doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミア「シティ対スパーズ」超雑感 サッカーの神様ありがとう!

<<   作成日時 : 2010/05/06 23:52   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

■差は何?

スパーズとマンチェスター・シティの差は何だったんでしょう。

単純に、最後の大一番の直接対決に「シティはGKシェイギブンを欠いた」けど「スパーズはGKゴメスが使えた」差だったんでしょうか? 確かに、それもあったのかもしれないし、それが一番大きかったのかもしれません。けど、ここはやっぱマンチーニ監督とレドナップ監督の差が勝敗を分けたと考える方が適切な気がするんです。それも監督としての采配の差というよりもディレクター的な差。ディレクター的な才能の差というよりも、それが使える立場であったかの差が、CL出場権という大切なキップの獲得を左右した気がするわけです。

■元ポンペイ

ご存知のようにレドナップはスパーズに来る前はポーツマスで指揮していたわけですが、そのポンペイから何選手かを引き抜いてきました。クラウチ、デフォー、クラニツァル、カブール。で、そのうち3人がこの大一番に出場。さらに、これは本当に偶然だったんでしょうが、その元ポンペイ衆3人の内の2人であるカブールとクラウチが、なんと決勝ゴールを演出しちゃたわけです。ほんと偶然なんでしょうけど、恐ろしいくらいの現実。さて、これをどう考えましょうか。もちろん今のスパーズには元ポンペイとは関係なくすばらしい選手はたくさんいますし、そんな元ポンペイ以外の選手のほうがメインメンバーだと思いますよ。モドリッチ、ハドルストーン、ドーソン、キング。彼らはすばらしい選手ですし、今のスパーズを象徴する選手なんでしょう。それはその通りだと思いますが、現実問題としてレドナップは元所属していたポンペイから自分の欲しい選手を何人か引っ張ってきて、今のチームに肉付け“できた”わけですよ。で、その肉付けできたことが非常に大きかった気がするんです。

■四面楚歌

一方のマンチーニ。ご存知のように最初から四面楚歌でした。確かに古巣インテルからビエラは取りましたよ。取りましたが、果たしてビエラがマンチーニが本当に欲しかった選手だったか? ビエラこそが自分の理想のチームに肉付けするための選手だったのかと考えると、それは怪しいかなって気がしていたりするんです。わかりませんが、現に、この大一番ではベンチスタートでしたし。インテルがバルサを破った時は「さすが俺のチーム」的な発言していたし(笑)。まぁそういうことなのかなと。で、今のシティの主力がマンチーニをどう思っていたのか? たとえばテベス。彼がマンチーニに何って言っていたかご存知? 「馬鹿ヤロー。2部練習なんてさせんじゃねぇ。この外様が(意訳)」ですよ。まぁそれはマスコミの作り話かもしれないけど、デマだとしてもマンチーニとシティの主力たちの「友好な関係を連想させる作り話」がこれっぽっちも出てこなかったように感じたのは、果たして私が見逃していただけだったんでしょうか。

まぁ、もちろんマンチーニイズムなんて関係ないといえばその通りだと思うし、今のシティには他所から掻っ攫ってきた「すばらしい選手」がたくさんいるとは思います。テベス、アデバイオール、ベラミー、SWP、トゥレ、バリー他、その他盛りだくさん。確かにすばらしい選手たちですし、彼らさえいればそれなり強いチームはできるんでしょう。けど、今回の敗戦は、それだけじゃダメだという、神様のメッセージであったと思いたいんです。まぁ、それは今年だけに限ったメッセージなのかもしれないけど、たとえそうであっても個人的にはそんなメッセージがあっただけで大満足。サッカーの神様も捨てたものじゃないと思えたのはうれしかった。

しかし、チェルシーは何で今期シティにダブル食らってしまったんだろう。この試合を見て、改めてその時の怒りが沸々とわいてきちゃったんですが、そこがマジで残念でならない。是が非でも来シーズンはそんな失態しないように気をつけていただきたい。神様お願いしますよ。ってアンチェロッティでなく、神に苦言かよ(笑)。以上、サッカーとあまり関係ない話でした。

■ボーダライン!

「あとは最後の決断をするだけ」と語った岡田監督だが、「選手の人生がかかっている。こっちも真剣に向かい合わないと」とボーダーライン上の選手のより分けに頭を悩ませている様子。8日にJ1浦和・横浜マ(埼玉ス)を視察する予定を組むなど、直前まで現場での見極めを続ける。
http://news.livedoor.com/article/detail/4755090/

「最後の決断」って何をさしているのかわからんけど、浦和と横浜にそういう選手がいるのか? 嘘だろ? ただ単に試合をエンジョイしに行くだけだろ。まぁ何にせよ今の岡ちゃんの立場がレドナップとマンチーニのどちらに近いかを考えることに、あまり意味は無いのは確かだろう。なぜなら、今の岡ちゃんはそういうレベルの次元ではないと思うから(笑)。って、ふざけないで選考のこと言うと、岡ちゃん日本代表のメンバー選定で注目すべきは、次の3点であると思うんでここに記しておきます。
1:今こそ、フランス時のカズ外しのアンサーを!
2:お前は「敗因と…」は読んだか? 備忘録は? 
3:お前はしょたこんベンゲルのこと、どう思っている?
4:トルシエは中村俊輔を外して、ジーコはその敵討ちをしたで、今回はそのまた敵討ちするのか?
5:今回ワールドカップ期間中にハワイ行く奴は誰だ?

では〜!

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

Madonna - Borderline

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
チェルシーとシティに何か違いってあるんですか?やってる事は同じだと思うんですが。
コリー
2010/05/07 01:21
「控えにムードメーカーが必要」ってことらしいから、ここは「行くのはカズ、三浦カズ!」とやってほしい。
 そうすりゃ、一気に盛り上がるでしょ。
 3連敗確定なんだから、それぐらいしたっていいと思うけど。前は初出場だったけど、もう3回目なんだから遊んだっていいと思うけどなぁ。
蹴球
2010/05/07 07:35
コリーさんへ
コメントありがとうございます。違いはあると思えばあるし、無いと思えばないかな。ではレアルマドリーとチェルシーの違いは? インテルとチェルシーの違いは?
>蹴球さんへ
コメントありがとうございます。私はカズは止めたほうがいいいと思うし、望むはフランスの「カズ外し」という行為からの進歩だったりします。それだけです。
doroguba
2010/05/08 04:39
インテルとマドリーに興味が無いのでよくわかりません。
要するに大金を使うだけじゃ神様は微笑まない、という事ですね?
テリーのPK失敗やイニエスタのロスタイム弾がまさに物語ってますね。最終節が心配だ。
コリー
2010/05/08 18:01
 コリーさんタイプよくいるわ(笑)
うける
2010/05/08 19:11
>要するに大金を使うだけじゃ神様は微笑まない、という事ですね?

審判に大金積めば神様は嫌と言うほど微笑んでくれるよ(^^)
バルサェ・・・
2010/05/09 00:18
プレミア「シティ対スパーズ」超雑感 サッカーの神様ありがとう! doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる