、精神論はもういいかと...。成長できない気がします。
もちろん闘志は必要とは思いますが、冷静に「サッカー」して勝ってほしいです

2010/05/27 01:21
キリタニ氏は周到にも「見過ごしのできないひとつの重要な要素」といっています。戦術論を踏まえた上での意見だと思いますが… たしかに根性論は警戒すべきですが、城ガム云々は別のこと、飛躍すぎでしょう。

2010/05/27 09:25
>桃さんへ
コメントありがとうございました。こういう考えがあっているかわかりませんが、何となく思ったことを書いてみました。これからもよろしくです。
doroguba
2010/05/29 00:39
>猫さんへ
コメントありがとうございます。飛躍し過ぎですかね? まぁ、そう思われても結構ですよ。では〜。
doroguba
2010/05/29 00:43
doroguba さん、
返信ありがとうございます、嬉しかったです。勇気を出して書き込んでよかった
いろいろお聞きしたいこともあるのですが...また機会があればコメントさせてください。

んと、前の私のコメントの補足?なのですが、
今の岡田ジャパン(特に岡ちゃん)に対して「メンタルの面がなってない」とか「せめてやる気を見せてちょーだい!」という気持ちはすごくよく分かります。ただ、技術的に問題のあるメンバーがヤル気だけでエクスキューズされる、という方向は個人的にイヤだなぁ...もしくは「ヤル気がないから勝てない」論調はちょっと...避けたいところ
という感じです。
引用元のブログがそういう論調ではないことは理解しているつもりでーす。

度々失礼しました〜。お忙しいと思いますのでお返事は結構です♪

2010/05/29 01:49
韓国戦と岡田武史の責任 【キリタニ】を読んで doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる