doroguba*footballcolumn*

アクセスカウンタ

zoom RSS ザッケローニ日本代表監督就任と、プレミアリーグ「チェルシー対ストーク」戦雑感

<<   作成日時 : 2010/09/02 22:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

ご無沙汰です。アジアの某ビーチにて夏休みを満喫しておりました。基本、ニュースなど外部の情報はシャットアウトしておりましたが、チェルシーのことはなんとなく気になってしまい(笑)、結局、現地のESPNにてTVで試合観戦。現地でちょうどチェルシー戦がLIVE放送していたんですよ。放送している可能性が高いと思って、夜テレビを付けて探したら、案の定やっていたという感じ。というわけで、以下、簡単に試合の感想を。

■PART1■プレミア第3節「チェルシー対ストーク」雑感

・さすがに3試合連続で大差勝ちはありませんでしたが、安定した勝ちっぷりはすばらしい。まだ開幕から3戦で失点してないのは誇れます。まぁ、対戦相手はどれも強くないというのはありますが。

・ゴールシーン。相手DF裏にスペースを突けるとゴールが生まれやすいと改めて実感。1点目のときはマルダ、2点目のときはアネルカが、それぞれオフサイドトラップを掻い潜って「DF裏」へ抜けることが出来たことがカギでした。基本はボールポゼッションからしっかり攻めて、状況によって相手の隙があれば「裏を狙う」という、いわゆる主導権を握ったサッカーができていたことが勝因でしょう。

・その「主導権を握ったサッカー」とは、要は自分たちが攻撃のときに変な形で相手にインターセプトを許さないサッカー。しっかりとボールをキープし、「低い位置」で致命的なミスをしないことが大切なわけですが、DFラインや中盤でのパス回しで安定感が増しているのは評価できるところかなと。

・つまり、開幕前に懸念していた中盤でのゲームメイク力が、思ったよりも悪くない感じでできるようになったと言えるのかな? ランパードだけでなく、ミケルやエシエンもそれなりにパスを回してゲームメイクできるようになってきて、それがチームの安定感につながっているように感じています。特にミケルはここ数試合はすばらしい出来ですよね。ボールをしっかりとキープできるのはもちろん、無理無謀なプレイをしなくなったように感じられるのはすばらしいなぁと。安定感が出てきたとでも言いますか。守備のときも「下手なファウル」はしなくなったし、何よりポジショニングがいい。

・アンチェロッティと言えば、いわゆる中盤の底にゲームメイカー的な選手を起用する「ピルロシステム」的な戦術が代名詞という感じでしたが、現チェルシーでの「ミケルのアンカー起用」はそれとはちょっと違うわけで。そのあたりのアンチェロッティ監督の「バランス感覚」はさすがだなと感じる次第です。まぁ、これからいろいろローテーションしたりフォーメーションを変える可能性もあると思いますが、現状の「ランパード、エシエン、ミケル」の中盤は、バランスもいいしファーストチョイスなのかなと。

・で、今後その中盤のトリオに割って入る可能性があるのは、後半途中から起用されたラミレスになるんでしょう。この試合は、まだ、顔見せという感じで無難なプレイに終始していた感じのラミレスでしたが、ちょろっとプレイを見た感じだと、いわゆるブラジルの「正統派ボランチ」な選手なんですかね。守備はもちろんしっかりやるし、機を見て攻撃参加もするという「状況に応じたサッカー」ができる選手のように感じたので、けっこう期待してます。チェルシーのブラジル化とまではいかないんでyそうが、いわゆるアンチェロッティが目指すところの「ポゼッションサッカー」をワンランクアップしてくれる存在になるのかもしれません。

・となるとベナユンの存在が微妙なんだよな。まぁトップ下(FW)もできるし、中盤もできるしという、その「ポリバレント」な能力が魅力であり、チェルシーに役立つことは間違いないんだけど、彼が現状でレギュラーを取れるとは思えないんだよな。まぁ誰かが怪我すれば十分にレギュラーになれる実力はあるんだけど、基本はカップ戦要員&スーパーサブ扱いなのかな。で、そう考えると、今期、他のチームへ移籍したジョーコールやバラックも、もし残留していれば今のベナユンと同じような立場だったと思われるわけで。彼らのことを考えれば、今期移籍してよかったのかもしれません。チェルシーの選手層という観点から考えれば残ってほしかった気もするけど、いわゆる11人のファーストチョイスレギュラーから漏れる選手は少し入れ替えたほうが「チームの活力」にはなるのかもしれないなぁと。まぁ、今は怪我人がいないから「うまくチームが回っているように感じる」だけなのかもしれないけど、何にせよ今期のチェルシーは若手や新加入メンバーの融合が必要なのは間違いないと思うわけで。そのあたりのアンチェロッティの手腕には期待したいなと。

■PART2■ザッケローニ

続いて日本代表監督について。ついに決まりましたが、まさかザッケローニとはね。正直、驚きました。この監督就任のニュースも海外のアジアのビーチにてESPNで知ったんですが、最初パッと映像だけ見て「これは! も、もしかしてクライフ? さすが原さん」とすっかり見間違えてしまいまして(笑)。て、よく見りゃ、ザック(笑)。全然クライフじゃないし、そもそもクライフが来るかよ。だって、だって、原さんがまさかイタリア人を連れてくるとは、正直これっぽっちも思ってなかったもん(笑)。スペイン人かバルセロナ関連の人でロマンスグレイのおじいさま=クライフだと夢見ちゃったんですよ。というか、なんでザックにしたんだい、原さん?

ぶっちゃけ、個人的にはあまりザッケローニ監督のサッカースタイルは好みでない。もちろん、岡ちゃんよりは100倍好みではあるし、しっかりとしたサッカー哲学を持っておられる方であるとは思うけど、ただ、そのサッカー哲学がちょっと「古い」感じがするんですよ。まぁ日本代表でどういう戦術を採用するかわからないですし、アンチェロッティのように「選手の資質に合わせた」サッカーをしてくれると信じていますが、例の3バック戦術とかはあまりやってほしくないというのが正直なところ。なんとなくザックの3バックって「守備ではゾーンが破綻して、攻撃では連動性がないサッカー」な感じがしていて、それがもし日本代表で実現されでもしたら、とんでもないことになる気がするから。まぁ、さすがに経験ある監督さんですし大丈夫だと信じていますが、何で原さんがザックをチョイスしたのかは非常に不思議。わからないけど、うーん、たぶん名前で選んだんだろうなぁ。哲学とかスタイルよりも、ネームバリューでのチョイスなんでしょう。それしか考えれません。で、ネームバリューで選ぶとすると、ザッケローニというのは確かに適任な気がする。それなりに世界で有名だけど、欧州ではこのところ結果を残せてなくて、ちょっとハブにされている「元名将(今迷将)」という人選は確かにありです。だって、そういう監督のほうが、間違いなく日本に連れてきやすいと思うし。で、そういう落ち武者的な人選で考えると、思いつくのはクーペルかザック? って、さすがにクーペルはないよな。今何しているのかしらないけど。クーペルは100%ない。

というわけで、何でザッケローニなのかイマイチわかってないんだけど、ただ一つ言える事は「ネームバリュー」というのもサッカーでは大切な要素である気もするんですよね。というか普通に考えて、すごいですよ。本場セリエAから極東のアジアの地に監督を招聘するというのは。これは、もう、マジですごいとしか言えないと思うんです。特に私は今回、日本を離れたアジアの地からこのザッケローニ就任のニュースを知ったわけですが、なんとなく「ワールドワイドなサッカー市場」に日本が入っていると感じましたもん。サッカー日本代表が、アジアを越えた存在に見えたとでも言いますか。日本か韓国かくらいなんじゃないですか、そういうアジアの規格外の国ってのは? まぁ経済で考えれば中国とかもそうなのかもしれないけど、今回のザッケローニ就任のニュースは、間違いなく世界に向けて「いい宣伝」になったと思いますよ。まぁ、その宣伝が必要なのかはわからないけど。

ちなみに、ここまで就任決定が遅れたのは、やっぱ「セリエA開幕」とか「欧州サッカーの市場が閉まる」までザッケローニが「欧州での仕事があれば、そっち」というスタンスだったからなのかな? まとめるとザックは欧州でこのところ失敗し続けていて仕事がなく、この夏も特にクラブチームから声がかからなかったこを踏まえて、最終的に日本をチョイスしたみたいな感じ? まぁ、残り物にはなんとかとか言いますし、それなりに期待しましょう。少なくとも岡ちゃんよりは、ちゃんとサッカーしてくれそうだからいいや。楽しみだ。
人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

ビリー・ジョエルやジャーニーの曲をひたすら聴こう。
そうすれば、気分はいつでもニューヨークだ。
しかも、そのニューヨークは、常に希望があふれ、未来がある。
どちらかと言えば、そういう人生を生きたいものでしょ?
どちらかと言えばさ。
Billy Joel - Just The Way You Are
Journey "Open Arms" live in 1982

人気ブログランキングへ
↑読んで面白かった人はクリック願います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ケガ人続出してますよ。ランプス、JT、イバノ、ブルマに相変わらずのボジングワ。次の試合は守備陣がどんな構成になるか想像つきませんね。
ザッケローニはクラブ監督としては過去の人って感じですけど代表はまた別物ですしどう転ぶかはわかりませんね。
ポリエステル
2010/09/03 00:31
>ポリエステルさんへ
どうもです。テリーも怪我していたんですね。気になりますが、駄目ならエシエンかフェレイラあたりがCBやるんですかね? 
doroguba
2010/09/03 23:11
選手層に不安ありますね。後半戦苦しみそうな気が・・・もうチェルシーは金満クラブじゃなくなりましたね。
cole
2010/09/04 01:31
ザッケローニ日本代表監督就任と、プレミアリーグ「チェルシー対ストーク」戦雑感 doroguba*footballcolumn*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる