doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 「セルビア発、日本サッカー強化論」を読んで&マラドーナやっちまった&イングランド予想?

<<   作成日時 : 2010/05/12 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

■マラドーナはインテルの中盤がお嫌い

指揮官はインテルの中心選手であるDFハビエル・サネッティとMFエステバン・カンビアッソの2人を除外。これまでの人選からある程度予想されていたこととはいえ、サプライズは起きなかった。
http://news.livedoor.com/article/detail/4765226/

いろいろ事情があるんだろうけど、今のサネッティとカンビアッソを選ばないとはやっぱ信じられないなぁ。ベロンとかグティエレスとか選んでいるけど、果たしてどうなんだろう。個人的には、ラベッシが選ばれていないのが残念でなりませんが、その分アグエロたんにがんばってもらいたいところ。何にせよ、個人的には「うーん、マラドーナやっちまったなぁ」という感じです。

■イングランド代表の23人を予想?

すでに代表から引退していた同選手だが、今回はファビオ・カペッロ監督の要請に応じ、南アフリカに行く準備を整えているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』に対し、キャラガーが代表復帰の理由を明かしている。

「FAから数週間前に打診があったんだ。それから、僕は応じる準備があることを伝えたよ」

「W杯やチャンピオンズリーグ(CL)は、サッカーで最もハイレベルな大会だ。自分が若くなることはできない。次のシーズンはCLでプレーできないし、ファビオ・カペッロの下で頑張りたいと思っているよ」http://news.livedoor.com/article/detail/4764035/

最終的に残るのかはわからないけど、カペッロ監督がこのタイミングでのキャラガーを選出したのはおもしろいなぁ。何でもカペッロはスコールズにも復帰要請を出していたみたいだけど、やっぱベッカムの怪我での離脱を考慮して「ベテランの経験」を求めたのか。というわけでイングランド代表。アダム・ジョンソンが選ばれていますが、その代わりにアシュリー・ヤング&アグボンラホールのビラの両翼が落選。まぁレノン、SWP、ウォルコット、アダム・ジョンソンとウイングタイプが4人もいるんで、全体のバランスを考えて外したんだと思うけど、個人的にはシティの両翼(SWP&ジョンソン)と比べたらビラの2人のが好きなんだけどね。FWではカールトン・コール&ザモラが外れたのがサプライズかな。まぁヘスキー&クラウチがいるから用なしなんでしょうけど、ダレン・ベント選ぶくらいならその2人のどちらかにチャンスを与えて欲しかったなぁと。って、どの道23人には残らないんだろうけど。ちなみに現状、当落線上にいるのはベインズ、ウォーノック、キャラガー、アップソン、バリー、パーカー、ハドルストン、アダム・ジョンソン、ダレン・ベント、ジョー・コールあたりか。ジョー・コールは残るかな? 微妙だ。何にせよレギュラー格の12〜15人はもう決まっていて、そこはある程度磐石ということですよ。当たり前ですが。

■「セルビア発、日本サッカー強化論」を読んで

一番大きな違いは、日本の中学や高校は3学年で1つのチームしかないこと。部活のチームのことです。これがクラブチームで、ジュニアの年代だったら、1学年で1つのチームを作る。だからジュニアだったら、小学6年生のチームが一番良いサッカーをしていると思うんです。同い年のメンバーで長く一緒にやっているから、チームメートがどんなプレーをするか、みんなが知っている。でも、彼らが中学校に上がれば、部活だろうがクラブチームだろうが、いったんリセット。そして3年生が主体のチームになり、1年生と2年生は出場機会を奪われてしまう。サッカーを学ぶ上で、一番大切な公式戦に出られないんですよ、最も成長する時期なのに。日本の子供たちは、そこで一度ダウンするわけです。年功序列の文化がそこに出ている。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/management/text/201004110012-spnavi.html

ゼムノビッチ氏のインタビューからですが、ここで氏が指摘する「年功序列の文化」という観点はおもしろい。確かに、これまでの日本人的な感覚だと「1年生と2年生は出場機会を奪われてしまう」って考え方はあまりない気がするんですよ。1年、2年は下働きして当たり前的な感覚のが主流とでも言いますか。誰だったか、浦和の流通経済大の選手が大学1年で審判派遣されていたことを美徳的に賞賛されてましたが、そういう丁稚奉公というか年功序列がもたらすやり方が美しいとされ、それを弊害と考える意見が少ないんですよね。まぁ、もちろん年功序列のすばらしいところもあるんでしょうけど、世界と比較した場合はたしてそれは本当に正しいことなのかは一度考えてみるべきだとは思うんですけどね。日本の社会構造的に変えるのは難しいとは思うけど。で、それを踏まえて下のコラム。

5月10日に発表されたW杯南アフリカ大会のメンバーは、4つの五輪世代で構成されている。http://wsp.sponichi.co.jp/column/archives/2010/05/post_1576.html

上の年功序列とは違うのかもしれないけど、個人的にはこの五輪世代でのカテゴライズもあまり意味がない気がするんだよね。まぁ、このカテゴライズ分けでは「1年生と2年生は出場機会を奪われてしまう」的な発想はあまりないのかもしれないけど、五輪と五輪の谷間の世代はやっぱ損している気もするし。もちろん現実的に五輪代表はあるし、そのチームで区分けするのはわかりやすいとは思うんだけどね。

日本はみんな同じトレーニングをして、同じことを考え、同じようなプレーをしています。だからベース部分はできているんですが、そこからのベースアップがない。だいたい高校生年代になると、ポジションが決まってくる。そこでスペシャリストを作らないと、各ポジションで必要な能力を育てないとダメなんです。FWとDFが同じようにシュート練習するのではなく、それぞれのポジションに合った技術を上げるべきでしょうね。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/management/text/201004110012-spnavi_2.html

こちらも興味深い意見です。確かに、日本は一億総中流意識な国な気もするし、そういうスペシャリスト作りは苦手というかあまり興味はないところはあるのかもしれないなぁ。ほら、サッカー関連のブロガーでも「トータルフットボールフェチ」が多い気もするし(笑)、何となく日本人にはそういう体質なところがある気がするんですよ。と、ここで日本人論とか大風呂敷掲げても意味がないのかもしれないけど。
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ラベッシは30人の中に入ってますよ
mou
2010/05/13 23:11
>mouさんへ
コメントありがとうございます。失礼しました。確かにその通りでした。何で見逃したんだろ。
doroguba
2010/05/16 18:16
「セルビア発、日本サッカー強化論」を読んで&マラドーナやっちまった&イングランド予想? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる