doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS 親善試合「コートジボアール代表対日本代表」超雑感  これぞまさに「世界を驚かすサッカー」?

<<   作成日時 : 2010/06/06 03:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

遅れましたが、簡単に雑感を。まずはこちらから。

■ドログバ

 4日の日本戦で前半に負傷退場したコートジボワールのディディエ・ドログバ。病院での診断直後には、レキップ紙にW杯出場を断念する意向を語っていたが、その後医師や協会と話し合った結果、登録取り消しはせず、あくまで出場をめざす考えを明らかにした。レキップ紙が報じた。
 同紙によると、ドログバは直ちに骨折した尺骨の手術を受ける決意をした。10日後には患部を固定してプレーできる状態になりそうだという。この見通しが確かならば、15日のグループリーグ初戦、ポルトガル戦にはギリギリで間に合うことになる。
http://news.livedoor.com/article/detail/4809719/

ドログバ「10日後には患部を固定してプレーできる」って本当? アフリカでのワールドカップですし、問題ないなら出てもらいたいけど、来期に支障があるようなら無理してほしくはないというのが正直なところ。うーん、本当に大丈夫なのかなぁ? 何にせよ、このドログバの怪我でコートジボアールのグループリーグ突破が厳しくなったのは確かだなぁ。ぶっちゃけコートジボアールは死の組なんでドログバ抜きでグループリーグ突破狙うのは至難の業だと思うし、仮にドログバが間に合ったとしても負傷明けでベストな状態なのかは微妙なところでしょう。はたしてポルトガル相手に、どれくらいの勝負ができるのか? まぁ、この日本戦で魅せたように、ある程度守備が機能すればそれなりの戦いはできるんだろうし、カルー&ディンダンのスピードを生かした戦いに徹すれば勝機もあるのかもしれないけど。やっぱドログバがいるのといないのとじゃ大違いだよなぁ。個人的にはコートジボアールに期待しているんで、ぜひドログバの超人的な回復に期待したいところですね。

■コートジボアール

というわけで、まずはコートジボアール代表について。まずまずの出来だったんではないですかね。もともと、そんなに組織的なプレイするチームではないと思っているんですが、エリクソン監督の手腕かわからないけど、それなりに守備組織が整備されていたように感じられたのは高評価。個人的には引いたプレスからカウンターってスタイルは、コートジボアールにぴったりだとは思うんで、期待したいなぁと。そもそもアフリカのチームで組織的な攻撃できるのってエジプトかチュニジアくらいなものだと思っているんで、コ−トジボアールにそれ期待するのは間違いだと思うんですよ。攻撃は個の力、守備は組織でって感じで割り切って戦うくらいでOKなんじゃないですかね。攻撃はカルー、ディンダンのスピードと、サイドにいるアーセナルのエブエの突破力頼みで、後の選手は基本守備でがんばろうみたいな感じで。ブラジルとのカウンター合戦は分が悪いかもしれないけど、もしかしたらポルトガルにはそれなりの戦いができるかもしれない。まぁクリスチャーノ・ロナウドを抑えれるかってところがポイントになるんでしょうけど、そのあたりを踏まえた「エリクソン采配対ケイロス采配」に注目。はたしてケイロスがどこでロナウドを起用するかは非常に興味あるなぁ。

■世界が驚いた?

続いて岡ちゃんに日本代表についてですが、まずはこちらから。

1次リーグ同組のポルトガルのスポーツ紙「レコルド」をはじめ、ブラジルは「グローボ」、フランス「レキップ」の電子版はトップページでドログバの骨折を伝えた。また、ロイター通信では闘莉王について「ヘビーチャレンジ(激しいチャレンジ)」と打電。だが、AP通信ではエリクソン監督のコメントで闘莉王のタックルによるものか、着地によるものかはわからないとした。
http://news.livedoor.com/article/detail/4809898/

「トップページでドログバの骨折を伝えた」って、なるほど。これぞまさに「世界を驚かすサッカー」というやつですか(笑)。ある意味、有言実行した岡ちゃんはすごい(笑)。この調子でカメルーン戦も驚かせてちょうだい。「エトーも日本戦で怪我」って感じで。というのは冗談ですが、まぁそれ以外に「驚かすようなこと」がなかったのは確かかなぁと。この試合も引いたプレスでしたが、これってやはり「ハエ止めた」ってことなんでしょうか。それはそれで支持しますが、先に失点してしまったら策なしって感じなところは、相変わらずというか。要は「90分のトータルでの戦い方」の展望がないのが致命的なんだよなぁ。オウンゴールによる失点は事故なのかもしれないけど、それだけでなく選手たちがどこか「疑心暗鬼」でプレイしているから、そういう事故が起こっている気がするんですよ。

■変わったけど、変わらない?

(戦い方を変えたことは)確かに僕らはシステムを変えたりしてやっているけど、今までやってきたことは基本変わらない。その延長で形が変わっただけ。今までやっていた前からボールを追うことができていないんじゃないかと思うから、もう1回自分たちのいい時のサッカーを思い出さないと。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20100605-00000007-spnavi-socc.html

長谷部選手のコメントからですが、「システムを変えたこと」と「いい時のサッカーを思い出さないとという気持ち」が同列で語られていることに、ちょっと違和感を感じるんです。今までやってきたのと基本変わらないって言っているけど、はたして本当にそうなんでしょうか。私から言わせてもらえば「ハエ」から「引いたプレス」への転換は、非常に大きな戦術変更だと思うんで、「基本変わらない」って感覚には違和感があるんです。岡ちゃんがよく言う「日本オリジナル」は、今のスタイルからは感じられないし、どちらかというと世界のオーソドックスな戦術の猿真似に近いと思うんでよ。あくまで猿真似ね。で、猿真似に変わったのに、「今までやっていた前からボールを追う」とかを同時に求めるのは、お門違いだと思うんですよ。つまり「前からプレス」でやるなら、それ相応のコンセンサスが必要であると思うわけで、「やってきたことは基本変わらない」くらいの意思統一じゃ難しいと思うんです。というか、選手は混乱しているのでは? 少なくとも、先に失点して「攻めるしかない」状況に追い込まれた時は、「いい時のサッカーを思い出」を胸に「いい時のサッカーとは180度違うサッカー」を指揮官にわけわからなく強いられているみたいな感じとでも言いますか。

■イメージできない?

「1タッチ2タッチでさばけると、相手とコンタクトしなくて済む。そう思ってやったけど、イメージより引かれていて難しかった。もっと複数の人間と(イメージを)共有しないといけない。自分がボールを受けるだけじゃなくて、2列目から前を突いて出たりとか、そういう動きも必要だと思う」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20100605-00000001-spnavi-socc.html

「イメージより引かれていて難しかった」って、考え方が甘すぎませんか。これくらい引かれることくらい想定して対策立てましょうよ。もちろん現実的に引かれた相手からゴール奪うのは難しいとは思うけど、そもそも「イメージしてなかった」というコメントはやば過ぎ。少なくともイメージくらいはしておいてほしいね。イメージくらいは。チームとして。

■逆サイド

球際とか1対1の勝負は避けられない。そこでどれだけ体を張ってやれるか。1人でいけないなら2人で囲むとか、そういうのを続けていくしかない。確かに1対1の勝負が多かった。両サイドがもっと中に絞って逆サイドを狙うとか修正する部分はある。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20100605-00000008-spnavi-socc.html

「逆サイドを狙うとか修正する部分はある」って言うけど、正直、この逆サイドって今ごろ修正するようなことなんでしょうか? 前々から指摘されていたことだと思うし、そもそもそれを突っぱねて「狭いところ」にこだわり続けた結果が今なんではないですか? まぁ、あえて「今」修正しているのかもしれないけど、それが「付け焼刃」なものなのか、最初から計算されて「今修正」しているのかは気になるところです。

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>>両サイドがもっと中に絞って逆サイドを狙う

 攻撃の時は絞っちゃったら、逆にダメだと思うんですけどねぇw。
 守備の時は基本、サイドにボールがある時はスライドして逆サイドが中に絞ってくるのがセオリー。でも攻撃側が同じように絞ってちゃ、逆サイドに飛ばす意味がないわけで。
 守備の時はサイドがスライドして中に絞る動きが全くできないは、攻撃の時は絞ってくるはじゃ、サッカーのセオリーから言えば、まったく逆なんだけど。
蹴球
2010/06/06 10:47
オシムを散々叩いた後に脳梗塞。今野を散々叩いた後に怪我。どういう気分ですか?満足?
あああ
2010/06/06 10:51
お笑いが続いていますが、コートジボワールが決勝レベルとか考えづらいように見えたんですが、どうなんでしょうね? ドログバには鶴を……親善試合だっての。
まあ、ホンダと俊輔を交代させたら、最後まで何したいかわからない代表だったということで、完!! で、もういいよ、という気分に……
RR
2010/06/07 22:15
>蹴球さんへ
コメントありがとうです。確かにサイドの使い方はいろいろ言いたいことはあるけど、それが確信的に行われているものなのか、それとも考えてないだけなのかってところがポイントかなぁと。まぁ岡ちゃん日本代表のすべてにわかっていえるんですがね。「確信的」か「考えてないのか」って視点は。
>RRさんへ
コメントありがとうございます。コートジボワールはポルトガル戦しだいですかね。アフリカでの大会ですし、エリクソンだし。化ける可能性は十分にある気はしてます。
doroguba
2010/06/10 00:01
>変わったけど、変わらない?
これ、もしかして戦術とかシステムじゃなくて気持ちのはなしなのかもしれませんね
岡ちゃんが言ってたサファリパーク云々がそのままこのチームのコンセプトで
サムライスピリットこそ日本オリジナルであり、それを取り戻すのが俺の仕事で
真の日本化だ!みたいな。

そう考えるとオリジナルとかコンセプトとかの話に辻褄が合う…のかなぁ。
ヴォン
2010/06/10 02:24
>ヴォンさんへ
コメントありがとうございます。「サムライスピリット」ですか。確かに「オリジナルとかコンセプトとかの話に辻褄が合う」のかもしれませんね。
doroguba
2010/06/17 04:54
親善試合「コートジボアール代表対日本代表」超雑感  これぞまさに「世界を驚かすサッカー」? doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる